2018-09-19

人生は平等ではないが不公平でもない


人生は決して平等ではない。

ずっとどこか心の片隅で
自分の人生を卑屈に思っている私がいました。

でも最近は平等に見えなくて良いのだと
感じてきました。



それは皆それぞれ役割があって
それぞれ使命が違うからこそ

それぞれに与えられた環境
人生の試練があるのだと思います。




もちろん平等な事もあって
同じ生命を与えられている事は平等

身体は平等に与えられても
パーツそれぞれの形や大きさ状態は皆異なります。



与えられた身体や環境
状況も条件も公平じゃない。

でもだからこそ、それぞれ考え挑戦し
成長する機会が沢山ある。




私は歩く事が難しい脚だった。
でも私は歩く事が出来る脚を得た。

今でも筋力は弱く、すぐ疲れるし
激しい運動、筋トレも出来る身体じゃい。



平等に与えられているようで
公平ではないと感じていた。

ずっと不公平だと思っていた。




それでも今では生まれつき歩ける脚と
しっかりした筋力を持っていた方より

私は気持ちばかりでも
美しく歩く事が出来るスキルを得た。





今なら私は
これまでの自分の世界の周りの方々の中で

卑屈になんてなる事はなく
自信を持ってみんなと並ぶ事が出来る。


それも美しさと自分らしさを表現するという
素晴らしいおまけ付きで。

ただそれだけの事だけど
私の心にとっては、とても大きな事なのです。




スタートラインは平等でなくても
人生は不公平じゃない。


美しく歩くために必要な努力をする事は
平等に与えられている。





指をくわえて
周りを羨ましがってるだけなのか


卑屈に暗い世界に
閉じこもっているのか


成りたい誰かの真似やメディアに踊らされて
自分を見失ってしまうのか



最終的には自分が何を考え、何を選択し
どう成りたいか、どう在りたいか。




まだまだ未熟者ではありますが
少し大人になって思う事。




人生は平等ではない。

でも、不公平なんて事もない。


誰もが自分に与えられた課題
自分の人生と向き合い闘っている。




その中で、どれだけ自分の求める
自分らしい時間を過ごす事が出来るか

諦めたり卑屈になったりせず
挑戦し突き詰めていくのか


自分らしさを求め挑戦し続ける事は
大小あっても平等に与えられている。




不公平な結果もあるかもしれない。

納得いかない事だってきっとある。



それは時に個人の求める意識の高さから
そう見える事もあって

長い目で見れば、どれだけ自分らしく
充実した人生を過ごせているのか。



本人にしかわからないけれど
案外、不公平な結果ではないと思うのです。




正直、多々ある価値観の中
本当の所はわかりません。

ただ私はそう思えるように
生きたいと思うのです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
だれかを崇拝しすぎると、
ほんとうの自由は、得られないんだよ。
トーベ・ヤンソン