2017-08-31

ストレッチ 実践編

昨日、コンサルティングレッスンにて
ストレッチの説明 実践編がありました。


と言っても実践編は2回目
1回目は散々な結果。


そしてストレッチの説明は
今回最後の実践編。


私にとってはテストのような気分


色々限界に近く
ハイヒールレッスンで軸もブレ始めていたので

Asami先生から、blogをお休みして
準備しても構いませんよと仰って頂きましたが


ここまで限界に近くなっても
頑張って取り組んできた事なので
そこはどちらも踏ん張りました。



そうは言っても
実態はなかなか着手出来ず

blogも記事ストックはなく
写真の見直しもかけていたので

本当にずっと何かに追われていた状態でした。



ギリギリにポイントメモを作成し
説明する言い回しを考え

ビデオで撮って見てみるも
酷い有り様。



声と言葉と動きが
噛み合わないと詰まってしまい

何だっけ…と
まさかの素に戻ってしまうのです。



これではいけないと更に練習
練習、練習、ひたすら練習でした。



声の哲学をも意識して
説明を覚えるためにも声だけで練習。



いざ本番

やはり目の前にどなたかがいると
また違った雰囲気になり


相手の動きをチェックする
動作のタイミングがなかなかわからず


頭でわかっていても行動レベルになるには
慣れと練習あるのみなのだと感じました。




各ストレッチごとにアドバイスを頂き
注意点を確認。


指摘されて驚いた事は
私の腕を回すスピードが早いという事。


他の方のストレッチの様子を
見た事がないので

自分のスピードなど
考えた事もありませんでしたが


相手の身体の状態に合わせたスピードで
自分も動くこと

これも大切な女神さまたちのお身体を
一瞬でも預かる身としては
とても大切な事だと感じました。



1回目よりは全体的に出来たかと思います。

しかし、まだレッスンを提供出来るような
レベルでは全くなく
また地道に練習して参ります。



そんなこんなで
ホッとしたのも束の間



実は今日、お仕事終了後の移動で
出張が入っていたのですが
すっかり忘れて出勤。


台風も近づいている大雨の中
荷物を取りに帰るという惨劇が
裏で繰り広げられておりました。


このような失態は人生で初めてのこと
おかげさまで今から移動です。


全てを忘れて、それ程までに集中し
全力投球していたこと


我ながら
その情熱に驚きを隠せません。


ただ、現在の本業に支障が出てはいけないので
ほどほど適度に致します。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
夢を実現できるか否かは
途中で諦めるかどうかにかかっています。

必要なのは強い情熱

スティーブ・ジョブズ

2017-08-30

エネルギーを整えること

今月はお仕事が繁忙期であり
組織体制も急に変わり怒涛の1ヶ月でした。


まだ余波は残りますが
やりたい事もしっかり行ない

私の野望へも大きく進んだ
変化と充実の1ヶ月でした。



少し余裕が出来たからか
先日急に思い立って

部屋の気になる箇所を掃除
整理しました。


生活していれば
不要なものは結構溜まっているものです。

実はやろうと思っていた事も
重要度が低いものが溜まっていました。


まだ全てではありませんが
整理した事によって気持ちがスッキリしました。


知らぬ間に纏っていた重たいものが
少し無くなった気がしました。




久しぶりに目に留まったので
纏う香水も変えてみました。


今は廃盤となっている香水(パルファン)
GUERLAINのlDYLLE

本当に廃盤となった事が残念でなりません。


まだ少し残っていますが
あまり置いておいても良くないので
この機会に使い切ってしまおうと思います。


本当に大好きな香りです。


纏ってみて
まだ私の香りだと改めて感じました。


またこれから纏いたい香りだと感じました。

このエネルギーを纏っていたいと感じました。



今の香りはCHANEL No.5 L'EAU

爽やかですが、これからの時期
少し軽い気もしました。



当分はGUERLAINのlDYLLEを纏い

私らしさをチャージしたいなと思います。




またずっとお休み続きだった
ハープのレッスンにも
先日久しぶりに行ってきました。


本当に心洗われる音色と
エネルギーを放つ楽器です。



久しぶりに弾いた弦の響きが何とも心地よく
先生のお手本が本当に素晴らしく


とても素敵な時間とともに
エネルギーをチャージしてきました。





ハイヒールという美しい芸術品も
履いているだけで満足してはいけません。


毎日ただ足を入れるだけではなく
足元から美しいエネルギーを感じ


全身でその感じた美しいエネルギーを表現する。





今月は色々な事があり過ぎて
やらなければならないことに追われ

新しい挑戦に、寝不足と
正直ギブアップ寸前でした。



そんな私も、香りと音楽
整理整頓で少し心の充電が出来ました。


ハイヒールという美しい芸術品に対しては
少し無理強いした1ヶ月で反省ですが

ハイヒールのおかげで乗り越えられた
1ヶ月でした。




エネルギーを整えること



自分の周りを整え
心地よいものに囲まれること



言葉にすると当たり前に感じますが

実際に行い
この状態を保ち続けることは

なかなか容易な事ではありません。



心に余裕がないと
どこかしら煩雑になってしまいます。



これも日常生活の無意識に潜む
美しさを阻害するトラップなのだと感じ

気をつけていこうと思います。


とその前に、どこかで思いっきり
休息を取らなくてはと感じつつ
追われる日々はまだまだ続きそうです。

美は1日にして成らず
頑張ります。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
いつも全身全霊で打ち込む。
これは言うは易くなすは難しだ。
陳建一

2017-08-29

本物のプロフェッショナルのお仕事

私は様々な事に対して
その道のプロフェッショナルに
お願いするようにしています。


Asami 先生も勿論プロフェッショナル



メイクも失敗を覚悟で挑み続ける
で綴りました通り

プロフェッショナルとして活躍中の
Junkoさまにレッスンをお願いしました。


メイクについては私のblogからも
Asami先生による私の変貌ぶり口コミからも
反響があったようです。


Asami先生を介してJunkoさまに
レッスンを希望される方も
いらっしゃるとお伺い致しました。


Junkoさまの多忙さに拍車をかけて
大変恐縮ではありますが


私のコンプレックスから始まった
メイクレッスンによって

更に美しい女神さまが増える事
素直に嬉しい事です。

本当に素晴らしいご縁を頂きました。




先日は下着を新調するため
フィッティングに行って参りました。


私はお肌が弱いのか
痒みが出たり、色素沈着したり
とても悩んでいました。



先日担当して下さったフィッティングの方は
本当の意味でプロフェッショナルでした。


私の悩みが骨格から起こるものだと
サイズを測った瞬間に見抜かれ
教えて下さいました。



私の上半身の骨格は
肩幅が広く逆三角形体型なので
骨格としてフィッテングが難しいのだそう。


今まで幾度となくフィッティングを
お願いしてきましたが
初めて言われました。


説明を伺い
そのご指摘が真実だと理解出来ました。




今まで自分でなぜ気付かなかったのか。
本当に素晴らしいアドバイスを頂きました。


私の目指すプロフェッショナルのお仕事でした。




目の前の女神さまに一生懸命になる。

ただ一生懸命なのではなく
その方に1番合った
的確なアドバイスを提供すること。


ご自身の仕事スタイルを確立し
様々な知識を総動員して
その時間内にまとめ上げること。



私は今回のサービスとアドバイスに
とても感動致しました。


それは本当に悩んでいたことへの
解決の一歩だから。




最後に洋服は
とても綺麗に着こなせる体型だと
褒めて頂きました。


実際は洋服選びも肩幅に合わせると
大きいサイズになってしまうこともあります。

そこは私の専門分野でもあるので
自分で調整したりしています。




様々な分野にプロフェッショナルがいて
そのプロフェッショナルな方々の中から

更なる本物・一流と呼ぶべき
プロフェッショナルと出会う事。

それもまた奇跡に近い出会いだと感じます。



それでも最近
本物のプロフェッショナルの方々の
お仕事に触れる事が増えてきた気がしています。



私が本物のプロフェッショナルだと感じる方々
皆さまに共通していること。


それは仕事への情熱と愛
今より良い仕事をしようとする向上心の高さ。


仕事を通して関わる人たちへの
深い思いやり・愛



私もそのようなプロフェッショナルの中の
本物と呼ばれるべきプロフェッショナルを目指して


現在のお仕事も
「ハイヒールの哲学」も

情熱と向上心
そして愛を持って


目の前の方々の悩み、要望を見抜き
的確にアドバイス出来るようになりたいと
改めて感じます。


camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
仕事には知恵も大事、才能も大事。
しかし、もっと大事なことは些細と思われること、
平凡と思われることも疎かにしない心がけである。
松下幸之助












2017-08-28

ハイヒールの前では皆平等

綺麗な女性
数えきれないほど沢山いらっしゃいます。



美しい女性
沢山いらっしゃいます。



美しいハイヒールを履いた女性
多くいらっしゃいます。



美しいハイヒールで美しく歩く女性
ほとんど見ません。




どんなにお顔がお美しくても
どんなにスタイルが良くても


どんなに美しく着飾っても
どんなに身の周りにお金をかけても


どんなに良家の子女であっても
どんなに素晴らしい肩書きを持っていても



美しいハイヒールを履いて
美しく歩く女性は本当に少ないと感じます。




私自身まだ人の事を言える
レベルではありませんが


未熟な私でもそう感じるほど
現在、美しく歩く女性は少ないと感じます。




そのような中で美しく歩く女性は
目を惹きます。



それはその方が
どのようなお顔、スタイルでも

どのような服装であっても
目で追ってしまう。



その足元が美しいハイヒールならば
本当に素晴らしく


そのような女神さまを
垣間見ることが出来た瞬間

とても幸せな気持ちになるのです。



美しい人はその存在だけで
周りの人を幸せにする。

本当にその通りだと感じます。




海外の方が美しく見えるのは
例えフラットシューズでも

日本人に比べて姿勢が良いため
美しいのかと最近感じるようになりました。




そのような中
美しいハイヒールを履いて
正しく美しく歩く方法を学び


美しいハイヒールに向き合い
美しく履きこなそうと努力する女性は

皆さま本当に美しいです。



レッスンを受けて出会う女神さまたちは
心の在り方も本当に素晴らしく美しいです。




謙虚なあまり、ご自身を卑下される方もいます。
でもそんな事はないと思うのです。



日々自分と向き合っているからこそ

自分の弱い部分、苦手な部分を
よく理解されており


その弱い部分ばかりにフォーカスするからこそ
謙遜される方が多いのだと感じます。



ご自身をよく理解し
より高いレベルの美しさを目指す
結果だと思います。




皆さま身体の状態は様々です。
輝く個性も様々です。


ハイヒールを履きこなす
レベルの差はあるかもしれない。


それは元々持っている素質や
身体の筋肉によってくる。




美しいハイヒールを履いて
自分と向き合い

今以上の美しさに挑戦する心。



ハイヒールの前でその美しい心、魂は
全ての女性を平等に美しくする。



ハイヒールの前で全ての女性は平等です。





最後に、慣れないとは言いながら
blogに使用する写真について

私なりのこだわりを持って
選んで参りましたが


著作権等の規制が厳しい
とのアドバイスを頂き

現在これまでに作成した記事を
全て見直し修正致しました。



制約がある中でイメージに近いものを選ぶこと
それは楽しくも困難を極めており

こだわり集中し過ぎて
私の背中はこの数日で
かなり固まってしまいました。


また違った雰囲気になっておりますので
お時間ありましたら是非過去の記事も
改めて見て頂ければ嬉しく存じます。


camélia Ayako
美しさを最高の高みに引き上げるためにも
女性の靴にはとても高いヒールと
プラットフォームは欠かせないのよ
ヴィヴィアン・ウエストウッド

2017-08-27

あなたの輝く未来のために

私には沢山のやりたい事
夢があります。


ただ私の語る夢は周りの方が聞くと
夢のような夢らしく

バカにされてばかりでした。



ハイヒールを履いて
美しく歩くレッスンを受けるために
Parisに行きたい



まだAsami 先生の
プレタポルテレッスンが始まる前

まだAsami 先生と
コンタクトを取る前

股関節亜脱臼を再発しかけて
歩く事が困難になった時



ハイヒールを履いて
美しく歩くレッスンを受けるためだけに
Parisに行きたい



私の意識はただこれだけに集中していました。


私は大好きなハイヒールを履くことはおろか
歩くことが困難だったのです。


歩くことが困難であっても
大好きなハイヒールが履けなくなる事。

それは私にとっては
女性として死んだも同然。



本当に一時的であっても辛かったのです。
だから、正しい歩き方を学びたかった。

私なりの確固たる意志と理由を持って
Parisに行く夢を見たのです。

単なる夢見る夢子ではないのです。



その想いが根底にあったため
誰が何と言おうが構いませんでした。

勝手に言わせておけば良い。



どのような夢であっても

私の夢を邪魔する権利は
誰にも決してないのです。



途中幾度も阻まれそうな試練がありました。
お休みの関係や急な予定変更。

テロイメージで周りからの反対。


それでも最終的にはParisへ行き

1回ではありますが
オートクチュールレッスン受け

「最初で最後の宴」に参加させて頂きました。



私は語った夢を叶えました。

様々な初体験を経て
強くなって帰国しました。


私の夢をバカにした人たちは
実際に夢を叶えた私を見て

私の語る夢が本気であることを理解し
今では私を暖かく応援して下さっています。

ありがたいことです。



私が自分の夢に対して
ここまで情熱を持つようになったのには
理由があります。



Parisに行く前にも
私は大きな夢を持っていました。

今でも目指している夢


それはハーピスト

とは言ってもハープで演奏出来るように
なりたいというレベルですが


当時はまだハープのレッスンを始めた所で
もっともっと練習したいと思っていました。



そんな中、ある方とお友達になりました。

不動産マンションを売るお仕事で
私も買うように勧められました。



話は聞いても興味はなく
全くその気はありませんでした。


ただ勝手にじわじわと
話を進められ始めました。



ハープを買いたいから
マンションは要らない。



そんな事より~


そんな事より~


私にその後の話の内容は
入ってきませんでした。



そ ん な 事



私の夢をそこまで親しくもない輩に
 "そんな事" だと言われた瞬間

私の中の何かが切れました。



私にとっては相手の言うマンションの方が
 "そんな事" だったのです。



私にとっての大きな夢
 "そんな事" 扱いなんて許せなかった。



明らかに私のドリームキラーでした。
私の夢と未来を壊す人。

こんな人に私の夢を壊されてなるものか。


その瞬間、私は自分でも驚くべき
豹変ぶりを見せて闘いました。

今考えたら詐欺だったかもしれません。




私は私の夢のおかげで護られたのです。

か細い軸しか持っていなかった私ですが
それ程までに私にとっては強い夢だったのです。



もしあのまま流されて
不要なマンションを買っていたら…



私はAsami先生のレッスンを
一生受けることは無かった事でしょう。


ハーピストの夢も遠のいた。



きっと私は私にとって全く興味のない
不要なマンションとともに
不毛な未来を歩んでいた。


まさにドリームキラーの奴隷と餌食に
なってしまっていた事でしょう。





自分軸を持つこと
大きな夢を持つこと

それは自分自身と
輝く未来をも護る術になること




親しくなくてもドリームキラーはいます。

でも身近な人ほど
ドリームキラーになることが多いです。


特に家族は心配のあまり過保護になり
ドリームキラーになりがちです。


時に自分達の価値観を押し付け
あれこれ言ってくるものです。




身近で親しい人だからこそ心配して
闘おうとしても、愛を盾に止めてきます。

ドリームキラーは
心揺らぐことを言ってくるのです。



しかしそれは自分の夢への本気度や自分軸を
天から確認され試されている試練。



気付かなければ叶わぬ夢
気付けば夢への大きな1歩


人生の分かれ道です。



そこで、どちらでも良いと思うような
中途半端な夢や軸ならば
ドリームキラーの奴隷になれば良い。




必ず誰にでもあるはずです。

大切にしているもの
軸となっているも。



それらがはっきりとわかっているのなら
何が何でも護らなければなりません。

それは自分の輝く未来を護るということだから。


相手が誰であろうと
あなたのドリームキラーだとわかった瞬間

その方と闘わなければならない程
私は大切な事だと思います。



もしそこで言いなりになってしまい
自分軸を護ることが出来なければ

永久にドリームキラーの奴隷です。


叶えられる夢を叶わぬ夢のまま
持ち続けることになるのです。




あなたには夢がありますか?


大切にしている信念、自分軸はありますか?




そのあなたの大切な夢、自分軸を
確固たるものにし


あなたを美しく支え、道しるべとなり
ドリームキラーと闘うための勇気をくれるもの


それは他でもない美しいハイヒールです。




逆にあなたが大切にしているもの


あなたにとっての信念、夢を
大切に考え、応援してくれる人

ともに考え、理解しようとしてくれる人


そのような人こそが
決して手放してはならない

大切にすべきかけがえのない
人生のパートナーだと思います。



あなたの輝く未来を
叶わぬ夢と後悔で終わらせないために
camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
ほんとうに心が傷つくのは、
夢を奪われること。
パール・バック



















2017-08-26

sexyとは

色気

sexy


私と1番無縁だと思っていた言葉。



先日、他部署の男性と
初めてお話することがありました。



お話していて言われて驚いたこと。

Ayakoさんは会社のsexy担当なので
お話出来て嬉しいです。



正直、一瞬誰のことかと思いました。

そのように見られていたことを初めて知り
直接言われた事も初めての事で
気恥ずかしくも嬉しかったです。




スタイルが良いですね。

姿勢が綺麗ですね。

いつも素敵なので
拝見するのを楽しみにさせて貰っています。



メイクを学び悪戦苦闘しながらも
試行錯誤している今日この頃

メイク効果か他にも最近
男女問わずお褒めの言葉を
かけられる事が本当に増えました。


ありがたいお言葉であり
また見られているのだという意識が芽生え

更に頑張らなくてはと
気を引き締める日々です。




私が今まで思っていたsexy
それはまさにボディコンシャスなイメージ

メリハリのあるボディラインがあることが
基本かと思っていました。


私はそこまで豊満ではありません。





色気
それは妖艶なイメージ


伏し目がちでアンニュイな雰囲気

蝶々が花に引き寄せられるように
men'sを惹き寄せる雰囲気



私にはないと思っていたもの。




気付けばいつの間にか
私にもsexyな雰囲気を醸し出せるように
なってきているようです。



いつの間に何故どのように
そうなったのかわかりません。


でもハイヒールの恩恵である事は
間違いありません。

私なりに考えてみました。



美しい歩き方を学び
美しいもの、sexyな人を
動画などでも見る事が増えました。


まず、自分がsexyだと思うものを
見て触れること。



次に見て学んだsexyや
素敵だと感じたStyleを
じわじわと実践してみること。



練習して失敗して改善して
試行錯誤を繰り返し

自分が素敵に見えるStyleを
確立していく。



最初は周りの目が気になって
仕方ありません。


おかしく見えないか…


それは自然と周りの視線を意識することに
繋がっていたのだと感じます。


そして私には見え方を正直に教えて下さる
Asami 先生がいました。


新しいStyleでも、おかしく魅せない。
私自身がまず、おかしいと思わない。

これが私Styleなのだという自信を持って
行動すること。


続けていくと
少しずつ本当の自信になり
私Styleになっていく。



自信が出来始めると
少し余裕が出てきます。



この余裕

気持ちのゆとり


それは所作を始め
周りへの思いやりが
動きに反映し始める時



優しい思いやりが
動きに反映された時



それが色気

性的魅力というsexyではなく
男女問わないsexy

人を惹きつける魅力に
繋がるのかと感じます。


camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
色気とは
仕草や形ではなく、
精神的に相手を包んであげる
上品な優しさの事。
美輪明宏


















2017-08-25

みにくいアヒルの子

童話に出てくるみにくいアヒルの子

私の幼少期は
そんなお話のような世界でした。



私は物心ついてから今までの人生で
自分を心から美しいと感じたことは

正直1度もありません。



産まれた時、記憶にない頃の
僅かに残る写真から

本当は元々可愛く凛々しく
生まれついたと感じます。



ただ、私が物心ついた頃
私の家族はとても複雑な状態でした。

簡単に言えば母と祖母
嫁姑の関係が酷かったのです。



ある日、家族で家出しました。

例えるなら、脱北。



母は私に選ばせました。
母と祖母、どちらについていくか。


母はいつも、私に関わることについては
アドバイスはしても
最終決定権を私に与えてくれました。



当時の私は
鼻持ちならない相当な我儘娘だったようです。

あのまま大人になっていれば
見た目は今より綺麗だったかもしれません。

でも性格は我ながら最悪だった事でしょう。



私は母を選びました。
私を心から想って言っていることが
幼いながらにもわかったから。



私の精神も両親ともに恐らく限界でした。

当時の私の写真は
同一人物に思えない程異様な雰囲気を放ち
我ながら気持ち悪い自分です。




推察ですが、幼いながらも母を選んだ時
私はその時持っていた美しい世界
自分の美しさをを捨てたのです。


そうしなければ
急に放り込まれた新しい世界で
生きていけなかったのです。



ただそこで急激に変わった自分の姿が
本当に好きになれなかった。

当時、自分の写真を塗り潰したり
×印をつけていました。


今思えば、写真に写る私が
私だと認められなかった
行動なのだと思います。



それまでいた小さな世界が私の全てだった。

我儘三昧、ちやほやされてきた私。
一瞬で世界が変わってしまった。



急激に変わる環境に
ついていく事に一生懸命で

気付けば無意識に
私は持っていた美しさを捨ててしまいました。



簡単に捨ててしまった美しさ。

私は取り戻す術を持っていなかった事に
捨ててしまった後になって気付いたのです。




美しさを捨てた幼少期
その後遺症は今でも根深く残っています。





それでも今
自ら美しくなりたいと思った。


あの時捨ててしまったもの
それはとても大きいけれど

手に入れたものはもっと大きい。


それは誰にもなかなか出来る事のない経験。

偏見、好奇な目、噂、いじめ

様々な大人たちの、様々な部分
人の持つ様々な心の美しさ、汚さを
垣間見てきました。



だからこそ、どのような噂を聞いても
偏見に囚われず
自分の目と心で確かめて
人と接する私がいます。



どんな噂を持つ方であっても
その方と接した自分がどう感じるかが
大切なのだと思います。




そのように自分を美しいと全く思えなかった私も
今、自分の力で美しく在る事に挑戦しています。



白鳥とまではまだいかない。
それでも、本当に変化し始めている
私がいること。



生まれついたものに頼る事なく
私ペースの努力と
「ハイヒールの哲学」によって


生まれて初めて
自分を少し美しいと
僅かに思える自分になりつつあります。


まだまだ目指す美しさまでには
かなりの時間はかかるでしょう。


周りには本当に美しく素晴らしい
女神さまが沢山いる。



それでも私は、自分の事を少しでも美しい
そのように思える日が来た事が

本当に心から嬉しいのです。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
何かを学ぶためには、
自分で体験する以上に
いい方法はない。
アインシュタイン

2017-08-24

自分のペース

私はマイペースだとよく言われます。


ご一緒する方がいる時は
なるべく合わせているつもりなのですが


歩くことや食べることといった
行動のスピードは

あくまで自分のペースを
守っているような気がします。



自分のペースが保たれない状態が
あまりに続くと、私は調子を崩します。



出張などで移動が多く
同行者の行動ペースに合わせなければならない

電車等の時間に追われて
急ぐ、焦る、無理やり合わせてしまう事が増えると

私は一気に疲労します。



このため、出張は同行する方々や
相手先の方々とコミュニケーションを取り
交流を深めるとても良い機会ではあるのですが

頻度の高い出張は
自分のペースを激しく乱されるため
全く私向きではありません。



まだ周りのペースに左右されがちな私ですが
自分のペースをしっかり把握し

周りのペースに惑わされずに過ごすこと。


これも自分軸を確立するために必要な
1つのスキルなのだと感じます。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
時間を管理するには
まず自らの時間をどのように使っているかを
知らなければならない。
ピーター・ドラッカー

2017-08-23

女の子からの脱皮

ハイヒールで美しく歩くためのレッスン


受け始めてから美しい女神さまたちとの出会い
美しい女神たちの存在を知る事が
本当に増えました。



まだお会いした事はなくても
素敵だと感じる美しい女性は
本当に沢山いらっしゃいます。




世界は広い


私から見れば日本もまだまだ広い




素敵な女神さまは日本にも
沢山いらっしゃいます。




昔の私は美しい人を羨んでばかりでした。


レッスンを受けてわかってきた事。
美しい人は生まれつきばかりではない。



美しい人は、その賞賛に値する
見えない努力を重ね続けている。


美しい方々にとって私から見える努力は
当たり前の習慣。


だからそれ以上の学びを
向上心を持って学ばれ

更なる努力を重ね続けている。




私はそこまでの努力をせず
怠惰な自分を差し置いて
努力している美しい人を羨む女の子でした。



特別な取柄もなく
地味で内向的


受け身で流されがちな
気の弱い女の子でした。



美しいもの、輝くものを
眺めることが好きで


美しい世界に憧れ
夢見る女の子でした。




日本は今、可愛い文化が盛んです。
実際私もキラキラ可愛いものが大好きです。


どこにでもいる一般的な普通のOL
会社ではまだ下っ端なので女の子扱いです。



コンサルティングレッスンを受けている
最近までも、今もまだ
私はどこか女の子でした。




それは私の深い深い意識の中で。




でも私は可愛い女の子に
なりたい訳ではありません。



美しい大人の女性に
なりたいのです。




それでも
今更ですが自分がまだどこか
女の子であった事に気付きました。



誰にでも女の子である部分は
持っていると思います。


ただそれが前面に出るか出ないか。


少しは良いのでしょうが
可愛さが前面に出てしまうと

大人の女性としての
美しさは魅せられないと感じます。




メイクを学び練習し
髪型を整え
ハイヒールを履いた私。



鏡を見た時
そこにはいつもと少し違う私がいました。



そこに映るのは、何もせず素敵な女性に
ただ憧れていただけの女の子ではなく


ほんの少しだけ
大人の女性になったと思える私がいました。




きっかけは美しいハイヒール

私は美しいハイヒールが似合う
美しい大人の女性になりたい。



本当に少しずつですが

今ようやく女の子から脱皮し始めた
私がいる気がします。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
人は己を美しくして初めて美に近づく権利が生まれる。
岡倉天心










2017-08-22

人間だから表現出来る美しさ

当たり前ですが
私たち人間はロボットではありません。

どのようなものにも美しさはありますが
機械的な動きは単調です。



ハイヒールで美しく歩く時
リズムはとても大切です。



男性性的な直線で
キリッと締まりのある早い動き

女性性的な曲線の
柔らかく優雅でゆったりとした動き



この組み合わせを
間を取り、抑揚をつけて
リズムを感じて表現する。



ヒールの高さが高かろうと
もちろん上半身は動かさず


視線はキリッと男性性

呼吸はゆったり女性性


骨盤も動かさず
何があろうとも美しさを意識する。



今挑戦中の私のcinderella-heelsでは
まだリズムを感じて足を運ぶことは
本当に難しいことです。


完璧なタイミングで
全てが完璧なポジションで


と言うわけにはなかなかいかず
一歩一歩に反省があります。





リズム

抑揚


美しいハイヒールを履いて
全てが完璧なポジションで
これらが揃った時

素晴らしく美しい動きになること



頭で理解していても
実践する難しさ。


わかっているのに
身体が思っているようには
動かないもどかしさ。




一歩踏み出す時
呼吸と身体のポジションを正す  間


前脚を曲げ始める時の
ゆったりとした女性性


着地前に、一瞬僅かな   間  を取り
瞬時に女性性を男性性に交換する。


そして前脚を作った時の前脚と後脚の
真っ直ぐとした男性性


そうして、やっと一歩



ゆっくりゆっくり進めても
1つ1つの動きを完璧にすることは難しい。



それでも一歩一歩確実に行うこと

確実に狙おうと意識すること


私にはとても難しいのですが
美しい奇跡の瞬間を垣間見てしまえば
もう目指さずにはいられません。



機械は単調に完璧に動くもの。


人間は決して完璧ではない。
でも  間  を取ることなど機械には決して出来ない。




完璧ではない人間だからこそ
表現出来る美しさ。

そこに1人1人の個性が加わり
唯一の女神としての美しさが開花する。



完璧ではない人間だからこそ
1人1人にしかない  間  があるからこそ

その人独特の雰囲気、美しさが
醸し出されるのだと思います。



その美しさは、決して生まれつきのものではなく
人が日々行う意識から生まれる賜物なのです。


camélia Ayako


千葉 ハイヒール camélia Ayako
あるとき私は、
自分を美しいと決めたの。
ガボレイ・シディベ



2017-08-21

記憶に残る女性

私がいつもお世話になっている電車は
時間帯によりますが
大抵乗るのは満員電車です。

千葉県と言っても
大雑把に言えばデイズニーリゾート辺りなので

通勤ラッシュとイベントラッシュが重なると
もう大変です。


上京したての頃
最初はどうすれば溢れんばかりの人たちが
あの車両の中に収まるのか

全く理解出来ませんでした。


でも、何とか収まってしまう不思議。

今まで思っていた満員電車は
ただの混雑だと感じます。

それでも、もっと酷い満員状態もあるようで
凄いことです。


この満員電車に衝撃を受けた頃は
まだ「ハイヒールの哲学」の世界を
知りませんでした。


そんな毎日戦争のような
ラッシュ時に一度だけ

美しいハイヒールを履いた
子連れの女性を見かけました。

素直に美しい人でした。

ただただ「美しい」としか
表現できないのですが

私はとても魅せられ
心奪われました。


あのような女性になりたいと
素直に思いました。

当時の私も10㎝のハイヒールは
履いていました。

でも、その女性とは
決定的に何かが違ったのです。

今なら違いがわかる。


私が魅せられた彼女と私の違い。
それは、今まさに習得せんとする

オーラ


生き様、信念、エネルギー
そのようなものが
格段に強い方だった気がします。


もう3年以上前の話ですが
今でも色褪せない記憶。

私もどなたかにとって
そのような記憶に残る女性に
なりたいと思います。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
見た目がどうであれ
女の人は自信を持っていれば
セクシーである。
パリス・ヒルトン


2017-08-20

空を飛んだ日

私にはやりたい事が沢山あります。

空を飛ぶこと、スカイダイビングも
その1つでした。


元々私は高所恐怖症に近いほど
高い所は苦手でした。

飛行機も苦手。



そのような私ではありますが
ある時、出張で飛行機に乗ることが
とても多い時期がありました。


飛行機の離着陸時の安定する前の感覚

私はあの感覚が苦手だったのですが
慣れとは恐ろしいもので

乗れば乗るほど
だんだんとあの感覚が
そこまで嫌ではなくなりました。



むしろ、その頃から


空を飛びたい
と思うようになったのです。


空を飛べる
と思うようになったのです。


ついには空を飛びたい
という想いが消えなくなってしまったのです。



これは私自身が一番驚いている
大きな変化です。



飛びたいと思い立ってから約2年

どこか不安な自分がいて
誰かと分かち合いたい自分がいて
一緒に飛ぶ方を探しておりました。



誘った方々に断られても断られても
我ながらよく諦めなかったと思います。

それ程、私は飛びたかったようです。
もはや執念のスカイダイビング。



ついに昨日、上京してきた友人とともに
飛んで参りました。



飛ぶまでに
色々と時間はかかりましたが

飛んでしまえば
本当にあっと言う間でした。



私が飛ぶ前の飛行機で
ダイビングした方を
地上から見ていると

パラシュートが開いているにも関わらず
想像以上の速さで落下してきて
とてもビックリ致しました。



そうこうしている間に
私の飛ぶ飛行機の順番。

私は一緒に飛んで下さる方が
かなりベテランさんのようで
とても楽しく、安心して飛ぶことが出来ました。


と言っても
言われた通りの動きを
空中で行うことに私が必死すぎて

途中景色を優雅に見る
余裕はありませんでしたが

飛んでいる感覚は
体験しないとわからないものです。



フリーフォールは
かなり早いスピードで
落下していると思うのですが
そのような感じはなく

肌に当たる風でスピードを感じるも
想像以上にゆっくり感じました。


飛行機やジェットコースターより
スカイダイビングのフリーフォールの方が
嫌な感覚はありませんでした。



ただ、1番最初の飛び出しだけは
怖かった過ぎて
すでに記憶にありません。


知らない間に
私は気付けば飛んでいました。



フリーフォールでは360度回転もして頂き
パラシュートも持たせて頂いて

最近の疲れなど
飛んだ瞬間に吹き飛んでおり

とても充実した時を過ごさせて頂きました。



パラシュートが開いてから
着地のために足を上げる練習がありましたが
身体は地上にいるのと同じような感覚でした。



雨も心配しましたが
私のダイビングの時のお天気は問題なく

むしろ少し現れていた雨雲の中を
突っ切ってダイビングするという

実は非常に珍しい経験まで
する事が出来ました。



本来、天候が悪い時は
基本不催行になるため

そのような雨雲を突っ切るという機会は
滅多にないのだそうです。




貴重な体験の雨雲は
薄暗く、周りは雲しか見えず
とても冷たくて、痛く、少し怖かったです。


先も何もかもが見えない雲の中
ただ私は下に落ちていく事だけが
はっきりとわかっていた。




不思議なことに
その雲の中を落ちている瞬間

ぼんやりと人生や未来も
この雲の中のようだと
考える余裕さえありました。




見えない不安。


それでも自分は
確実に未来に進んでいるという確信。





そして雨の冷たさ、風をきる感覚を感じ
何故かその時の私は
野生の鳥になった気分でした。



雨雲を抜けて地上が見えた時
まさに飛行機から見るような地図の上でした。

でも飛行機から見える景色とは全く違う。


飛行機の機体などに邪魔されず
自分も自然の一部となったような一体感。

全ての自然を感じ、全てが見えるのです。



前の人が着地していくのを待って
風に乗っていく。

着地はとても優しくふんわりと
気付けば大地を感じていました。


今思い返しても不思議な感覚です。

そして雨雲を通過したためか
地上に戻った時は、濡れねずみ状態でした。



本当に素晴らしい体験を致しました。
想像を超えた想像の世界でした。

あんなにも怖かったのに
経験してしまえばもうそこまで怖くない。



むしろ機会があれば
私はまた飛びたいと思います。



帰りは激しい豪雨
落雷の影響で電車が遅延しておりましたが


そのような日にも関わらず
本当に素晴らしいタイミングで
素晴らしい経験を致しました。


余談ですが、本日はまた想像以上の
全身筋肉痛となっております。



怖い怖いとイメージだけで
頭の中で勝手な想像を膨らませていくよりも

思い切って体験してみること。


それが1番大切なことかと感じます。



当たり前のことかもしれませんが
体験したことがない未知の世界だから
怖いだけなのです。

知らないから、怖いだけなのです。

知ってしまえば、もう怖くない。




ハイヒールで美しく歩くことに対して
美しく在ろうとすることに対して

その他のことであっても
興味が湧いたことが自分の中にあって


そこでもしも躊躇や不安がある女神さまが
いらっしゃるなら是非伝えたい。



興味があるならば1度でも構わない。

ほんの1度で構わない。


1度だけでも、挑戦して経験してみて
自分の心がどう感じるか。

素直に感じて欲しいと思う。



経験したことのない頭の中で
不安な想像を膨らませ考えるのではなく

自分の心で体感してから
今後の未来を考え決めて進んで欲しい。



私自身が頭でっかちに考え
想像で出来ないと決めつけてしまうタイプでした。

今でもまだその傾向は変わりません。

だからこそ、同じような女神さまの考えること
不安な気持ちもとてもよくわかるから

だからこそ伝えたい。




私も、あなたにも
可能性は無限大にあります。

必要なものは挑戦という行動を起こす
ほんの少しの勇気だけなのです。


頑張って出したほんの少しの勇気は
必ず自分が想像していた以上の
素晴らしい世界を魅せてくれます。



たった1人でも、私の体験が
どなたかの勇気に繋がればとても嬉しい事です。

camélia Ayako

一人ひとりに天の使命があり
その天命を楽しんで生きることが
処世上の第一要件である。
渋沢栄一















2017-08-19

師の見つけ方

先生と師匠

どちらも先生であり
同じような意味だと思っていました。

ただ感覚的に
ニュアンスの違いは理解していました。


上手く説明出来ませんので
色々調べておりましたら

上手く説明されている方が
いらっしゃいました。

師匠と弟子の関係、先生と生徒の関係、の違い



私にとってAsami先生は
まさにお師匠さま

教えを伝え頂くのではありますが
そこから自分が何を学び

何に気付き、何を感じ

何を真似、何を吸収するか



そしてAsami先生という師から
伝え学ぶことの中から

自分がどう在りたく
何を学びたいか

何を疑問に感じるか



それはクライアントとして
ASAMI-PARISの芸術作品として

私たち自身の
主体性に委ねられています。



主体性
それは1人1人が持つ
輝く個性であり


それがセンスというもの
なのかと思います。




師と呼べる先生との出会いは
本当に奇跡です。


私もAsami先生の元にたどり着くまでに
いくつかのウォーキングレッスンを
受けたことがあります。
そこでのレッスンは続きませんでした。



師となる先生に対して
共鳴する部分が無ければ
レッスンは続かないのです。


また師と呼ぶべき先生に対して
リスペクトしたいと思わなければ
レッスンを受け続けようと思わないのです。


それは師のレベルと自分のレベルの
バランスもあると思います。



どれ程素晴らしい師であっても
今の自分のレベル
求める方向性によっては
合わないこともあります。

それはエネルギーのバランスとも
言い替えられる気がします。




その中でも1番大切だと感じることは
先生のお人柄と美意識の感覚

そして師の持つ信念。



何を美しいと感じるかは
人それぞれです。

自分の美意識と異なる
師の元でレッスンを受けると

感覚的にではありますが
どこかネガテイブな違和感が残ります。



ちなみにAsami先生ご自身は
以前レッスンの選び方として

師となる方の歩いている姿、動画を見て
美しいと感じる方を選ぶよう
勧められていました。


私自身はまだまだ粗削りな状態ではありますが
目指す歩きはAsami先生です。



在るべきパーツが
在るべき場所に正しくあるだけ

それが現代人にとって
どれ程難しいことか。


崩れたパーツの状態で
過ごしている方は多いです。

そのような方々が溢れており
正しく在るべき美しさを
見つけにくい環境の中から

本能的にでも美しいと
感じる師を見つけること

共鳴出来る美意識を持つ
師と出会えること



いつもの私であれば
奇跡と言いたい所ですが


決して奇跡ではなく
自分自身の中にある美しさと
師の持つ美しさが

共鳴し引き寄せ合った
結果なのだと思います。



自分の中にある美しさ・美意識と
師の持つ美しさ・美意識が共鳴した時


素晴らしい師を見つけることが
出来るのです。

それは師という意味だけではなく
普段どこにでもある出会いにも
同じことが言えると思います。


見つけた師の中には
必ず自分と似た部分があります。

なぜなら自分の中にあるものと
共鳴した方のもとに導かれているのだから。




師となる方を見つけてから
その方の門の扉を叩くまでに
時間はかかっても構わない。


タイミングは自分の直感が
時には周りの環境が
教えてくれ、導いてくれます。



自分の美意識を知り
直感を信じること。

自分がどのようになりたいのかを知り
なりたい自分に近い状態になっている
師を探すこと。


それが自分にとって最高の師となる方との
出会いに繋がることでしょう。

全ては自分の中にあるものとの共鳴。
自分の目指す未来との共鳴。



もちろんレッスンを受けてみて
自分の中に違和感があれば
無理に続ける必要は決してありません。

しかし、自分にとって
素晴らしい師に出会えたならば
レッスンをやめられなくなるのです。

もっと高みを目指したくなるのです。


それは師のレベルが
自分のなりたい目指すレベルとして
共鳴したということだから。



そう考えますとまだ未熟な私ですが
逆にまだまだ伸び代があるということ。


これからも
まだ見ぬ素晴らしい女神さまたちと
素晴らしい共鳴が出来るよう


私自身も目指す自分に向かって
常に自分のレベルを上げ続けられるよう


更なる高みを目指して
努力し続けなければと感じますし


実際に素晴らしい共鳴を体感し始めている今
より一層の努力をし続けたいと感じます。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
あなたの心に従ってゆきなさい。
そうすれば最後にはきっとうまくいく。
ボブ・ディラン











2017-08-18

自分の仕事を愛すること

先日、出張にて
素晴らしい職人に
お会いして参りました。


職人と言っても
ある専門分野の権威の方なのですが

ご自身の専門分野が
好きで好きで仕方がなく


その分野について日々深く追求され
多くの方々にご自身の経験、知見、技術を

限られた時間の中で
少しでも多く伝えたい気持ちが溢れており


だからこそ説明も面白くわかりやすく
仕事への姿勢が職人気質の方でした。


何事も写真等の画像ではなく
自分の目で必ず確かめるそうです。



まだ若い方ですが
ご自身のお仕事がとても大好きで

誇りを持って取り組んでいることが
ひしひしと伝わってきました。



同行された方も
別の分野のプロですが

皆さんそれぞれが
ご自身の専門に関わる視点から
質問やビジネスアイディアがどんどん出ており

皆さまそれぞれが
ご自身の仕事への深い愛を持たれて
取り組まれていることを感じました。



どのような分野であっても
1つの分野に熱中し没頭する人の姿は

美しく、凛々しく、格好良いものです。


そのような方々とご一緒出来た事も
とても貴重でありがたい機会であり

沢山の刺激を受けた出張となりました。



私も今のお仕事はこだわって選んだお仕事
その道も極めたい一方

「ハイヒールの哲学」もまだ未熟ながら
どんどん極めて参りたいと思います。

そして
どちらもが中途半端にならぬよう
気を引き締めて取り組んで参ります。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
自分の仕事を愛し、それを大切に思うこと。
これ以上楽しいことがあるかしら?
キャサリン・グラハム















2017-08-17

失敗を覚悟で挑み続ける

私は正直メイクが得意ではありません。
特にアイメイクは本当に苦手です。


目は私のコンプレックスの
パーツの1つです。

奥二重で重いまぶた。
睫毛は短い逆睫毛。



マスカラも、アイラインも、アイシャドウも
重いまぶたが邪魔をして
上手く出来た試しがなく

普段のアイメイクはアイブロウのみ。
睫毛にはエクステをしておりますが
今の時代に生まれて良かったと思う程でした。



先日のコンサルティングレッスンでは
やったことのない髪形・メイクに挑戦する
という課題が出ました。


髪形は色々と試してきましたので
特に挑戦というものはありませんでしたが

課題の回答として
思わずアイメイクのコンプレックスを
暴露してしまいました。



という事でアイメイクを始め
私のメイクへの新たな挑戦が始まっております。

目元周りは一番動きのある部分
アイラインは本当に難しく苦戦しています。


練習あるのみとわかっていても
左右対称にならず重いまぶたに邪魔をされ

アイプチに挑戦したり
やり直しを繰り返し

普段行わないことを急にやり過ぎたためか
思いの外擦りすぎたためか
先日重いまぶたが更に腫れてしまいました。



あまりにも悲惨な状態のため
Asami先生にご相談した所

何とAsami先生御用達の
Make Up Artist である純子さまを
ご紹介頂きました。


最初はSkypeでレッスンを行って頂ける
とのお話でしたが、色々伺いますと
丁度日本に滞在されており
何と純子さまの居場所は私の出張先でした。


しかも純子さまの日本滞在最終日と
私の出張日がたまたま重なっており

急ではありましたが
なんと実際にレッスンをして頂く事になりました。



急な申し出にも関わらず
とても親切で丁寧な対応をして頂き
本当に素敵な女神さまでした。


当日、雨上がりの千葉は寒く
出張先は汗が流れる蒸し暑さ。

お仕事の終了がギリギリになってしまい
私のメイクは溶け残りが更に崩れた状態。

出来ない状態だからこそ
レッスンを受けるのですが
とてもお恥ずかしい状態でした。



そのような始まりも何のその
レッスンにて私に奇跡が起きました。

コンプレックスだったまぶたが
最初のスキンケアとマッサージの効果で
途中二重になりました。


ハイヒールで美しく歩くためのレッスンも
素足のストレッチ・エクササイズから始まりますが

メイクも素肌を作り
顔の筋肉を整えることから始まるのです。


全ての土台となる部分を整え鍛えることの大切さ
基礎の大切さを改めて体感致しました。

アイメイクだけに留まらず
自分に合ったメイクや様々なコツを教わり
また気持ち新たに練習して参ります。



純子さまのメイクレッスンは本当に楽しくて
2時間がビックリする程あっという間でした。

仕上がりは自分で申し上げるのも何ですが
本当に自分でも美しいと思いました。


いつもの自分なのですが
いつもの自分とは少し違う。


私の気持ちも、少し自信が出てきたような
そんな気持ちに変化していました。


ほんの少しの一手間の積み重ねなのですが
実際に純子さまのレッスンを受けて
1㎜の世界にこだわられるお仕事を垣間見ました。

これがプロの技、プロの仕事なのだと
感じました。


コンプレックスの1つだった
私の睫毛も長い方との事で
睫毛パーマでも良いとのアドバイスも頂き
更に嬉しい驚きでした。



唯一の反省は「カリスマ性の構築」の成果を
純子さまに発揮するというAsami先生からの課題。

あまりにもレッスンが楽しくて
メイクを落としてレッスンが始まる頃には
顔も中身もスッピンになってしまい
夢中でレッスンを受けてしまいました。



私の帰りは終電間近でしたが
海外で活躍される純子さまのレッスンを
受けることが出来て本当に良かったです。

このご縁、このチャンスを掴めた自分を
本当に誇らしく思います。


宴もしかり、最近の私に起こる
奇跡的な素晴らしい出会いの数々に
改めて感謝せずにはいられません。



今まで出来ないと諦めて
手を付けずにきた私のアイメイク

挑戦と失敗の日々は
まだまだ当分続きそうですが
やり方を学んだ今は練習あるのみ。

皆さまにも美しくお披露目出来る
必ずいつかそのような日が来ることを目指して

そして次に純子さまとお会いする機会があれば
もっと美しく在れるよう
地道に練習を続けて参りたいと思います。




コンサルティングレッスン

それは
ハイヒールを履いて美しく歩くこと
その指導方法や人体学だけを
学ぶレッスンではありません。


コンサルティングレッスンでは
初めて知る様々な世界が盛り沢山です。

しかもそこで初めて知る様々な世界に
挑戦することも本当に多いです。



私の思うコンサルティングレッスン

それは
Asami先生という美しい女性が
ご自身の人生で培ってきた

美しく在るための
トータルビューティレッスンなのだと
最近真摯に感じます。


それを総称して「ハイヒールの哲学」
と呼ぶのだと感じています。


「ハイヒールの哲学」
それは美しさの極意

ハイヒールを履く女性が
心身共にバランスよく美しく在ってこそ

女性を構成する様々な分野
外見美をもが整ってこそ
自信というオーラを纏う事が出来

ハイヒールを履いて美しく歩くことが
より一層美しく際立つのだと思います。



私の人生において
コンサルティングレッスンで
メイクの課題が無ければ

このような機会に
恵まれることはありませんでした。


本当に素晴らしいタイミングと
皆さまの愛に感謝してもしきれぬ状態です。


愛の循環、恩返しとまでは参りませんが
Asami先生や純子さまのように

私も目の前に現れる女神さまのために
誠心誠意、全力投球出来るような女性
Artist になりたいと思います。


愛溢れる純子さまへ
奇跡的なご縁と素晴らしいお仕事に
心からの感謝と尊敬を込めて
camélia Ayako


千葉 ハイヒール camélia Ayako
失敗を覚悟で挑み続ける。
それがアーティストだ。
スティーブ・ジョブズ











2017-08-16

階段

日々歩いていて
一番姿勢や見え方を意識し気をつける時


私にとっては、階段を上り下りするるとき


なぜなら、この時の足元が一番
他の方々の目線に留まりやすくなるから。



Christian Louboutinの赤いソール
赤というだけで美しく目立ちます。


即ち、魅せ方が悪いと
ハイヒールが美しく目立つだけに

履く女性の振る舞いが美しくないと
逆に悪目立ちしてしまいます。


ハイヒールをいかに美しく魅せ
そのハイヒールを履く自分自身を
いかに今以上に魅せるか。


ちなみにAsami先生から教えて頂いた
階段で気を付けるポイントは

「膝と膝と必ず合わせること」です。



階段を上るとき
後ろの方々はもちろん、遠目からも
足元はよく見えます。


階段を下るとき
前から上って来られる方に
足元はよく見えます。



足元だけでなく、下るときは
全体がよく見えます。


自分の姿全体が
周りからよく見えるのにも関わらず

階段の上り下りは
姿勢が崩れやすい動きだと感じています。


段差の高さ、傾斜によっても
バランスを崩しやすいのが
階段だと感じます。


なるべく階段は、いつも以上に
ゆっくり丁寧に動くように
心がけています。




階段を下ると言えば
昔、エスカレーターで押されて
エスカレーター内で転んだことがあります。


地面が動いている中での転倒は
想像以上に身動きが取れず
恐ろしいものでした。



今でも私の膝には
その時出来たエスカレーターの窪みの傷が
川の字のように残っています。


この経験から、動くものに乗る時は
何かに掴まり身を守るようになりました。



人混みの階段も少し怖いので
必ず手すりに掴まれるようにしています。


掴まれると言っても基本沿える程度ですが
その所作もまた、私の中では
エレガントの表現の練習の1つ。



日々の当たり前の行動1つ1つでも
エレガントを意識し続けることで

少しずつ本物のエレガントに近づくのかと
感じています。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
トレーニングは1円貯金のようなものだよ。
あわてちゃダメだ。続ける事だよ。













2017-08-15

志を持って事を成す

先日とあるセミナーに参加してきました。

その中のお話であったこと。
第4次産業革命。


AI、人工知能により
現在の半分以上の仕事が
なくなるようです。

もちろん、それに伴い
新しい仕事も出てくるようです。


言っても、あと十数年の話。

人口減少に伴う労働力の確保のため
先進国では人工知能の開発が進められ
実現していくようです。

楽しみなようで少し怖い世界です。



人工知能の得意分野は
情報の集積とデータ分析・判断
しかも人間より早く正確に出来るようです。

まだ判断データ等を集積させる
段階のようですが
本当に時間の問題だと思います。


事務や軽作業も得意とする分野になってきます。

今までのロボットは
物を掴んだりする動きは出来ても

目が見えなかったため対象物が認識出来ず
限られた作業になっていたようですが

夢ではなく現実的にロボットと共存する
社会、世界が近づいてきているようです。



逆に人工知能が苦手とする分野。
それは芸術、人が感じる感覚的なこと

これは逆に完璧ではない人間だからこそ
表現できる人間らしさの部分なので
なかなか難しい部分のようです。


そのため、今後の仕事は
人間らしく、人間らしい仕事を
していかなければならないという
お話がありました。



仕事ではなく志事。
志を持って事を成す事。

そこで売り手・買い手の双方が
幸福を感じられる仕事を行うこと。

日本文化として生き続ける
商いというビジネスの考え方。
とても大切なことだと思います。


特にこれからの将来
人間らしくあること、心を忘れないこと

本当に大切なことだと思います。


人工知能は本当に賢い。

人間が作ったものであるけれど
人間より遥かに賢く

いつ人間を超えた賢さをもって
支配されてしまうかもしれない
リスクのあるもの。


とても便利になっていますが
だからこそ私たちは考えることを
疎かにしてはいけないと思います。



また人工知能同士が
人間にはわからない言語で
コミュニケーションを取ることも
今は危険視されているようです。

まだ仮説ですが
本当に起これば恐ろしいことです。


その時に、自分の頭で考え
行動出来る人間が
どれほどいることでしょう。

人間が何も考えないことに
慣れてしまうことこそが
危険なのではないかと感じます。



ハイヒールで正しく美しく歩くこと。
これだけでも、かなりの頭を使います。


行先、歩くスピード、天気や荷物を計算して
あくまでも美しく生活すること。

それを毎日行うことは
もはや職人技の領域。


自分軸を作ることは
自分の頭でしっかりと考えて
行動する必要があります。


未来はどうなるかわからない。

だからこそ自分軸をしっかりと作り
自分の頭で考る訓練をすることは
様々な意味で重要な事だと感じています。


本当に来るかわからない
第4次産業革命

来ても来なくても、どちらにしても
私は今から自分も周りも幸せになる

志を持って事を成す
お志事が出来るよう心掛けたいと思います。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
幸福というものは、一人では決して味わえないものです。
アルブーゾフ




















2017-08-14

私にとってのChampagne

Asami先生を始め
Asami先生のクライアントの皆さまは
お酒が得意な方が多いかと感じています。

私も苦手ではありませんが
基本1人では飲まないため
お家にお酒はありません。


Asami先生のオートクチュールレッスン後は
Champagneが振舞われますが
これは格別美味しゅうございます。

毎回レッスンの度にChampagneは
流石に贅沢なので

もう少し手軽に常備出来る
私にとってのChampagne代わりを
考えておりました。


今 私のレッスン後のChampagne代わりは
エルダーフラワーBOTTLE GREENシリーズ
簡単に言えばハーブシロップの炭酸水。

昔、オーガニック専門店でのお食事の際
初めて飲んでとても美味しかったので
その時からお取り寄せしております。


Champagneではありませんが
気分はとても優しく優雅な気分になれるので
私は大好きです。

この時期は特に美味しいので
消費量がUPする一方ですが

レッスンは厳しい時もあります。
お仕事とプライベートの両立も
とてもエネルギーを要します。

だからこそ楽しみを持って取り組むことも
大切なことだと思います。


更に、それを頂くグラス
半年ほど前にBaccaratのグラスを買いました。

最初は恐る恐るではありましたが
こちらも日常に溶け込み
美しい生活を彩ってくれています。


この時期、氷を入れた時に鳴る
音の響きがとても美しく
もっと聞いていたい衝動にかられます。


自分の周りを纏うもの
少しずつではありますが
新しく購入するものは

物に込められたエネルギーが
高いと思えるものを選ぶように
なってきた気がしています。


私のエネルギーが上がった訳ではなく
自分のエネルギーを上げたいという
私自身の心の現れなのだと思います。


日々芸術品を使用してみて感じること。
それは自然と意識しなくても
丁寧な生活を送るようになりました。

それは全てにおいての基礎
ゆっくり丁寧に動くことに繋がっていると感じます。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
「できること」が増えるより
「楽しめること」が増えるのが、いい人生。
斎藤茂太













 

2017-08-13

蓮の花

現在はありませんが
実家には蓮池がありました。


私の祖父は蓮根を掘る名人でした。

泥沼、泥水の足場の悪い中
蓮根を折らずに真っ直ぐ美しく掘ること

それはかなりの職人技です。


実際やろうとすると
コツを得る前に自分が泥沼の中に
どんどんはまり身動きが取れなくなるのです。

それを祖父はいとも簡単にこなしていました。
今思えば自然と共存し、田畑を上手く管理し
本当に凄い人だったと思います。


蓮の花を見ると
いつも祖父を思い出します。




蓮は泥より出でて泥に染まらず


蓮は美しい水の中ではなく
むしろ泥の中でより美しく大きく咲くのだそうです。



お釈迦さまが乗っているのも蓮の花。

泥から生え気高く咲く花

まっすぐに大きく広がり
水を弾く凛とした葉の姿が

俗世の欲にまみれず
清らかに生きることの象徴のように
とらえられているそうです。


また辛いこと、悲しいこと
人生における泥のような出来事も

経験しなければ
その辛さ、悲しさを理解することは出来ず

経験したからこそ悟れるもの

経験したからこそ美しい世界へ導かれる
という教えなのだとか。



私も私なりに
特異な経験をしてきたと思っています。


何故私だけが

どうして私ばかりが


そんな想い、被害者意識を
持っていた時もありました。


しかし、泥のような経験の中からしか
感じることが出来ないこと。

経験しなければ決してわからない
泥臭い感情も必要なのだと思っています。



今考えれば、なかなか出来ない
貴重でありがたい経験を
沢山してきているように感じます。


私も蓮の花のように
泥の中から這い上がり
気高く美しい花を咲かせられるよう

ハイヒールの力を借りて
努めて参りたいと思います。



人生は天使のバカンス
どんな泥のような経験も
私の魂が経験したかったこと。


今この瞬間に命を与えられていること

自らの足で人生を選択し歩めるという
ギフトを与えられているということ

沢山の挑戦、経験をさせて頂く
チャンスが与えられているということ

当たり前のようで
当たり前では決してないこと

本当にありがたいことです。


ご先祖さまに感謝を込めて
camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
マイナスの経験をした人は有利です。
してない人は、人の気持ちが分からなくなっている。
分からないことすら気づかずに生きてしまう。
山田太一















2017-08-12

いつまでも女性である意識

まず1つ報告です。
「女神さまたちの宴」ご案内について
本日、新たにもうお一人の女神さまより
ご連絡を頂きました。

おかげさまで予約人数に達しましたので
募集を締め切らせて頂きます。


ありがたいことに今回ご連絡頂きました
女神さまは長崎県在住との事。
遠方から本当にありがとうございます。

こちらの女神さまからは
現在お一人で地道にレッスンをされている
との素晴らしいメッセージを頂きました。

まさに私が宴を開催したいと思った目的に
ピッタリの方のご参加との事で

とても嬉しく、今からお会い出来ることが
楽しみでなりません。


初めての試みながら
今回の宴は素晴らしい宴になると
確信しております。



合わせてLa tour des Esprits の neneさんからも
今回は予定が合わず
次の機会があれば参加したいとの
素敵なメッセージを頂きました。

勝手ながらも励みにさせて頂いております
先輩女神さまからのメッセージ
本当に感激致しました。

今後のことはまだ私にはわかりませんが
まずは今回開催致します宴を
成功させたいと感じております。




そして昨日は初めてのコンサルティングレッスンと
ハイヒールレッスンのWレッスンでした。

かなりの集中力が無いと、こなせない神業です。

このレッスンを組んだ時
La tour des Esprits の neneさん
基本このWレッスンだと伺い挑戦してみましたが
これが基本スタイルとは凄いことです。


改めてAsami先生のレッスンを
受けていらっしゃる女神さまたちは
皆さま超人だと感じます。

超人と言いましても、見えない所での
努力・意識が尋常ではないのです。

改めて怠惰な自分に喝を入れ
気を引き締めて参りたいと思います。



昨日のレッスンでは妊娠について学びました。

私はまだSingleなので
妊娠の経験も予定もありません。

全く未知の世界です。


ただ、学べば学ぶほど
日本の妊娠への教育
知識・意識の薄さを感じました。

そして日本の性に対する
マイナスの文化を感じました。


妊娠は病気ではないと言いながら

特別扱いする、される状態
特別扱いして当たり前、されて当たり前な状態

日本では多く見られます。


妊婦さんは〇〇してはいけない

妊婦だから〇〇しない


マタニティマークも色々な意味で
問題になっていますが

単純に人としての
思いやりの話なのだと感じます。



学ぶほどに日本での妊娠に対する対応が
新種の病のように感じてなりません。

そして、それが子どもを産み育てるまでの
1つの弊害な気がします。



私自身、いつか我が子を
この腕に抱いてみたい夢はあります。

でも、現実的に今の社会環境では
少し不安があるのです。



まさに日本の妊娠に対する新種の病が
不安を煽っており

それを本能的に察知していたのだと
今回学んだことで感じました。


上手く表現出来ませんが、同じように感じ
本能的に察している女性は
多いのではないでしょうか。

だからより一層少子化が進んでいるのでは
ないのでしょうか。


特に日本の都心は
女性が子どもを産み育てたいと
自信を持って思える社会ではないのです。




また最近は美しい母となる女性が増えていますが
母となる女性、母となった女性の新性別化


確かに女性なのです。

でも出産後、女性に見えない
女性としての意識を捨ててしまった女性が
多いイメージがあります。


出産後は授乳が始まり、自分に構っていられない。
理由も理解出来るのです。

でも経験の無い私にとっては
想像を絶する世界です。



何故なら、妊娠して出産まで10ヶ月
実際、自分に手をかけられるようになるまで
早い方でも約1年


2週間のブランクでさえも癖を発症してしまえば
治すのに2ヶ月はかかった私にとって
この1年のブランクを皆さま一体どのように
対処されているのでしょう。


いいえ。
対処出来ている方は、ほんのごく僅か。



あくまでも私の想像の世界ではありますが
なぜそうなるのか私なりに考えてみました。


出産前の妊娠に対する新種の病によって
身体や意識はどんどん甘えて怠惰になる。

出産後は育児に追われて
女性としての意識は更に薄れてしまう。

そのまま過ごせばどんどん女性らしさは
失われていく一方ではないでしょうか。

もちろん必要な筋肉も、時とともに
どんどん失われていってしまう。

まさに負のスパイラル


では美しさを保っている方々は
何が違うのでしょう。


それは妊娠し、出産しても
諦めず少しでも女性らしさを保つこと
女性である意識を持ち続けること

本当に日々のごく僅かな意識の差が
後の大きな差になるようです。



女性である意識
簡単に捨ててしまえるものかもしれない。

捨てざるを得ない状況なのかもしれない。

でも一度捨ててしまえば
取り戻すには気が遠くなるほどの
沢山のエネルギーを必要とします。

取り戻したい時には、もはや手遅れ。
なかなか取り戻せないものなのです。

だからこそ手放してはならない意識なのです。



私自身、いつか我が子を
この腕に抱いてみたい夢はあります。

でもまだ叶っていない理由
本気で叶えようとしていない理由。

今回のレッスンで
その理由がはっきりとわかりました。



女性であるにも関わらず
女性としての意識を無くしてしまうかもしれない自分。

私はそれが怖かったのです。


それは妊娠・出産だけではなく
様々な場面で言えること。



いつまでも女性である意識を持ち続けること


「ハイヒールの哲学」を学び
日本の妊娠に対する新種の病に気付いた今

少しでもこの病への認識を変えられるよう
女性が女性である意識を忘れぬよう
何かお役に立てることがあればと
まだ漠然とながら感じています。



女性である限り、どのような事が起こっても
捨ててはならない意識。


いつまでも女性である意識


美しいハイヒールは
人生のどのような場面においても

女性がいつまでも女性であるための
女性にとって最高のパートナーなのです。


私に起こる奇跡の連続に心からの感謝を込めて
camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
子供は親の言うことはきかないが
親のする通りにはするものです。
親の生き方こそ子供にとって最高の教材です。
ジョセフ・マーフィー




















2017-08-11

夢が形になっていくとき

昨日「女神さまたちの宴」 ご案内しました所

早速、お一人の女神さまより
ご連絡を頂きました。


こんなに早く反応を頂けるとは
思っておりませんでしたので
本日は朝から感激で心が震えました。


私がまだ夢から覚めて
いないのではないかと思いながらも
夢より素晴らしい現実が起こっています。

本当に嬉しく光栄なことです。



まだ見ぬ女神さまではありますが
ご連絡頂きました雰囲気より
とても美しい方だと感じております。

この場を借りて、心より御礼申し上げます。
今からお会い出来ることが
楽しみでなりません。



賛同頂ける方が増えるにつれ
もはや私の想像出来る世界を遥かに超えた
「女神さまたちの宴」になると感じております。


何とも表現が難しいのですが
私の力を超えた大きな力が働いて
この宴を形にしてくれているような
そのような心境なのです。


普段の生活だけでは
決して訪れることのなかったであろう
美しい女神さまたちとの出会い。


それは私自身が
素晴らしい女神さまたちと共鳴出来る
レベルに上がりつつあるということ

本当に嬉しくありがたいことです。



言い出したのは私であり
提供側になる立場なのですが

既に一番恩恵を受けているのは
私なのだと感じております。


なぜなら、ご賛同頂くたびに
お一人、お一人の女神さまから
私は沢山の愛とエネルギーを頂戴しており

私自身、頑張らなくてはという
やる気とパワーが溢れてくるのです。
本当にありがたいことです。


まだ未熟な私ではありますが
少しでも私がParisでの宴で受けた恩恵を
美しい女神さまたちに感じて頂けるよう

私自身、少しでも成長し
素晴らしい宴を開催出来るように
努めて参りたいと思います。



「女神さまたちの宴」

2017年9月16日(土) 12:00~
場所 : 都内のフレンチレストラン


※ドレスコードはハイヒールです。


募集はあと1名さまとなりましたが
ご興味のある方は、以下のアドレスへ
お名前・ご連絡先を記載して
ご連絡頂ければ嬉しく存じます。
camellia.beautywalking@gmail.com

場所の詳細は、確定した女神さまに
お返事と合わせてご連絡させて頂きます。



素敵な女神さまとの奇跡的なご縁に
心からの感謝を込めて
camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
運命に定められた道を進むとき、
なすべきことを愛するとき、
人は内に秘められたすばらしい力を発揮する。
マーシャ・シネター













2017-08-10

「女神さまたちの宴」 ご案内

「女神さまたちの宴」

開催する目的は
ハイヒールとともに日々1人で美しさへ挑戦する
女神さまたちの励みと刺激になる場を提供したい。


美しい仲間・同志がいることを知り
その方々の美しさ、崇高な生き様を
目の当たりにした時

美の相乗効果は生れます。


私は実際にParisで
美しく偉大なエネルギーの恩恵を受け取りました。


私自身が実際に宴から沢山の刺激と勇気
愛と美しいエネルギーを沢山頂きました。


その後の私は自分比ではありながらも
自分でも感じる程、大きく変化致しました。

だからこそ
ぜひ多くの女神さまにも体験してみて欲しい。

この素晴らしい美とエネルギーの饗宴。


微力ながらも恩恵を受けた者として
少しでもあの素晴らしい世界に近いものを
提供することが出来れば本当に嬉しいことです。



2017年9月16日(土) 12:00~
場所 : 都内のフレンチレストラン

予約人数 : 6名

※ドレスコードはハイヒールです。


現在参加人数は4名です。

残り2名は、caméliaを訪れて下さっている
まだ見ぬ女神さまたちから募集出来ればと
思っております。


募集の条件とまではいきませんが
対象となる方は

「ハイヒールを愛し
 ハイヒールとともに美しさへ挑戦している女性」


私自身がまだレッスンを提供しておりませんので
レッスンを受けたことの有り無しは問いません。


Asami先生が開催された前回の宴で
Parisまで行けなかった女神さま

あの時、日程が合わなかった女神さま


これからレッスンを受けたいと
考えていらっしゃる女神さま


ハイヒールとともに
美しい人生を歩みたい女神さま



当日は美味しいお料理とともに
皆さまとハイヒールや美しさについて
お話出来ますことを楽しみにしております。



興味のある方は、以下のアドレスへ
お名前・ご連絡先を記載して
ご連絡頂ければ嬉しく存じます。
camellia.beautywalking@gmail.com

PCの方は左下のContactからも
ご連絡頂けます。


先着順にて2名様よりご連絡頂きました時点で
募集は終了させて頂きます。

場所の詳細は、確定した女神さまに
お返事と合わせてご連絡させて頂きます。


それでは、まだ見ぬ女神さまからのご連絡を
心よりお待ちしております。

camélia Ayako
 
千葉 ハイヒール camélia Ayako
自分自身の直感に従うの。
それが最高の助言者に
なってくれるわ。
ウェールズ公妃ダイアナ

















2017-08-09

私の野望への大きな1歩

私の野望で綴ってから
現在更なる大きな1歩を踏み出しております。


Parisで行われた
「最初で最後の宴」の再現。

別名「女神さまたちの宴」


まだ見習い中であり
レッスンを提供している訳でもない私が
一体どのように進めれば良いのか。

色々と悩み、試行錯誤しながらではありますが
少しずつ形が見えてきました。

今日は大きく2つの報告です。


まずは第一の報告。

私の野望を綴ったすぐ後に
実は敬愛する先輩女神さまのお一人
Petite Étoile の カトリーヌさまから
参加したいとのご連絡を頂きました。


私自身が未だに信じられませんが
とても嬉しく光栄な事です。

正直、私が想像する以上に
素晴らしい宴が開催出来ると確信致しました。




第二の報告。

現在ご賛同頂いております女神さまたちは
史乃さん、TOMOKOさんカトリーヌさん
3名となっております。


取り急ぎ、こちらのメンバーについては
確実に参加頂けるよう予定を調整し
開催日程を決めさせて頂きました。


2017年9月16日(土) 12:00~
場所 : 都内のフレンチレストラン

予約人数 : 6名


現在参加人数は私を含め4名です。
残り2名は改めて募集させて頂ければと
思っております。

詳細は明日のblogにて綴らせて頂きます。



実はこの日程調整の段階で
また1つドラマがありました。

カトリーヌさんは先日めでたく
正式にサロンをオープンされ
土日はレッスンで埋まっていらっしゃる
今や売れっ子Coachです。


レッスンがあり日程調整が困難なため
参加は難しいかもしれないと
暗雲立ち込めておりました。


私自身はお返事頂きましたカトリーヌさんの
プロ意識にとても感銘を受け

何とかならないかと考えておりましたら
とても良いタイミングで
調整出来る日が決まりました。


神さまが後押ししてくださったかのような
この奇跡的な調整とタイミングに
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


カトリーヌさんとはお会いした事はありませんが
本当に素敵で素晴らしい方だと
今からお会いできることが楽しみでなりません。


素晴らしい奇跡と
沢山の女神さまからの愛に
心からの感謝を込めて
 camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
人生は胸おどるものです。
そしてもっともワクワクするのは
人のために生きるときです。
ヘレン・ケラー


















2017-08-08

毎瞬写真に撮られてる気持ち

最近、気持ち少なくなってきた気もしますが
外国から来られている観光客の方々は
まだやはり多いです。


合わせて、意図せずに知らない誰かの
カメラに収まってしまっている事も
多い気がします。


そうでなくても観光関わらず
皆さんカメラを持って
写真を撮られている事が多いです。

無意識の自分が意図せずに
誰かの記録の中に残っているかもしれない。

誰も気にしていないとは思いますが
私個人としては恐ろしいことです。



先日もある宴会で
気づかぬ所で写真として
収まってしまっておりました。


これが普段の私なのでしょうが
ちょっと恥ずかしい瞬間でした。



別で意識して撮って頂いた写真も
意識して撮って頂いたはずなのに
思っていたようなものではなく落胆。


振り返って考えてみた所
そこにはフォトシューティングで学んだ
意識が抜けていました。



いついかなる時も美しく
それは毎瞬写真を撮られている気持ちで

丁寧に心を込めて
私が何者でありたいのかを忘れずに
一瞬一瞬を過ごすこと



実践はなかなか難しいですが
少しずつ無意識の習慣として
落とし込めるようになりたいと
改めて思います。



そして、私事ではありますが
blogを始めて本日の記事が
100回目の記事となりました。

caméliaを訪れて下さる皆さま
本当にありがとうございます。

また明日から気持ちも新たに
精進して参ります。


心からの愛と感謝を込めて
camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
いつも自分を磨いておけ!
あなたは世界を見るための窓なのだ!
ジョージ・バーナード・ショー





















2017-08-07

自分を客観的に見ることの大切さ

昨日は久しぶりのコンサルティングレッスン

「声の哲学」に苦戦中です。


自分を客観視する周りの人は自分の鏡でも
外面的に客観視することは綴ってきました。

自分のことは自分が一番わかっていないこと。
理解していた ” つもり ”でした。


私のrunwayでも綴った通り
日常生活で歩く道は様々

日常生活での行動は、もっと様々
多種多様です。


元々私は大阪のお笑いDNAを持っているので
日常的に楽しいこと、笑えることを
探す思考が身についています。

このため、どんな過酷なお仕事であっても
意外と笑ってこなせる一面がありますが

逆に今、この癖が「声の哲学」
私のカリスマ性を構築する邪魔をしています。



何かあると笑みがこぼれてしまうのです。

予想外のお題が出された時などは
動揺のあまり
笑いとリアクションが大きく出てしまう。


Asami先生のレッスンは
トラップが盛り沢山。

1回耐えたと思って油断した後に
すぐ新たなトラップに引っかかってしまうのです。

毎回本当に鍛えて頂いておりますが
我ながら手強い無意識です。



声は言葉と息をストレートに直球に
相手へ刺すくらいのイメージで
伝えなくてはならないのですが

言葉も息も
意識していないと軽く出てしまう。


いいえ、私は意識しているつもりなのです。

声が軽くなった瞬間に
Asami先生から指摘されて
ようやく気付けるほど
私の無意識が強いのです。


無意識の自分は
自分であるにも関わらず
非常に手強い存在となっています。



あまりに酷いので
レッスン後、自分の声を
録音確認してみました。

自分の ” つもり ” は
やはり、あくまでも ” つもり ”でした。


Asami先生からのご指摘通り。

そして、Asami先生の普段の発声と
私の発声は、もはや全く違うのです。



鼻歌とオペラ歌手レベルの違い
というのでしょうか。

これも腹筋の使い方、コントロール力の
レベルの違いであることまでは理解しました。


どうすれば、鼻歌レベルが
オペラ歌手になれるのか。


それでも今、自分の声を録音し
客観的に聴いてみて良かった。

今の自分のレベルを
正しく知ることが出来たから。



どのような事もそうですが
自分を客観的に見ること

それはまず自分が今どのような状態にあり
どのようなレベルなのかを自ら知る事。


自分の位置を知らなければ
目指す方向、改善すべき目標は
設定することなど出来ません。



自分を知る事

コンサルティングレッスンを始めて
単純に身体や外面だけではなく
様々な自分を見直し、発見する日々です。



このような機会がなければ
知る事の出来なかった私。

このような機会がなければ
なりたい私へ近づくことは
もっと時間がかかっていたでしょう。



更なる理想の私に向けて
自分を知り、自分を改革して
参りたいと思います。

camélia Ayako

 千葉 ハイヒール camélia Ayako
進化するときっていうのは、
カタチはあんまり変わらない。
だけど、見えないところが変わっている。
それがほんとの進化じゃないですかね。
イチロー










2017-08-06

ヒールの高さはプライドの高さ


ヒールの高さはプライドの高さ

ちょこちょこ耳にしますが
一理あると思います。


それが悪いことだとは全く思わない。
むしろ素晴らしいことだと思います。



高いヒールを履くこと
むやみに根拠なくプライドが高い訳じゃない。



高いヒールを履きこなすこと
その裏には、美しく在りたいと思う意思
美しさに対する意識の高さがある。



今より高いヒールを美しく履きこなそうとすること
そこに美しさを求めるならば
相当な努力が必要。



高いヒールを美しく履くこと
それは自分自身との闘い

でも、そこにはローヒールでは見ることの出来ない
美しい世界が広がっている。



今より高いハイヒールを美しく履きこなすこと
それは登山に似ていると思います。


わざわざ山に登らなければならない訳じゃない。

それでも登ろうと思うのは
挑戦した人にしかわからない
素晴らしい世界が
広がっているからだと思います。



自分自身と闘い
挑戦した先に見える
素晴らしい世界


一瞬でも見てしまったら
一瞬でも知ってしまったら

後戻りは出来ない世界


それ程までに魅せられる
素晴らしい世界なのです。



自分の限界に挑戦し
達成した高揚感が加わり
また更なる高みへ挑戦したくなる。



ハイヒールの世界も同じ。

例え1㎝と言っても
この1㎝の大きさ、違いを

理解している方が
どれ程いらっしゃることでしょう。



この1㎝の違いだけで
どれ程までの努力を要し
どれ程までの意識を行うことか

理解している方が
どれ程いらっしゃることでしょう。



ヒールの高さはプライドの高さ
大いに結構


それは芸術品でもある
美しいハイヒールへの敬意の現れ。


まずは憧れ、挑戦し
美しいと思える時が増えると自信が出来て
プライドが出来てくる。

それは履きこなすハイヒールの高さに
ある程度比例すると思います。



ヒールの高さはプライドの高さ



高いヒールを美しく履きこなす女性には
高いプライドに見合う程の美意識と


周りに見えない所での
想像を絶する努力


そして自分自身との闘いがあるのだから


プライドが低い方がおかしいのです。

camélia Ayako



千葉 ハイヒール camélia Ayako
僕は人の質を決定するのは
その人が自分にプライドを
持っているかどうかだと考えている。
他人に見せるプライドではない。
自分自身への誇りである。
連城三紀彦






















2017-08-05

膝の表現

膝の意識でも綴りましたが
普段あまり意識が届き難いパーツ

今まで膝は前脚の軸を作るため
伸ばす意識を重点的に行ってきました。


先日私のCinderella-heelsでのレッスンから
脚を前に出す各ポイントを確認し
身体に入れ込む作業を改めて行っています。


少し進めるようになった時
膝の表現が入りました。


まずは、前脚を出す際には
膝と膝をタッチすること。


そして
膝を内から外に回すように
美しさを意識して脚を出すこと。


私は足の甲が外に向きやすいのですが
その理由がわからず癖も発症しかけ
苦戦していました。


この意識だけで足の甲
隣の脚を感じることで綴った意識が

何とはなく以前よりも
出来るようになった気がしています。


前脚、後脚、一歩、一歩進むたびに
左右の脚はそれぞれ役割を変えます。

その間、膝は曲げて伸ばすを繰り返します。

この曲げて伸ばすリズムが
とても難しいのですが

男性性・女性性のバランスを考えて
表現しながら脚を出すこと。


とても難しいのですが
この表現が出来た時と
出来なかった時の違い。

奇跡が起きてその美しさ
違いを知ってしまうと
目指さずにはいられない世界なのです。


習得するまでには
時間がかかる覚悟ですが

膝の表現はそれ程までに
奥深く、難しい世界であり

エレガントを表現し
美しさの要となるパーツでもあります。

付け焼刃ではなく
じっくり真剣に身体に入れ込み
自分のものにしたい表現スキルです。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
ピンヒールを履いた瞬間
人は“女”になるんです.
セルジュ・エフェス

2017-08-04

自由と自立

働くこと
私は好きです。

自分が行った仕事によって
誰かが喜び、笑顔になること

ただそれだけが嬉しくて

共にお仕事をする誰からも
評価されなかったとしても

クライアントから評価されれば
それで良いのです。


顧客から評価されるお仕事をしていれば
おのずと評価はされるのですが

女性が働くという意味を
シャネルが名言として残していました。


お金が欲しいという欲望から始まって
次に働きたい意欲にかられる。
そして働くことは、お金それ自体よりも
もっと強い興味の対象となってゆく。
お金は結局、独立のシンボルという
意味しか持たなくなる。
ココ・シャネル


シャネルがお金が欲しいと思った理由
それはやりたい事を実現するため。

お金を得るためには働く必要があり
働くことは、地位やお金より
自己実現に繋がることだった。

それこそが自由を手にするという事。


働いて得たお金は
自分の使いたいように
自由に使うことが出来る。

それは自分のやりたいことを
確立できる、独立できるということ。


確かに数十年前まで
女性の人生は階級や関わる男性で
決まっていたようなものだと思います。

今の私たちは自分の好きな物を選び
好きな所へ行き、自分の夢への投資をして
大好きな人達へのプレゼントも出来る。


現代女性は男性並みに働く方も多く
ストレスも多いと思いますが

それでも私は、好きな事を仕事にして
自分で得たお金に対して
何て自由なのだろうと思います。


昔の女性達から考えたら
とても画期的な事ではないでしょうか。

働くことは時に不自由
理不尽な事も起こるけれど
変わりに学びと自由を得ている
自己実現の行為。


昔の女性はもっと不自由
理不尽な事がまかり通っている世界。

洋服のスタイル1つだけでも
不自由さを感じる時代が長く続いています。


私達現代女性はシャネルを始め
先を生きた女性たちの恩恵のもと
今の自由を得ているのだと改めて感じます。


本当の意味で自立できるかは自分次第。

でもそこは
美しいハイヒールが助けてくれます。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
かけがえのない人間となるためには、
いつも他とは違っていなければならない。
ココ・シャネル

2017-08-03

美しい筋トレ

ハイヒールを履いて美しく歩くこと
それは美しい筋トレだと思います。


美しい筋トレと言っても
筋肉という意味だけの筋トレではありません。

美しく在ろうとする意識、マインドの
筋トレでもあると思います。


先日、先輩のお手伝いで
1日立ちっぱなしのお仕事がありました。

もちろん足元は先日お修理から
無事に戻って参りました
プラットフォームタイプ12㎝の
Christian Louboutin


周りの方々には
「そんな靴で」と驚かれましたが

慣れない立ちっぱなしのお仕事であると
わかってはいても

私は何の躊躇も迷いもなく
このハイヒールを選びました。


このハイヒールを履いた姿で
私が私らしく私として完成するのだから。


慣れないお仕事のお手伝い
しっかりこなすために

私は私らしくお仕事に取り組める姿を
選んだだけなのです。


お仕事内容は展示会のお手伝い。

だから尚更のこと
会社の顔として
美しく在るべきだと思ったのです。


お客さまを待っている間はまさに筋トレ。

お客さまが来られた時の対応には
今までの学んだ表現をなるべく活用し
ある意味練習させて頂きました。


お世話になっている取引先の方にも
説明している姿を目撃されており

「あのようなお仕事でもピンヒールなのか」と
驚きとともに、後日お声掛け頂きました。


ハイヒールに関して
お声をかけて頂く時は

私は必ず「美しい筋トレです。」
とお返事しています。


本来ハイヒールは普段の生活の中で
実用的に作られた靴ではありません。

必ず履かなくてはならないもの
ではありませんが

履くと背筋が伸びるような気持ちになるのです。
そして、その状態が心地良いのです。


お天気や周りの環境、心の状態で
筋肉への意識が緩んでしまう事はありますが
そんな時もあって良い。

全てを完璧にこなそうとすればするほど
辛くて余計に続かない。
そんな時は無理せず休んでも構わない。


毎日の中で繊細に自分の状態を確認し
自分の求めているもの、変化に気付き
間違っている部分は反省しながら
少しずつ修正する。

その過程に自分の成長が
あるのだと思います。


出来ない自分
出来なかった自分に失望して
自分を責めないこと。

出来なかった自分をも認めて
そこからまた諦めず続けること

それが一番大切なことだと思います。


私たちは必ず毎日歩きます。

ハイヒールを履いて
美しく歩く意識を行うこと。

それは毎日美しく続けられる
心身の筋トレなのです。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
満足しない事は、スキルを上げる一番のテクニックだ。
ウェイン・グレツキー
















2017-08-02

冷えている身体

外は猛暑

暑さのあまり冷房や
冷たい食べ物、飲み物に偏りがちです。

私は元々身体は冷たい方なのですが
汗はかくので薄着にもなりがちです。


先日、緊急対応が立て続けにあり
ここ数ヶ月は、ランチも取り損ねる日々が
ずっと続いていたため

あまりに調子が悪く
室内で冬装備でした。


毎日開いてコツコツ綴っていたblogも
緊急対応の余波で数日何も出来ぬまま

書き溜めていた記事を
見返さぬままUPするという

私にとっては非常事態レベルの
キャパオーバーでした。


まさに走り続けて休まぬ状態。


この猛暑の中、エコ対応な室内の中
とても変な感じですが、お腹にカイロと

久方ぶりのランチではなく
お昼寝で復活しました。


お腹に貼ったカイロは
とても暖かく心地よい状態で

15分程ですが少し眠れたことで
おかげさまで倒れることなく今に至ります。


自分の身体が思いの外
冷えていたことと
寝不足であったこと
身体が硬くなっていたことに気付きました。


浮腫みも冷えなどからきますが
やはり女性の身体は
冷やしてはいけないのだと
改めて感じます。


身体が冷えているから
外気温との差が余計に辛く、だるくなり

暑さも重なって寝不足になると
更に疲れが取れにくい。


冷えているものは
大概固いものです。

身体も筋肉も
冷えていては硬くなって
仕方がないと思います。

実際ストレッチも
最近しっかり出来ておりませんでした。


冷えている身体
気付かないままだと
この時期どんどん冷やしてしまう。

冷えた身体
どんどん固くなり
全ての体内の巡り・流れが悪くなる。


身体を温めて緩めること
このような時期だからこそ
気をつけなくてはならないと
心から感じます。

今気付けて本当に良かったと思います。

camélia Ayako
 
千葉 ハイヒール camélia Ayako
身体を緩めることは、本来持っている能力を発揮させるばかりではなく
新たな能力を開花させる可能性も秘めています。
高岡英夫














2017-08-01

ASAMI-PARISの芸術作品として

コンサルティングレッスンを始めて
もうすぐ2ヶ月

blogを始めて丁度3ヶ月経ちます。

改めてcaméliaを訪れて下さっている皆さま
ありがとうございます。


今改めてcaméliaのAyakoとして
どのような方向を目指すのか
考えています。


私はHigh-heels Coachではなく
High heels artistを目指しています。

これは私の初心
全く変えるつもりはありません。


コンサルティングレッスンは
かけがえのない自分への投資でも
綴ったとおり


私は私のために
私の未来のために
レッスンを決めました。


サロンの本格的なオープンは
実は正直、現時点では全く考えていません。

本格的にサロンをオープンする時は
現在のお仕事を辞める時です。



Asami先生という1人の美しい女性の
人生、魂の込もった「ハイヒールの哲学」

まだ継承などというレベルではありません。

それでも
この素晴らしいエネルギーを
沢山の女神さまたちに伝えたい。

しかし
片手間で進めたいとは思わないのです。
片手間で進められるとも思わないのです。


やるのであれば
Asami先生への敬意とともに
本当に本気で全力で取り組みたい。


そのため現時点では
レッスンをお受けしたとしても
とても限定的になってしまうと思います。

しかしその分、お受けした女神さまへの
私のエネルギーの注ぎ方は
それ相当なものになると思います。



私の思うCoachとArtsitの違い。

Coachは技術を教える指導者
Artistは職人


私は生きる芸術品を磨く職人
なりたいのです。

単純な技術指導を目指している訳では
ないのです。

caméliaに来て頂く女神さまに対しては
それぞれの女神さまが持つ
輝く個性、美しさを更に磨く
お手伝いがしたいのです。


それは美しいハイヒールを
美しく履いて、美しく歩くことで叶います。

しかし、途中で挫折したり
諦めたりはして欲しくないのです。




私たちは人間です。
完璧ではありません。

私たちはロボットではありません。
心があるから美しさを感じるのです。


完璧ではないからこそ
その人にしかない美しさが輝き

心があるからこそ
美しいもの、美しくあろうとするものを
美しいと感じられるのです。



私以上に技術指導出来る
素晴らしいCoachは沢山いらっしゃいます。

それでもあえて
caméliaのAyakoを選んで頂く価値


あなたが私にとって
美しく磨くべき生きる芸術作品になるということ。


それは技術的なものだけではなく

あなたの絶対的味方であり
絶対的応援者であり

あなたと共に決して諦めず
美しさを目指すということ。


私の言う職人は
共に歩み進む同志という意味が
強いのかもしれません。


CoachではなくArtistなのだと
頑なに変えないcaméliaをあえて選び
訪れられた女神さまには

私、職人として
美しさを目指す同志として
全力で取り組まさせて頂きます。


このためcaméliaを訪れる女神さまには
自らが美しい芸術作品になるのだという
意識と覚悟を持って頂く必要があります。

そのため、私の美しさに対する価値観に
共鳴頂く必要もあります。

私の思う美しさと合わなければ
訪れて頂くことは全くの無意味。
時間とお金の無駄だからです。



私自身、身体にハンデを持ったマイナスから
「ハイヒールの哲学」の扉を開きました。

そのような私も
ASAMI-PARISの芸術作品の1つ。


CoachでありDoctorでありArtistであり
かつ素晴らしい「ハイヒールの哲学」を
世に送り出されたAsami先生に
心からの感謝と敬意を込めて

私もASAMI-PARISの芸術作品として
恥ずかしくないよう自らを磨き

caméliaを訪れる女神さまを
美しく磨くコツ、ポイントを
自らの身体、経験を通しても掴み
学んで参りたいと思います。

camélia Ayako


千葉 ハイヒール camélia Ayako
パーフェクトでないこと。
それが人間であることの証しであり
同時にその人固有の魅力にもつながること
叶恭子