2018-09-10

騒がしさの中でこそ

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

あなたの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako




日本各地の至る所で
天災が起こっています。


大阪も他人事ではなく
地震の復興ままならぬままに
台風の被害に遭っています。



殆どの方が大小様々な
被災体験を経験しているのではないでしょうか。


本当に有り難い事に
私の周りは皆無事で

生活に若干の不便があっても
沢山のお互い様で何とか成り立っています。


だからこそ避難生活を余儀なくされている方
心身ともに甚大な被害に遭われた方々の為にも

小さな存在なりに出来る事を
頑張らなくてはと感じます。




もはや何処にいても安全はなく
今居る場所でどのように生き抜くかが

日本に生きる私たちの
1つの命題なのかもしれません。




きっと何処でもそうでしょうが
大阪、関西の方々は皆さま本当に元気です。

なってしまった事は仕方ない。
天災に至っては誰も何も悪くない。

辛い被害があっても
命があるからこそ笑って言えるのだと
笑いのネタにしてしまう方もいらっしゃる。



笑う事は不謹慎のようですが
空元気であっても笑えるパワーがある事。

何故だか徐々に不思議と元気になれ
こんな事に負けてたまるかという気になれます。




元々コミュニケーションを取り
周りを気にかけるお節介な文化なので

パワーマダム達の中で皆さま情報交換をして
時には物資が飛び交っています。



その様は元気なあまり時に騒々しく
危うく私も自身のオバちゃんDNAが疼き

更に周りのパワーマダム達のお誘いを受けて
一緒に輪の中に入ってしまうのですが

それも1つの生き抜く術。
そして私への試練の1つ。



普段は澄ましたお姉さん
目指すは自立したマダム

ただ、私自身
何処まで自分の大阪パワーマダム化を許せるか

私にとっての美の試練だと
自分自身を戒め、自問自答し反省する日々です。




エレガンスに生きるには
音無しく

シンっと張り詰めた空気の中
どれだけ音無しく行動出来るか。



では、騒がしさの中で
どれだけ音無しく

慌てず冷静に自分を保ち
エレガンスに生き抜く事が出来るか。



きっとそこで自分軸が試される。

本当の意味で生き抜く為に
培ってきた僅かなエレガンスを捨てても良いのか。




いいえ。
私はそうは思わない。


美しく在ろうとする信念と
軸を持つ女性が増える事

それは必ず日本を強く美しくする。




出来うる限り働いて生産性を高め
経済を回すとともに

美しく在り続ける努力を続ける事


それが私にとって
復興の為に出来る事。



だから私はいつ如何なる時も
美しく生き抜きたい。

改めてそう思うのです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
私は自らをとりまく状況の産物ではない。
自らの意思決定の産物だ。
スティーブン・コヴィー