2018-09-09

ただいま


”ただいま”


帰る場所があって
迎えてくれる人がいるからこそ言える言葉



”ただいま”と言える事
何て有難い事でしょう。

"おかえり"と迎えてくれる人が居る事
何て有り難い事でしょう。





まだ小さな一歩ですが
ハイヒールの世界に帰って参りました。


私の底力を信じ見守って下さいましたAsami先生

途中、私を引き上げ、背中を押して下さり
メッセージを下さった沢山の女神さまたち


本当にありがとうございました。




最後の最後まで
台風の影響による停電にも阻まれかけた
やっとの一歩

それでも踏み出せた大きな一歩


このハイヒールの世界の一歩を改めて踏みしめ
帰ってきた事を噛みしめた一歩




約5ヶ月のブランクは
やはり想像以上に大きく

復活などとは烏滸がましくも
全く程遠い状態。



新しいレッスン場所の条件ともなる
カーペットの上でのレッスンは
想像以上に恐ろしく難しく

そんなレベルアップの環境で
12㎝のクラシカルCinderella-heelsと

私はハイヒールをナメているとしか思えない
無謀な復帰レッスンとなってしまいました。




でも、どうしても挑戦したかったのです。
何処まで私は食らいついていられたのか。

確認し、試したかった。



実際、結果は自分の面倒を見るにも
まだ甘く足りない所ばかり。

弱くなった腹筋と
ブレた軸をまざまざと感じ
まさにCinderella-heelsに惨敗。

夏の40度近い猛暑よりも激しい汗を流し
母にも一体何事かと驚かれてしまった程
汗だくの私でした。




でも私の中では
やっと這い戻ってこれた一歩。

この喜びを何と表現すれば良いのか。




ただただ私の未来には
また美しいハイヒールで美しく歩むべく
輝く道が開かれた。

私にとっては人生という道に
またレッドカーペットが敷かれたような気分です。


それは地味なイバラの道でもあり
私を深みある女性に鍛える道でもあり
楽しい事ばかりでは決してない道。


でもその道は私が自らの意志で掴みに行った
私が自ら求めた美しく輝く人生という道なのです。




長いようで短い期間
それなりに沢山の経験と学びがありました。

帰る場所、戻りたい場所があるから
頑張って踏ん張れた。





camélia Ayako
ただいま戻りました。


本格的な復活へ向けてもう一踏ん張り
頑張って参ります。




希望が見えると
絶望している時より心も身体も軽くなる。





遠くで見守って下さいます沢山の女神さまたちへ
心からのありがとうを

愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
しばしの別離は再会をいっそう快いものにする。
ミルトン