2018-07-19

スカートの所作


スカートが風に舞う時
風で広がってしまう時

どうされていますか。



先日このような質問を頂きました。



私はふわっとした裾のスカート
ワンピースが多いのですが

大概、片手で鞄を持つので
片側は気持ち鞄で押さえられています。


このため反対側の手でスカートを押さえたり
少し手繰り寄せたりする事もありますが

舞いやすく広がりやすいスカートを選んだ日は
なるべく腕を振らない意識を
私なりに行っている事に気付きました。




ハイヒールのレッスンでも
しばしば言われる言葉。


腕はアクセサリー


アクセサリーなので
腕は振るものではないのです。





腕をアクセサリーとして
ファッションの一部として捉え

腕を振らずに身体にピタッとつけていると
当然の事ながらスカートも動きが制限されるので
広がり方も小さくなります。


デコルテも開き、肩甲骨が寄り
頭をPUSHする意識も腹筋も入る体勢。

まさに一石二鳥ですね。




それでも風で広がってしまう時は
風向きに合わせて前より後ろよりに
スカートを押さえる手の位置を変えています。


どうしてもの強風や
階段の上り下りの時は

押さえるのではなく手繰り寄せて
掴んでしまう事もありますが

お洋服のドレープが美しくなるよう
指先もエレガントにを心がけています。





質問されて答えを考えているうちに
自分でも気づかなかった
沢山の発見がありました。



私は決して高価なお洋服を
纏っている訳ではありません。


ただ、お洋服がファッションが大好きであり
自分の思う美しい装い、スタイル

私なりの美のルールが
自分の中で確立しているのだと
改めて気づかされました。




例えお洋服を見せるお仕事
自分を魅せるお仕事で無かったとしても

自己満足であったとしても
日々のお洋服を美しく纏う事

自分のファッションスタイルを
自分らしく美しく魅せる工夫・心がけ。



まだ発展途上中であり、小さな事ではありますが
私はその小さな心遣いでHappyになれる。


私の中で大切に大切にしている事に
気付かされた質問を頂きました。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako


大阪 ハイヒール camélia Ayako
女性とはこの二つであるべき。
洗練と素晴らしさ
ココ・シャネル