2017-06-29

天と地のエネルギーが繋がる時

私は人並みの晴れ女です。

時として土砂降りに
遭遇することもありますが

そんな時は傘を持っていなくても
不思議と傘を下さる方が現れます。

晴れ女というより幸運なのです。


今は梅雨の時期。

雨の日はじめじめして
空模様もどんよりで
濡れてしまうし
湿気で髪型も決まらない。

それでも思いの外
雨は嫌いではありません。


雨は天から降ってくるただの水滴ではなく
天から降ってくるエネルギー
まさに天からの恵みです。

私たちは晴れの日も雨の日も
地面を踏みしめて歩き
大地からのエネルギーを受けています。


だから雨の日は
天と地のエネルギーが繋がる時
そんな考え方もあるようです。

そう考えたら雨の日は
天と地のエネルギーの間に身を置ける
貴重な日である気がします。


雨の日の緑は
美しい天からのシャワーを浴びて
活き活きキラキラし始めます。

雨音は、その時々にしか聴くことの出来ない
様々な音楽を奏でてくれます。

水たまりに出来る波紋は
何故だか心落ち着くような
優しい揺らめきがあります。


雨上がりは、お日様がご機嫌であれば
更にキラキラで美しい景色が見られます。

それは一度グレーの世界を味わったからこそ
余計に美しく見える世界かもしれませんが
陽の光に煌めく水滴は美しいです。

虹が見えることもあります。
沢山のエネルギーが輝き始める日。


ハイヒールで歩く世界も似ています。

頭から足の母指球まで
身体の天と地のエネルギーが繋がる時

まさに1本の軸が取れたとき。


その時までには
様々な世界を味わうことになる。

身体のトラブル、精神的な試練
途中グレーな世界を味わうこともある。

だけどその間に
沢山の小さな美しい発見があり
貴重な学びある。

そのような中で雲から垣間見える
太陽の輝きのように

例え一瞬であっても
虹のように美しい奇跡的な瞬間がある。


身体の天と地のエネルギーが繋がる時
それは一瞬であっても美しく
体感したら後戻りできない世界。


身体の天と地のエネルギーが繋がる時
その瞬間が多ければ多いほど
身体の浮腫みも解消されていく。


身体の天と地のエネルギーが繋がる時
まさに身体の天と地のエネルギーが
循環しているのだと思います。


こう考えていくと
人間の身体も神秘的で美しい
1つの宇宙なのだと感じます。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
宇宙を知った人間は、決して前と同じ人間ではいられない。
ラッセル・L・シュウェイカート