2018-09-30

真の高みを目指すために

0.5×0.5はいくつだ。


2.5です!


バカ者っ!!
小数点の位置が違うっ!!



今よりもっともっと未熟者だった頃
当時の社長とこんなやり取りがありました。


別件でアドバイスを頂きにいき
お話をしている最中にいきなり問われて

自信満々に2.5です!
と答えたのは紛れもなくお馬鹿さんな私です。




お世話になった社長からの教え


0.5×0.5=0.25


半人前同士で頑張って仕事をしても
1の仕事は出来ない。



1×1=1

1人前同士で
初めて1の仕事が出来る。



だから半人前は1人前と仕事をさせて
少しでも1に近づける仕事を学ばせるのだと。




これは個人の中でも言える事

0.9は掛ければ掛けるほど0に近づき
1.1は掛ければ掛けるほど増えていく。


継続は力なりの数値化です。



しかし、やっているつもりでも
1以下の手抜きの継続を続けるならば

やらぬ方がマシだという数値化だと
今の私には耳にも心にも痛い数値化です。



でもそれが真実だからこそ
耳にも心にも痛いほど響いているのです。




1以上を継続し続ける事は
本当に難しい事です。

続ける事だけでも難しい事もある中で
ただ続ければ良いという訳ではないのです。




もう1つ
続けるために大切だと思う事


照れない事



時にプライドが邪魔をして
やらずに終わってしまう事もある。

慣れない自分を表現する事
慣れない背伸びをして失態を晒してしまう不安

慣れない表現が気恥ずかしく
周りと違う照れから歩みを控えてしまう事。



それが継続を止めてしまう
大きな罠だったりもする。




全て私自身が経験しました。

新しい環境では
ハイブランドのハイヒールは場違いだった。


周りには生活感のある主婦層が増え
1人違うと気恥ずかしかった。



小さな照れが控えめな継続に繋がって
私に1以下の継続を続けさせた。

結果は皆さまご存知の通り
1以下の惨敗さ。


それでもレッスン復帰から
光が広がり始めています。




高みを目指すために
継続は力なり。

真の高みを目指すなら
1以上の継続を照れずに行う事。



これからの私の課題です。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
いわゆる十分に力を出す者に限って、おのれに十二分の力があり、
十二分の力を出した者がおのれに十五分の力あることがわかってくる。
新渡戸稲造














2018-09-29

命を燃やす

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

こちらにも遊びに訪れて頂けると
嬉しく存じます。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako





今日はAsami先生のレッスン予定でした。

しかし投薬治療の副作用が治らず
泣く泣くお休みする事に。


今の私には理解出来ない
私に必要な事だと言い聞かせ

デトックス期間なのだと
治るように試みています。



僅かながらソワレ前のAsami先生へ
準備時間に当てて頂ければ嬉しいなと思います。




なかなか上手く出来ない事も
思い通りにならない事も沢山あります。




それでも美しいエネルギーが通る感覚

一瞬でも美しい奇跡が現れる事


それが嬉しくて楽しくて
ハイヒールを美しく履こうと挑戦する事

自分と向き合う事はやめられない。




どんな状態であっても
真摯に自分と向き合うまさにこの瞬間

私の魂、私の命が燃え
美しく輝いていると感じます。





正直、もう辞めてしまおうかと
投げやりになってしまったり

私には場違いな世界なのだと
自分を卑下してしまったり

私には無理だと
諦めかけてしまったり



そんな葛藤と闘いながらレッスンを受けて

Asami先生のレッスンを受けられる
このチャンスを得た我が身の奇跡に

レッスンを受けられるようになった我が身に
本当に感謝する私がいる。





素晴らしき美しい師と

素晴らしき美しい同志と呼べる
女神さまたちとのご縁に恵まれながら


一時の私は
自分の弱さばかりが目について仕方なかった。




私はどこまで自分に与えられた
多大な幸せに気付かない贅沢者だった事でしょう。


でも弱さと甘えた自分に気付いたから
自分の持つ沢山の幸せにも気付けました。

副作用が現れて
日々の何気ない当たり前に改めて感謝した。





出来ない事はまだまだ沢山ある。

でもだからこそ、挑戦する価値がある。




私自身はとても弱い人間ですが
私の意志は折れそうでまだ折れてはいません。





私の命は全力で病と闘い
今も小さいながら美しく生命を燃やしています。






愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
いかに弱き人といえども、
その全力を単一の目的に集中すれば必ずその事を成し得べし。
春日潜庵














2018-09-28

自ら学び続ける習慣

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

あなたの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako




読書の秋と言いますが
私も今、新しい本を読んでいます。

本の中の世界は様々で
知らない世界が沢山広がっています。




blogを綴り始めてから
様々な記事や本を読むようになりました。


稚拙な表現を少しでも改善したくて
美しい語彙を増やしたくて

美しい言葉、表現、言い回しを探して
手当たり次第、気になるものは目を通してみる。




最初は何から読めば良いのか
わからなかった。



まずはAsami先生や
teamの敬愛する女神さまたちのblog


そこから何となく
興味惹かれたものを

ただ闇雲にではありますが
手当たりしだいに読み漁っていた。




まだ難しい記事や難しい本は
目を通すレベルではありますが

暇さえあれば私は何かを読みながら
ハイヒールの哲学に絡めて気付きを得ながら
少しずつ学んでいます。




正しく美しい歩き方
人体学、オーラの纏い方、声の哲学

外面・内面ともに美しく在るためのヒント
それだけではない大切な事


私は自ら学び続け、気付きを探す習慣を
身につけたのだと感じています。




人は学習しても忘れる生き物です。

でも自ら学び得たものは
続ける事で深い知識になっていく。



学生の時より偏りはありますが
今一番学んでいると思う。

全く何にもならない知識もありますが
自発的に学びを得ようとする事

それが私には楽しいようです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
教育とは、学習したことを忘れたときに
残っているもののことだ。
バラス・スキナー













2018-09-27

気をつけと正しい姿勢

学校の授業前後に毎回実施していた号令

起立 気をつけ 礼 着席


ふと気をつけとは何だったのかと思い
調べてみました。


「気をつけ」の姿勢をとるには以下のように身体を動かす。  
1.両足の踵をつける
2.つま先を少し開く
3.両膝をつけて伸ばす
4.腰を伸ばす
5.胸を張る
6.あごを引く
7.口を閉じる
8.真っ直ぐ前を見る
9.肘を伸ばす
10.手の指を揃え腿の外側につける 
軍人は自分より階級が上の将官・士官の前では
基本的に気をつけの姿勢をとる。
「気をつけ」の姿勢をとった場合、
基本的には上官からの「休め」、「進め」など
別の号令が出るまで、あるいは「楽にしたまえ」
といった口頭での指示が出るまで
姿勢を変えたり、ゆらゆらと動いてはならない。
また、私語を喋ってはならない。


直立不動の姿勢を命ずる号令

学生時代、授業前後に
ずっと実施してきたはずなのですが

本来の意味である直立不動の”気をつけ”を
行ってきのたかと言えば答えは否です。



語源は何からきているのかわかりませんが
次の命令まで気をつけて待て
そんな意味があるのでしょうか。




せっかく調べたので1人”気をつけ”を
真面目にやってみました。


なかなか時間が経てば経つ程に
腹筋に力を入れていないと直立不動は困難で

ハイヒールで美しく歩く際に必要な筋肉と軸を
総動員で保てるような状態でした。




こうやって防衛関係の方々やスポーツマンは
心身を鍛えているのだなと感じながら

”気をつけ”状態を長く保つ事は
体幹を鍛える姿勢のような気がしました。


面白い事に
直立不動でいようと思えば思うほど

筋肉をしっかり使った正しいと思われる
姿勢である事が一番楽だったのです。




ハイヒールでの直立不動は
踵が上がる分もっと体幹が鍛えられる。

その状態で歩く事は
相当な意識と筋肉を使います。



でもだからこそ美しい姿勢
正しい姿勢を手に入れる事が出来る。


姿勢が崩れてしまった後や
姿勢に癖が出てしまった状態では

正しい姿勢に修正しようとすると
想像以上の時間と忍耐が必要です。



しかし正しい姿勢を再び手に入れれば
その状態の在り方は

とても美しく、とても楽なのだという事。



本来在るべき楽な姿勢
それは正しい姿勢であり

正しい姿勢という事
それは美しい姿勢という事



私は唯一無二の私のために
正しく美しい姿勢を手に入れたい。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
子供を不幸にする一番確実な方法は、
いつでも、なんでも手に入れられるようにしてやる事である。
ルソー
















2018-09-26

1ページの傑作が生まれるまでに



先日、ある記事を読んでいて
心に響いた言葉。



1ページの傑作が生まれるまでに
99ページの駄作がある



何だかハイヒールの世界の
私のようだなと感じてしまいました。



blogでもそうですが
慣れないながらも発信し続け

傑作と思える記事は
あるのかないのか。。


今はまだ
私の拙い成長記録のような状態なので

ラーメン屋さんの渾身の一杯のような
そんな全力を込めても駄作という事もあります。




何を持って傑作、駄作というのか
定義する事は難しいですが

とりあえず今の所は
アクセス数が目安なのかと感じています。



どれも私なりの渾身の力作。

それでも皆さまの目を引いた
心に留まった記事を見てみると

エネルギーがあった時の方が
遥かに伝わっている。



時に心を込めて綴ったけれど
響かなかった記事もあります。

それはきっと私の伝え方不足。



逆に軽く綴った事が
思いもかけない反響があった事もあります。

ある意味、私のエネルギーバロメータ。





ハイヒールを履いて歩く時も
奇跡の一瞬がある。

それは何回も何回も挑戦して
やっと一瞬現れる奇跡。



でも奇跡なんかで
終わらせたくはないのです。

その奇跡が普通の日常に
私は成りたいのです。




まさに1ページの傑作が生まれるまでに
99ページの駄作がある



残念ながら
まだ駄作ばかりの私のハイヒール人生。

それでも心を込め続けていれば
伝わるものがきっとある。




いつ出来るかわからない
1ページの傑作が出来るまで


気付いていたら出来ていた。

そんな風に思えるように



心を込めて
頑張って続けて参ります。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
貴方の心からくるものは、人の心を動かす。
ドン・シベット













2018-09-25

私の角度

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

あなたの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako





前脚を作る際の1つ目のポジション

足を入れるハイヒールの高さ
デザインタイプによって

1つ目のポジションは
僅かではありますが変わります。



その時足を入れたハイヒールで
ハイヒールも自分の脚もが
一番美しく見えるポジションを。




1つ目のポジションから
前脚を真っ直ぐ出していきますが

前脚になるまでには
2つ目、3つ目とポジションがあります。


その際、脚の重みで
膝が下がってきてしまいがちです。




膝の高さは
1つ目のポジションを決めたら動かさない。

そのくらいの気持ちで丁度良い。



美しく見える膝の角度もあります。

ハイヒールを選ぶ時に
足のサイズやヒールの高さは勿論のこと

自分の角度が決まるかどうか
美しく魅えるかどうか

それもハイヒールを選ぶ
1つの目安になるかもしれません。



自分が美しく魅える角度を知ること
知っていると知らないでは大違い。


美しさを決めるのは
ほんの僅かな小さな積み重ね

私はそう思います。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako
大阪 ハイヒール camélia Ayako
一番難しいのは行動しようと腹をくくること。
あとはただ粘り強さの問題だ。
アメリア・イアハート






















2018-09-24

苦難に屈しない精神


苦難に屈しない精神

それは ”根性” と言う言葉を
調べると出てきます。



苦難に屈しない精神とは

長期的な目標に対する情熱と粘り強さであり
スタミナがあり、将来のビジョンをしっかり見据えて、

1週間や1ヵ月でなく何年間も
毎日、毎日努力することなのだそうです。




今の私は長期的な目標があるのか

現在の私には
目標はあるようでないような状態です。




ただ、ハイヒールの世界に対しては
美しく歩きたい情熱と粘り強さは持っていて

ストレッチやエクササイズ、blogも出来る範囲で
毎日地道に続けています。




続けること。

それが今の私にとっての
大きな目標かもしれません。

その先に辿り着ける場所が
私にはまだ見えていない目標。



本当は目標を決めた方が
到着する速度は早くなる。

でも自分が納得する美しさが目標ならば
寄り道して得た経験も無駄じゃない。




きっと本気で努力しようと思えば
もっと出来るはずだと感じている。

でも、今の私にとっては
この状態が何とかマイペースを保てる状態なので
無理はしようと思っていません。




ペースを崩す事

無理にペースを乱して
全ての体勢を崩してしまっては

ハイヒールで美しく歩く事同様に
立て直す事が非常に難しい。





歩みが遅くて辛くもどかしい事もある。

周りが輝いて見えて
自己嫌悪に陥る事もある。


でもそれも苦難に屈しない
精神を鍛えるために必要な経験。





苦難に屈しない精神を鍛える事

その努力は小さくても
続けていれば必ず美しさと魅力を作る。



私はそう信じて毎日小さな一歩を
マイペースに進んでいます。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
とにかく仕事場に行きなさい。行きなさい。行きなさい。
そうすれば暫くすると芸術の女神も現れます。
イザベル・アジェンデ























2018-09-23

額もPUSH

過去のblogの頭の位置というタイトルで
綴った事はあるのですが

頭をPUSHする事
顎を引く事に対する

誤った状態の認識が
多くの方々にあるように感じます。




私も漏れなく誤っていた1人です。

顎を引くだけなので
超が付く程の上目使いになっていました。


周りでも頭が前に出ている方が
本当に沢山いらっしゃいます。




パソコンやスマートフォンの影響で
無意識に前に出ていく頭。

もちろん私も人事ではなく
意識しなければその1人。




周りの方に頭をPUSHすると言うと
顎を引く方が多いのですが

頭が出た状態顎だけを引くと
額はより一層前に出てきてしまい

重心が崩れ
バランスをとる事は出来ません。


猫背街道まっしぐらです。




しかし、現代人は顎を引くと下を向く
という状態に近づいてしまう気がします。


昔の方々は筋肉もしっかりあり
元々姿勢が良い生活習慣だった事

パソコンなどが無かった事もあり
”顎を引く”という言葉で

恐らく正しい姿勢が出来ていたのでは無いかと
私なりに考察しております。




頭をPUSH

あまりにPUSHすると
背中が反ってしまうので

私は時に顎を引いて額をPUSHと
置き換えて意識しています。



どうしても難しい時は
顎を引いて額PUSHの状態から

耳の穴を肩先のラインまで持っていく程に
PUSH、PUSH、PUSH

そんなイメージで
グッとPUSHするようにしています。



そうすると首を伸ばして肩甲骨を寄せないと
PUSH出来ないのです。

身体は本当に上手く出来ていて
面白いものです。




背中と腹筋を崩さず
頭を正しいポジションに整え続ける事

本当に難しい事です。




でも出来ていない状況に甘んじていては
決して出来る時など来ない。

無情にも退化の一途を
辿るだけなのです。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
歴史を学ぶと、我々が歴史から学んでいないことが分かる。
ヘーゲル















2018-09-22

男性も恋する男性性

男性性、女性性

それは男女が共に
誰もが持っている性。



男性らしさ、女性らしさ

それは一言では言い表せず
時と場合によって複雑に変わるもので
定義があるようで曖昧なもの。



そんな中、興味深い文章を
拝読しました。

ちょっと記憶定かではありませんが
こんな感じの事が綴られていました。




男性もグラグラする

その時、自立した男性性を持つ女性に
男性の中の女性性は恋をする



なるほどと
納得してしまいました。





男性もずっと強い訳じゃない。


男性も人間

ハイヒールを履かなくても
心がグラグラする事もある。



そんな時に軸を持って
強くしなやかに生きる女性の男性性が

どれ程眩しく美しく輝いて
素敵に見える事でしょう。


同性であっても
きっと素敵に見えるはず。




自立した女性と言われますが
ある意味それは

男性性がしっかりあるバランスの取れた女性
という事なのかもしれません。




私は男性性より女性性の表現の方が
どちらかと言えば得意なのですが


男性の中の女性性に
恋をされるような男性性を持つ女性

なってみたいものです。




それはきっと性別関係なく
沢山の人を魅了する

人間的に魅力ある人だと思うから。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
心に性別はない




















2018-09-21

外側の女性たち

先日、前を並んで歩いていた
3人の若い女性たちが

皆さんそっくりの歩き方で
そっくりに外側でした。


何が外側なのかと言うと
靴の踵の減り方と顎のポジション。




きっと3人はいつも仲良く
一緒に行動されているのでしょう。

歩幅も、腕の振り方も
ファッションもそっくり。



顎の上がり方は
身長差があるので3人三様

皆さん5㎝程度のヒールを履いて
踵の減り方が見事に外側。



とっても素敵な3人組だったので
似てくるものだなと思いつつ

もう少し歩幅を狭めてゆっくり歩けば
もっと素敵だろうなと感じました。




踵の減りに合わせて
着地の際にグラグラ カクカクする足元

これがきっと
ハイヒールに対する不安定なイメージに
繋がっているのだろうと感じました。




踵のメンテナンスが出来ていれば
もう少し安定して見えたと思うのですが

私自身も人事ではありません。
人の振り見て我が振り直せ。



最近あまり出来ていなかった
自分の踵もメンテナンスしなくてはと
見直す機会となりました。



見た目も踵も外側だけでなく
内面と内側の軸をしっかりと

バランスの取れた女性に
なっていければと思います。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako
大阪 ハイヒール camélia Ayako
君がもし考えることをせぬ人間であるとすれば
いったい君はなんのために人間であるのか。
コールリッジ






















2018-09-20

はらはら

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

こちらにも遊びに訪れて頂けると
嬉しく存じます。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako




"はらはら"

皆さまはこの言葉から
どのような様子を想像されるでしょうか。




先日、通勤途中の並木道で
美しい落ち葉が"はらはら"と落ちてきました。


その様は、とても優雅で美しく
そっと地面に舞い落ちました。


一瞬の事ですが穏やかな気持ちになり
秋だなぁと心がほっこり致しました。




そして翌日、歯の食い縛りによるものか
顎周りがとても痛くなりました。

今までどれ程の食い縛りを
私は続けてきた事でしょう。




私はいつも"ハラハラ"しながら
レッスンのお休み期間の遅れを取り戻そうと

焦り、余裕無く、腹筋にひたすら鞭打って
必死に歯を食い縛り歩いてきました。




弱い腹筋を引き上げるために
呼吸を忘れてしまう事もあります。

呼吸する事で
腹筋が落ちてしまう。

それ程までに私の腹筋は弱いのです。




腹筋が落ちぬよう"ハラハラ"しながら
ドキドキしながら一生懸命に歩いていました。

そして一生懸命な私は
元々呼吸を忘れがちな癖があるので

もうガチガチのロボットのような
違和感のある動きだったと推察されます。




落ち葉のような優雅さや余裕はなく
男性性の練習と言い訳しながら

優雅さではなく懸命さが溢れ漏れる
周りを"ハラハラ"させる

そのような歩き方だったのではないかと
反省致しました。




呼吸を忘れぬよう
歯を喰いしばらぬように

微笑むように心掛け
落ち葉のように優雅に歩こうと試みた所


自分でもよくわからない
説明の出来ない美しいエネルギーを
少し纏えた気がしました。




私は優雅さを表現する柔らかさ、ゆとり
ちょっとした遊び心を見失っていました。

自然は秋という新たなシーズンを
じわじわと優雅に美しく魅せ始めた。



私も私の新たなステージを
じわじわと優雅に魅せていければと

"はらはら"舞い落ちる落ち葉から
優雅な美しさの在り方を学ばせて頂きました。




 美しくない物事も多いですが

見方次第で
世界は美しいものと小さな愛で溢れている。


私の一歩一歩にも
優雅さと愛を込めて参りたいと思います。






愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
音楽家は音のハーモニーを奏でる。
料理人は食材のハーモニーを奏でる。
両者の本質は同じです。
流音弥

















2018-09-19

人生は平等ではないが不公平でもない


人生は決して平等ではない。

ずっとどこか心の片隅で
自分の人生を卑屈に思っている私がいました。

でも最近は平等に見えなくて良いのだと
感じてきました。



それは皆それぞれ役割があって
それぞれ使命が違うからこそ

それぞれに与えられた環境
人生の試練があるのだと思います。




もちろん平等な事もあって
同じ生命を与えられている事は平等

身体は平等に与えられても
パーツそれぞれの形や大きさ状態は皆異なります。



与えられた身体や環境
状況も条件も公平じゃない。

でもだからこそ、それぞれ考え挑戦し
成長する機会が沢山ある。




私は歩く事が難しい脚だった。
でも私は歩く事が出来る脚を得た。

今でも筋力は弱く、すぐ疲れるし
激しい運動、筋トレも出来る身体じゃい。



平等に与えられているようで
公平ではないと感じていた。

ずっと不公平だと思っていた。




それでも今では生まれつき歩ける脚と
しっかりした筋力を持っていた方より

私は気持ちばかりでも
美しく歩く事が出来るスキルを得た。





今なら私は
これまでの自分の世界の周りの方々の中で

卑屈になんてなる事はなく
自信を持ってみんなと並ぶ事が出来る。


それも美しさと自分らしさを表現するという
素晴らしいおまけ付きで。

ただそれだけの事だけど
私の心にとっては、とても大きな事なのです。




スタートラインは平等でなくても
人生は不公平じゃない。


美しく歩くために必要な努力をする事は
平等に与えられている。





指をくわえて
周りを羨ましがってるだけなのか


卑屈に暗い世界に
閉じこもっているのか


成りたい誰かの真似やメディアに踊らされて
自分を見失ってしまうのか



最終的には自分が何を考え、何を選択し
どう成りたいか、どう在りたいか。




まだまだ未熟者ではありますが
少し大人になって思う事。




人生は平等ではない。

でも、不公平なんて事もない。


誰もが自分に与えられた課題
自分の人生と向き合い闘っている。




その中で、どれだけ自分の求める
自分らしい時間を過ごす事が出来るか

諦めたり卑屈になったりせず
挑戦し突き詰めていくのか


自分らしさを求め挑戦し続ける事は
大小あっても平等に与えられている。




不公平な結果もあるかもしれない。

納得いかない事だってきっとある。



それは時に個人の求める意識の高さから
そう見える事もあって

長い目で見れば、どれだけ自分らしく
充実した人生を過ごせているのか。



本人にしかわからないけれど
案外、不公平な結果ではないと思うのです。




正直、多々ある価値観の中
本当の所はわかりません。

ただ私はそう思えるように
生きたいと思うのです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
だれかを崇拝しすぎると、
ほんとうの自由は、得られないんだよ。
トーベ・ヤンソン
















2018-09-18

軸から外れない

前脚を前に出すまでには
軸脚の母指球に全体重を乗せて

腹筋までの縦一本軸を作り
足首と膝を返して前脚を作っていく。



その時、軸足に前脚の膝をタッチさせますが
膝下も隙間が出来ないように

なるべく隣の脚を感じながら
前脚を滑らせ真っ直ぐ前に出していく。




膝タッチもですが
隣の脚を感じながら軸足に沿って

軸脚の外になるべく体重や
足の重みによる遠心力がかからないように

丁寧に前に出す。




そもそも体重が外に流れ
遠心力がかかると

外側の筋肉が発達し
これがO脚の原因と言われています。



O脚の回避だけではなく
ほんの僅かな隙間の見え方だけで

美しく見える様、エレガントさ
セクシーさは格段に変わります。


更に母指球、軸足付近に体重が有り続けると
バランスも取りやすく安定するように感じます。




体重が外側に流れるとは
重心が母指球から外れるという事。


脚をコンパスとしてイメージした時に
母指球軸脚が中心とするならば

前脚となる円周半径
すなわち歩幅が広くなればなる程

遠心力はかかりやすく
バランスを取る事も難しい。




それは腕の振りも同じ。

作った上半身を保ちながら
歩幅を広げて歩こうとしても

つま先から着地することも
軸を持って歩く事も出来ない。




腕を降らせない力を
軸に集中させる。

それだけでも身体への負荷
見え方も変わってくるのです。



腕を振り、大股で歩く
そんな勢いで歩く事など言語道断

上半身は勢いのあまり揺れ動き
美しさなどからはかけ離れた状態となってしまう。




母指球という軸から外れないよう
軸脚の外に大きく体重・足が離れていかないように

極端に言えば
軸足に絡みつくように沿わせて前脚を出す。

それくらいのイメージ意識でも
バランスが取れない時もある。




軸から外れない心がけは
O脚の改善に加えて

美しいエレガンスなオーラが纏える
一石二鳥とも言える意識かもしれません。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
流行は変わるけど、
スタイルは継続する
ココ・シャネル




















2018-09-17

自分のコントローラを持つのは自分

生きていれば
様々な出来事が訪れます。



それは時に自分を見つめ直し
反省する事もあれば

気付きを得て分析し
改善しようと取り組む事もある。


上手く行かなくて自暴自棄になって
諦めてしまいそうな時もあり

上手く行ったと有頂天になって
調子に乗ってしまう時だってある。




どんな時も
その時、自分でどのような感情を選び

どのような感情に、どのような自分に
コントロールするのか。


どのような判断をして
どのような状態を選び

どのような事に気付いて
修正していくのか。




見て見ぬ振りをするのか

泣き寝入りするのか

立ち向かっていくのか


選ぶのは自分。




エレガンスという言葉の語源は
ラテン語の ”elire” からきているそう。

”elire” は
選ぶという意味なのだそうです。




エレガントな女性とは
自分で自分をコントロールし

自分の感情、人生を自らの意志で
選択していく事の出来る女性



だからこそ傍観者、他力本願では
エレガントな女性には決してなれない。

だからこそ選ぶという意味が
含まれているのかと改めて感じています。




自分のコントローラを持つのは
他の誰でもなく自分自身。


わかっているようで
時に周りの誰かに取り上げられ

振り回されている
自分のコントローラ



あなたは自分のコントローラを
他人が持ってコントロールする事を
どこまで許しますか。


私はどんなに上手くコントロール出来なくても
出来る限り自分で持っていたいと思う。



私はエレガントな女性になりたいと思うから。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
世の中には幸も不幸もない。
ただ、考え方でどうにもなるのだ。
シェークスピア






















2018-09-16

慣れた意識からの脱出作戦

弱い腹筋に意識を入れるために
私なりに日々挑戦しています。

どうしても上半身が重く
じわじわと反り腰になってしまいます。


弱いとわかった左側の軸を確立しようとすると
上半身の立て直しから意識しなければ
なかなかピタッと決められない身体。



反り腰

それは私の癖ではあるのですが
慣れたポジションとなっているからこそ

元に戻ろうとする無意識が
ちゃんと働いているからこそ

どうしても今までのような意識の仕方では
頑なに思い通りにならない身体。




だから私なりに慣れた意識の仕方を
変えようと試みています。



そもそも何故、腰が反るのか

反らずに猫背にもならない
身体の意識を入れるために

色々なパーツから意識の方法を考え
試みています。




まずは背中の意識

私は今
肋骨に焦点を当てています。



腹筋のない状態でデコルテをただ単純に開くと
反り腰になり、僅かに肋骨の下骨が前に出ます。

だから、肋骨が地面と垂直に筒状になるように
胸より肋骨が前に出ないように意識する。


そうすると腹筋に力が入り背中が安定し
腰への負担が少し和らぎます。

腹筋とともにインナーマッスルで上に引き上げる力が
少し入るような気がしています。




その状態から上半身を気持ち前に傾け
腹筋で支える。

バランスを正しく取るために
顎を引いて頭を額からグッとPUSH



この時の腹筋と上半身の意識は
あくまでもイメージですが

マイケル・ジャクソンで有名な
スムーズ・クリミナルでのダンスの1幕に

斜め45度に傾くゼロ・グラビディという
パフォーマンスがあります。


あの上半身の意識


45度までは傾く必要もなく
もちろん傾く事など出来ませんが

弱い腹筋を持つ者にとっては
それくらいの気持ちで丁度良い。




今の私には今までと同じ意識の仕方では
全然足りない事がわかっている。

環境も変わり、身体の状態も変わる中
意識だけがアップロードされぬまま。



慣れという意識のぬるま湯から
元の、それ以上の私を目指して

慣れた弱い意識からの
脱出作戦を開始しています。



失敗しても良い。

例え失敗しても、今のままより確実に
私は私のベストな方法に近づいている。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
うしろをふり向く必要はない。 
あなたの前には、いくらでも道があるのだから
魯迅
















2018-09-15

プチ温活

一人暮らしでなければ
おそらくどこのお家にもあると思う

適温問題。



我が家も各々の適温が違うので
苦戦しています。


部屋ではエアコン無し生活から
エアコンフル稼働の生活へ。

しかも贅沢な悩みですが
私には寒いくらいなのです。



慣れると快適ですが
気付かぬうちに身体が強張っており

季節の変わり目とともに
身体は怠く辛い状態です。



色々調べてみた結果

最近こんにゃく湿布なるものを
始めてみました。



効果の程はまだわかりませんが
茹でたこんにゃくをタオルに巻いて
身体の上に置くだけ。

エアコンの中でもじんわり温かく
優しい暖かさが身体を包んでくれます。



若干こんにゃくの匂いがありますが
数回は使えるようなので

食べ物を粗末にと言われぬよう
使い回しで使っています。



こんにゃくは体内毒素も吸収し
悪い部分だったりすると
収縮していくのだそう。


私の毒素は
きっと溜まりに溜まっているので

まだデトックスと呼ばれるまでの
効果は見られません。



効果の程はともかく
気持ちの問題であっても
温かさが心地良いので

毎日とはいきませんが
出来る時はこんにゃく湿布をしています。



あの異常な猛暑から
気温もだいぶ平年並みになりました。

今は少し肌寒く感じる時も
増えつつあります。


季節の変わり目は体調を崩しやすい。

今年の身体は想像以上に
疲れていると感じます。




やってみないと自分に合う合わないかは
なかなかわかりません。

だから気になるものは
出来る事から挑戦してみる。




挑戦する気持ち

それがきっと経験値になって
自分にとってのベストがわかる。


上手くいかない時
打破する力にもきっと繋がる。



続けていけばその経験値が
私を強く安定させ

私を更に私らしくする。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
やるにはやり方を知らなければならないことも、
やり方は、やることによって知るのである。
アリストテレス



















2018-09-14

思考は現実になる


酷い歩き方やな


先日お家でロードショーを観ていたら
彼がポツリと放った言葉。



一瞬聞き間違えかと思い
再び聞いてみると

あの女優さん Ayakoより低いハイヒールなのに
酷い歩き方やと思った。


と一緒に食い入るように
ストーリーそっちのけで2人で画面に釘付けに。



たまたまなのでしょうか。

膝と膝が開き上半身が揺れていたため
がに股のように見えた事が原因のようですが

撮影された場所、映され方も
ちょっと斜めだったら美しかったのにと感じました。



素敵な映画が女優さんの歩き方の美しさが気になって
集中出来なくなってしまうとは。

しかも私ではなく歩き方に
興味の無かった彼が。驚きです。



しかし私のブレつつある歩き方でも
まさか有名な女優さんと比べられて

遠巻きに褒められるとは
恐縮ですが嬉しい驚きです。



今まで美しい歩き方について
力説し続けてきましたが

無意識のうちに洗脳されたのか
女性の歩き方やハイヒールに
目がいくようになった様子。



とりあえず女優さんの名誉の為に
女優さんは演技のプロであって

美しく歩くプロではないのだと
説明しておきました。




意識は無意識に入り込み
無意識は意識を変えて人を変える。


ちょっとずつですが
私の意識・思考が彼に移り始め

条件付きでも、やっても良いよと
やりたい事が現実に近づいている。



実は我が家に姿見はありませんでした。

地震で購入を反対されていたのですが
割れない貼るミラーを提案しお許しが出たのです。

鏡1枚でも、私にとっては長く大きな一歩。



まだ未熟なエネルギーだからこそ
時間はかかっておりますが

これが続けばきっと思考は現実になる。



時間はかかっても
自分の意識・思考は夢のままではなく

必ず実現出来るかもしれないと
少し希望を感じた出来事でした。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
あなたの目の前の壁を乗り越えたとき、
その壁はあなたを守る砦となる















2018-09-13

種を蒔き続ける

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

あなたの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako





私は今
植物を育てています。


ある意味、私の趣味ですが
ある意味、私の仕事です。



育てているのは綿花

綿の花です。



きっかけは東日本大震災の東北コットン

ボランティアに行かれた方から
苗を頂いた事がきっかけでした。



お仕事で生地を扱うので
繊維を学ぶという観点からと

元々農家の娘なので
土いじりが嫌いじゃない事から

一昨年から栽培に挑戦しています。



社内で育てる事は
最初気恥ずかしく

毎日水やり出来るだろうか
ちゃんと花が咲かなかったらと
色々不安もありましたが

逆に今までお話する事のない方々と
お話するきっかけともなり
やって良かったなと思っています。



実際に僅かですが綿の収穫もあり
今年は遅まきながらも

初めての花壇の一角を借りて
地植えに挑戦中です。




どんなものでもそうだと思いますが
植物を育てていて感じる事


生き物の生命力

小さくても力強いものです。

小さくても眩しく輝いているのです。




今を一生懸命生きる事

光を浴びて、しっかりと伸びていく様

強風にも負けず、か細いながらも
倒れず伸びる茎



自分の腕程の小さな植物に
全力の生き様をまざまざと見せつけられて
勇気づけられているのです。



それでも1つ確実に言える事
小さく輝く素晴らしい生命力たちも

種を蒔かなければ
決して芽は出る事などないのです。




種を蒔いても全てが花開く訳じゃない。

種を蒔かなければ何も花開くことすらない。



誰もが何かしらの種を沢山持っていて
自分の中で育てている。

でもせっかく持っている種も
ちゃんと種まきして育てているでしょうか。



素晴らしい才能も
種を蒔かなければ開花する事もない。


種を蒔いて大切に育てていれば
時に上手く行かなくても、花咲かなくても

徐々に育て方がわかってきて
必ず花咲く時が来る。


美しい花を見る時が来る。




私の中にある種は
正直どんなものかわかりません。

でも花咲く時を夢見て、花咲く事を信じて
今日も私は私の種を蒔き続けます。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako


大阪 ハイヒール camélia Ayako
あめつちの初めは今日より始まる。
北畠親房













2018-09-12

ラクの追求は楽なのか

最近の日本のトレンドは
ラクな方向に偏りつつあるように感じています。


今までならばお家限定使用だと思っていた
リラクシングウェアが
日常生活に確実に進出しています。

スウェットなどで外出なんてと思っていましたが
今や日本では普通に見かけます。


コルセットからの解放から
今ではもっと緩くラクなインナーや

第3のブラなどの新発想の衣料品が
沢山開発販売されています。


ハイヒールの世界にも
ラクは進出しており

洋服も全体的に緩めで
タイトな商品が少なく感じます。



確かに緩めたい時はラクなのですが
慣れていく自分に不安を感じます。



様々な物事が便利に簡単になり
とても有り難い反面

ラクした分の時間は何をして
余暇が充実しているのか。

果たして充実しているのか
少し疑問に思います。



緩める事はあるがままの状態に近いので
ラクな事でしょう。
でも、本当に楽なのでしょうか。


らくらく、ゆるゆるな状態
動く事も少なく筋力が衰え

体型も崩れてお洒落もラクしたくなり
動かなくなって動けなくなる。


今は良くても未来の自分の心身は
本当にラクで楽しいのだろうか。




私も時に緩める事を実践していますが
ずるずる続けてしまうと

どんどん怠惰になる自分を感じて
恐ろしい悪循環を感じています。



もともと筋力が恐ろしく弱い私

周りに流されず
少しずつではあってもハイヒールと共に
心身美しく鍛えて生きたいと感じます。




心身はラクかもしれない。
でも人生は楽しいのだろうか。

楽しい快楽と
怠けるラクはちょっと違う。


少し窮屈でも普段からゆるゆるの生活だと
本当にドレスアップしたい時に
悲しい状態になってしまう。




私は怠けるラクではなく
楽しく生きられる美楽を追求して
生きていきたいです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
誰もが世界を変えたいと思うが、
誰も自分自身を変えようとは思わない。
トルストイ



















2018-09-11

弱さから気付く事

久しぶりのレッスンでわかった事

自分の弱さ




私は左側の腹筋が非常に弱く

気付かぬうちに
お休み期間で更に弱くなっていました。



お恥ずかしながら
右腰に違和感を感じており

右の腹筋ばかり
意識を入れてきました。



左側で鞄を持つ癖もあるので
上半身の歪みや揺れは
鞄が原因だと思い込んでいた。

腹筋の衰えからくるものと
学んでいたはずなのに

今までも同じ事が起きていたのに
見抜けなかった。



もしくはどこかで
見て見ぬふりをしてきていたのです。

恐らく私の心の弱さが身体の弱さを
誤魔化してきていたのです。



私の中のまだいけるは
120%の限界ではなく97%程度だった。

僅かな手抜き3%の積み重ねが
今の私を作っている。



心が弱くなっていたとはいえ
腑抜けたお休み期間を
無駄に過ごしてきたように感じました。

私の弱さ、落ち度です。




何事もバランスでした。

まさかの左の腹筋の衰えが
上半身を左に傾けさせ

右側の筋肉を引っ張り負担をかけて
腰への違和感に繋がっていた。


更には肩甲骨の硬さ
それは冷えからくるもの。



意識を入れ直して2日
違和感は徐々に薄れ

メスを入れた左側と
ヒップ全体が筋肉痛状態です。


確かに辛い。でも心地良い。

そして懐かしい軸を
また感じられるようになってきた。



全てを見抜けなかった自分の未熟さを
身をもって痛感し、悔しかった。




ただ、私と同じ症状が今まさに
身体に起こっている方もいるかもしれない。

私の弱さと経験が
せめてどなたかのヒントになれば

そんな気持ちで恥も外聞もなく綴っています。



痛み・違和感の部位だけが
原因ではないのです。

身体は上手くバランス良く
繋がっているのです。





私は本当に弱い人間です。

自分でも悲しく嫌になる程
弱い人間です。


Teamの女神さま達程にストイックでもなく
元々のレベル差も著しい。


でも自分の弱さから学ぶ事も沢山ある。




弱さを知るからこそ
強くなるために必要な課題が見えてくる。

私は弱い。
でも弱いままでいたいとは思わない。



強くなるために

自分の弱さから学び成長できるよう
努めて参りたいと思います。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
知識を増やすほど創造できる
ジュリア・チャイルド



















2018-09-10

騒がしさの中でこそ

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

あなたの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako




日本各地の至る所で
天災が起こっています。


大阪も他人事ではなく
地震の復興ままならぬままに
台風の被害に遭っています。



殆どの方が大小様々な
被災体験を経験しているのではないでしょうか。


本当に有り難い事に
私の周りは皆無事で

生活に若干の不便があっても
沢山のお互い様で何とか成り立っています。


だからこそ避難生活を余儀なくされている方
心身ともに甚大な被害に遭われた方々の為にも

小さな存在なりに出来る事を
頑張らなくてはと感じます。




もはや何処にいても安全はなく
今居る場所でどのように生き抜くかが

日本に生きる私たちの
1つの命題なのかもしれません。




きっと何処でもそうでしょうが
大阪、関西の方々は皆さま本当に元気です。

なってしまった事は仕方ない。
天災に至っては誰も何も悪くない。

辛い被害があっても
命があるからこそ笑って言えるのだと
笑いのネタにしてしまう方もいらっしゃる。



笑う事は不謹慎のようですが
空元気であっても笑えるパワーがある事。

何故だか徐々に不思議と元気になれ
こんな事に負けてたまるかという気になれます。




元々コミュニケーションを取り
周りを気にかけるお節介な文化なので

パワーマダム達の中で皆さま情報交換をして
時には物資が飛び交っています。



その様は元気なあまり時に騒々しく
危うく私も自身のオバちゃんDNAが疼き

更に周りのパワーマダム達のお誘いを受けて
一緒に輪の中に入ってしまうのですが

それも1つの生き抜く術。
そして私への試練の1つ。



普段は澄ましたお姉さん
目指すは自立したマダム

ただ、私自身
何処まで自分の大阪パワーマダム化を許せるか

私にとっての美の試練だと
自分自身を戒め、自問自答し反省する日々です。




エレガンスに生きるには
音無しく

シンっと張り詰めた空気の中
どれだけ音無しく行動出来るか。



では、騒がしさの中で
どれだけ音無しく

慌てず冷静に自分を保ち
エレガンスに生き抜く事が出来るか。



きっとそこで自分軸が試される。

本当の意味で生き抜く為に
培ってきた僅かなエレガンスを捨てても良いのか。




いいえ。
私はそうは思わない。


美しく在ろうとする信念と
軸を持つ女性が増える事

それは必ず日本を強く美しくする。




出来うる限り働いて生産性を高め
経済を回すとともに

美しく在り続ける努力を続ける事


それが私にとって
復興の為に出来る事。



だから私はいつ如何なる時も
美しく生き抜きたい。

改めてそう思うのです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
私は自らをとりまく状況の産物ではない。
自らの意思決定の産物だ。
スティーブン・コヴィー
















2018-09-09

ただいま


”ただいま”


帰る場所があって
迎えてくれる人がいるからこそ言える言葉



”ただいま”と言える事
何て有難い事でしょう。

"おかえり"と迎えてくれる人が居る事
何て有り難い事でしょう。





まだ小さな一歩ですが
ハイヒールの世界に帰って参りました。


私の底力を信じ見守って下さいましたAsami先生

途中、私を引き上げ、背中を押して下さり
メッセージを下さった沢山の女神さまたち


本当にありがとうございました。




最後の最後まで
台風の影響による停電にも阻まれかけた
やっとの一歩

それでも踏み出せた大きな一歩


このハイヒールの世界の一歩を改めて踏みしめ
帰ってきた事を噛みしめた一歩




約5ヶ月のブランクは
やはり想像以上に大きく

復活などとは烏滸がましくも
全く程遠い状態。



新しいレッスン場所の条件ともなる
カーペットの上でのレッスンは
想像以上に恐ろしく難しく

そんなレベルアップの環境で
12㎝のクラシカルCinderella-heelsと

私はハイヒールをナメているとしか思えない
無謀な復帰レッスンとなってしまいました。




でも、どうしても挑戦したかったのです。
何処まで私は食らいついていられたのか。

確認し、試したかった。



実際、結果は自分の面倒を見るにも
まだ甘く足りない所ばかり。

弱くなった腹筋と
ブレた軸をまざまざと感じ
まさにCinderella-heelsに惨敗。

夏の40度近い猛暑よりも激しい汗を流し
母にも一体何事かと驚かれてしまった程
汗だくの私でした。




でも私の中では
やっと這い戻ってこれた一歩。

この喜びを何と表現すれば良いのか。




ただただ私の未来には
また美しいハイヒールで美しく歩むべく
輝く道が開かれた。

私にとっては人生という道に
またレッドカーペットが敷かれたような気分です。


それは地味なイバラの道でもあり
私を深みある女性に鍛える道でもあり
楽しい事ばかりでは決してない道。


でもその道は私が自らの意志で掴みに行った
私が自ら求めた美しく輝く人生という道なのです。




長いようで短い期間
それなりに沢山の経験と学びがありました。

帰る場所、戻りたい場所があるから
頑張って踏ん張れた。





camélia Ayako
ただいま戻りました。


本格的な復活へ向けてもう一踏ん張り
頑張って参ります。




希望が見えると
絶望している時より心も身体も軽くなる。





遠くで見守って下さいます沢山の女神さまたちへ
心からのありがとうを

愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
しばしの別離は再会をいっそう快いものにする。
ミルトン












2018-09-08

心のボランティア

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

あなたの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako





先日、お仕事で大変お世話になった方から
お話を伺う貴重な機会を頂戴しました。



お仕事を円滑に進めるための極意

それは
”心のボランティア”なのだそう。



心のボランティア
それは気付くという事

ちょっとお節介かと思っても
小さな事に気付いて気遣う事。



人によっては有り難い事
人によっては有難迷惑

加減が難しいですが
それを気遣える事もまた更なる気付き。


自分の中で気付きを見つけ
改善する心がけが成長に繋がるのだとの事。



小さな気遣いの積み重ねが
周りの仲間とのコミュニケーションを円滑にし

人間関係が円滑になると
お仕事も円滑になるのだとか。





確かに仕事を円滑に進めるためには
人間関係の円滑さが非常に関係していると感じます。

周りの方に協力を得なければならない事もあり
フォローしなければならない事もあり

お互い持ちつ持たれつお互いさま。



それぞれが得意分野を発揮して
相乗効果が生まれた時

素晴らしいお仕事という
パフォーマンスを遂行する事が出来る。



それは未熟な経験値からも
納得できるものでした。




結果は数字は後からついてくる。


実際に私が経験してきた事。

それは一瞬バカだろうかと思う程のサービス。
良いように使われるだけの慈善事業。


それでも目の前の依頼者の要望に応え続けた結果
いつの間にか依頼が増えていて

勿論それは予算達成に繋がり
会社への貢献にも繋がる。





ハイヒールに関する私の気付きは
まだまだ小さく稚拙なものばかりですが

気付こうと意識しないと気付く事は決して出来ないもの。


それもある意味”心のボランティア”




誰の為になっているのかわからない。

でも誰かにとって気付きのヒントとなれば
それだけで嬉しいなと思うのです。



今日も私なりの”気付き”を探して
自己満足かもしれませんが
私なりの”心のボランティア”を続けて参ります。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako

camélia Ayako
人の心の痛みが
分からなければ
人の上には立てない
斎佳宏

















2018-09-07

ただひたすらに

久しぶりのAsami先生のレッスンを前に
まだまだ私には様々な方向から
試練の波が襲いかかっています。


それでもただひたすらに
レッスンへ向けて進んでいる私。



家族の協力もあって
再開出来るレッスン

家族は有難い事に
皆協力的で興味深々


それでもまだ
ヒールで床に傷がつく
ヒールで床に穴をあけるな

そんなハイヒールに対する
不本意な誹謗中傷を受けます。




レッスンで実際にハイヒールを履く時間は
10分もあれば良い方なのに。


実際に見て見ないと納得しないので
見てから考えを改めて貰おうと思っています。




カーペットを敷いて
出来る限りの対応をしつつ

準備中、逆に私がレッスンで歩くのに
不安定で危ない床ではないかと

若干不安に思う程
何かと敷き詰めようとする家族に

協力的で有難いと思いながらも
若干の苛立ちを隠せません。



最終的にはカーペット1枚で落ち着いたのですが
まだ協力的な家族でこの有り様

恐らくもっと知識の無い方々は
もっと酷いイメージと印象を持っているのだろうと

とても悲しく残念に思います。





様々な情報が溢れ返っているこの社会

正しい情報は一体どれほどあるのでしょう。



私自身も正しい情報を伝えたい事を
正しく伝えられているのか。


camélia に訪れて下さる皆さまに
たまたま目に留まった皆さまに

伝えたい事を正しく伝えられるように
ただひたすらに精進して参りたいと
改めて思うのです。



少しでも多くの方々に
愛する美しきハイヒールへの
正しい理解を深めて頂くために。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
おのれの職分を守り黙々として勤めることは、
中傷に対する最上の答えである。
ワシントン





















2018-09-06

柔らかくする場所

冷房の効いた部屋に
ほぼ2ケ月入り浸り

肩凝りと軽い腰痛を
感じ始めていました。



持論ですが、首と名がつく部位は
冷やしてはならない。

そう思っていますが
気づかぬうちに冷えていたようです。



正直、ストレッチも毎日完璧には出来ず
要因は多々ありますが

出来る時に出来る事をしようと
首、手首、足首を回すストレッチを
出来そうな合間を見つけてやっています。



首のストレッチは
上半身のストレッチで行うものですが
何とも言えない心地良さ。

首を回す事で
肩甲骨も合わせて伸びるような感覚があり

肩凝りと腰痛の関係も
我が身の状態から感じています。




手首は子宮との繋がりがあると
嘘か真かわかりませんが聞いた事があり

足首もリンパを流す大切な場所。



どの首も硬くなると
色々な滞りを見せ

柔らかくしておかなくては
身体のパフォーマンスが鈍くなる。



関節が硬くなっていると
身体のポジションも
全く正しくない。




硬くなる原因は
やはり冷え


もちろん柔らかくする為には
温める事も大切。




どのパーツも大切ですが
可動域の広い関節は
日々柔らかくして丁度良い。


身体は温めて丁度良い。
そんな気がしています。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
すべては練習のなかにある。
ペレ





















2018-09-05

必ず進んでいる

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

あなたの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako





全く進んでいないように感じても
後退しているように感じても

私たちは確実に進んでいる。



紛れもなくこの瞬間も
未来へ向かって進んでいる。





ずっと広く果てしなく続く海に
1人ぽいっと飛ばされてしまったような
どこかそんな感覚がありました。


最初は何とかしようとあれこれしてみるも
途中からは時間という波に流されるまま
漂流していたかのような気分です。



ただ流されていた訳ではないつもりですが
その間にも漂流したからこそ気付いた事もあり

まだ私にはわからないけれど
私には必要な経験だったのだと感じています。





目指すべき星は何処なのか。
時に見失い、時に見間違い
遠回りしても

ようやく元いた場所に
近い所まで辿り着いた気がします。



道がわからなくても
途方に暮れてしまっても
必ず未来に向かって進んでいる。



わからなくなってしまったら
時には宇宙の流れに流されても
良いのかもしれません。

そのうち見えてくるもの
気付き、閃きが
するべき事を教えてくれる。



止まっているように思えても
後退しているように思えても

私たちは否応無しに未来へ進んでいます。




もしかしたら目的とする場所は
そのうち必ず到着出来る場所であり

実は未来からじわじわ近づいていて

流されているだけでも
いずれ漂着するのかもしれない。


でも、目的を持って目標を持って進む事とは
生き方の意味が少し違うと思うのです。



到着出来るまでの過程や達成感
辛い事も苦しい事も一つの醍醐味。

例え未来や目的地が
じわじわと近づいていたとしても
私は少しでも早く到着したい。



有限の人生という時間の中で
早く目的地に辿り着いた方が

また新たな世界を
もっと沢山見る事が出来るはずだから。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako


大阪 ハイヒール camélia Ayako
どんなに八方ふさがりのように思えても、
道がなくなるわけではない。
進むべき道、進んでいける道を見つけて、
また一歩ずつ進んでいけばいい。
三浦知良

















2018-09-04

座る瞬間

よっこいしょ

そんな言葉が聞こえてきそうでした。




先日、あるお店の前で
順番待ちをしている素敵な女性がいました。

立ち姿もスタイルも
まさに綺麗なお姉さん。


順番待ちの椅子が空いたので座られる瞬間
私の目が釘付けに。




よっこいしょ

そんな言葉が聞こえてきそうでした。




もちろん声までは聞こえていませんが
動きが、そう語っていました。

そして恐ろしく感じました。




見た目は全てじゃないかもしれない。

でも見た目からの情報は
想像以上に色々伝わるのだと感じました。




結局全ては見た目に現れる。

だから見た目は大切なのです。




写真なら誤魔化せるかもしれない。
でも動きの一瞬一瞬は誤魔化せない。


その一瞬をたまたま誰が目撃しているかわからない。

恐ろしい事です。




考えていてプレミアムコースで学んだ事が
走馬灯のように思い返されました。


学んだのに使いこなせていない
大切な仕草は沢山ある。

自分のものになっていない
動きや身のこなしも沢山ある。



いつ如何なる時も美しく在るために
また大切な気付きがありました。



愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
あなたが今いる場所から始めよう。
あなたにあるものを使おう。
あなたにできることをしよう。
アーサー・アッシュ























2018-09-03

生き様が現れる場所

生まれ持ったものは
簡単には変えられない。

受け継がれた遺伝子は
嫌でも変えられない。



でも生活習慣や表情
心の在り方で変わるものもある。


私の思う生き様が現れる場所

それは 顔つき



骨格は変わらなくても
筋肉や脂肪の付き方が変わる。




弛んだ生活の方は弛んだ顔つき

アスリートのように鍛えている方は
締まった顔つき




白黒写真の時代の
女優やモデルの写真を見ると

皆さま顔つきが凛々しく
美しく素敵だと思っていた。


白黒だからだろうか
きっと違う。



それは戦争など命の危機と
常に隣合わせの環境で

気の張る環境に置かれていた事も
あるのかもしれない。




凛々しくなくては生きていけなかった。

気を緩められる状況じゃなかった。

もっとルールやマナーに厳しい時代だった。


そして
もっと懸命に生きている時代だった。




今が弛んだ時代とは言わないけれど

雁字搦めの時代を生きた方々からは
弛んだ環境なのかもしれません。

やはり現代は平和だと思うのです。




平和な美しい世界に生まれてきたのだから
虚ろで弛んだ顔つきではなく

穏やかな微笑みと愛溢れる
優しく凛とした顔つきになりたいと思う。

そんな生き方が出来れば
素敵だなと思います。




今からでも遅くない。

私の顔に私の生き様を
美しく刻んで参りたいと思います。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
大切なのは生きた年月ではなく、その年月にどれだけ充実した生があったかだ。
アブラハム・リンカーン















2018-09-02

髪の病院

今の私は美容院難民
美容院ジプシーです。


納得出来る施術をして下さる美容師さんに
出会える事は本当に滅多にありません。



行ってみては続けて行く前に後悔し
先日、髪の病院なる美容院に行ってきました。


まだどうなるか経過観察中ですが
今までで1番納得出来そうな予感がしています。




傷みが酷く弱った状態なので
流石に1回では思うほど綺麗にはなりませんが

施術途中も1番わかりやすい説明をして下さり
とても勉強になりました。





ハイヒールのレッスンも
心身とエネルギーの病院

そんな風に言っても過言ではないと
髪の病院へ行ってみて感じました。




美容師さんも職人の1人

私も生きる芸術品を磨く職人を目指す1人




私もそのようなクオリティのものが
どなたかに提供出来るだろうかと

わかりやすく納得して頂ける説明が
出来るだろうかと


そして今まで僅かながらのレッスンで
出来ていただろうかと

改めて振り返る機会となりました。




髪は女性の命

長くても短くても
艶のある美しい髪に憧れます。


恐ろしい事は
髪には生活感やお手入れの状態が
顕著に現れるのです。



私は癖毛で細い猫毛なので
お手入れしていてようやく人並み。

最近は年齢に伴う色々なトラブルが
じわじわと発生しています。



恐らく皆さまが思う以上に
手のかかっている私の髪ですが

いつか必ず理想の美しい髪を手に入れたい。



ハイヒールを美しく履きこなしたい想いと同時に
トータルビューティな美しい女性を目指します。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
失敗は回り道。
行き止まりの道ではない。
ジグ・ジグラー















2018-09-01

新たなスタートに向けて

来週、新生活始まって
やっと私自身のレッスンです。


喜びと共に少し不安はありますが
でもやっぱり嬉しいのです。



実家でのレッスンのため
少しずつ準備しています。

環境を整える事は
なかなか思うようにいかないけれど

どんな環境であれ
まずはレッスンが受けられる。

それだけで今は嬉しいのです。



私にとって9月はスタート準備
10月に本格的なスタートを切る。

そんなサイクルが多い気がします。




残暑厳しい中
新しいスタートに向けて準備する。

今は準備期間さえ
輝く未来に向かって進んでいるようで

涙溢れそうな程
私は嬉しいのです。





そして、もう一つ
嬉しい事がありました。


あんまりにもParisと言う私に
彼がパスポートを取り直そうと
自ら準備し始めてくれました。


新婚旅行とまでは行かないけれど
まだお休みも日程の目処も立っていないけれど

その気持ちが何より嬉しくて
私は何て幸せ者なのだろうと
1人心震わせているのです。





もう一度Parisへ

行けるかもしれない。




行けなくても希望が持てる
こんなステキなご褒美が待っていた。

今の私に見える未来は
とても輝いています。





沢山の方々へ
ありがとうと感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
あまり多くを求めないことだ。とくに他人に対しては。
レオ・C・ローステン