2018-09-12

ラクの追求は楽なのか

最近の日本のトレンドは
ラクな方向に偏りつつあるように感じています。


今までならばお家限定使用だと思っていた
リラクシングウェアが
日常生活に確実に進出しています。

スウェットなどで外出なんてと思っていましたが
今や日本では普通に見かけます。


コルセットからの解放から
今ではもっと緩くラクなインナーや

第3のブラなどの新発想の衣料品が
沢山開発販売されています。


ハイヒールの世界にも
ラクは進出しており

洋服も全体的に緩めで
タイトな商品が少なく感じます。



確かに緩めたい時はラクなのですが
慣れていく自分に不安を感じます。



様々な物事が便利に簡単になり
とても有り難い反面

ラクした分の時間は何をして
余暇が充実しているのか。

果たして充実しているのか
少し疑問に思います。



緩める事はあるがままの状態に近いので
ラクな事でしょう。
でも、本当に楽なのでしょうか。


らくらく、ゆるゆるな状態
動く事も少なく筋力が衰え

体型も崩れてお洒落もラクしたくなり
動かなくなって動けなくなる。


今は良くても未来の自分の心身は
本当にラクで楽しいのだろうか。




私も時に緩める事を実践していますが
ずるずる続けてしまうと

どんどん怠惰になる自分を感じて
恐ろしい悪循環を感じています。



もともと筋力が恐ろしく弱い私

周りに流されず
少しずつではあってもハイヒールと共に
心身美しく鍛えて生きたいと感じます。




心身はラクかもしれない。
でも人生は楽しいのだろうか。

楽しい快楽と
怠けるラクはちょっと違う。


少し窮屈でも普段からゆるゆるの生活だと
本当にドレスアップしたい時に
悲しい状態になってしまう。




私は怠けるラクではなく
楽しく生きられる美楽を追求して
生きていきたいです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
誰もが世界を変えたいと思うが、
誰も自分自身を変えようとは思わない。
トルストイ