2017-06-25

膝をPUSHする力

レッスンが進めば進むほど
当たり前ではありますが
意識すべきポイントは増えていきます。

それは嬉しいことではありますが
新しい意識を行うことによって

今まで意識出来ていたことが
おざなりになってしまいます。


私の場合膝の意識
隣の脚を感じること
自ら綴っておきながら

新しい意識を入れれば入れる程
今まで入れてきた意識が
うすぼんやりとしてしまった部分が
とても沢山ありました。


改めて先日のハイヒールレッスンで
膝をPUSHする意識の威力を
体感しました。

前脚を出す際に後脚のかかとを上げ
母指球1点でバランスを取るという
エクササイズがあります。


以前バランスが取れなかった原因は
頭の位置でした。

頭が前に来ていたためバランスが取れず
頭をPUSHすることを意識した瞬間
意図も簡単にバランスが取れました。


今回は、膝PUSHの意識。

腹筋が非常に弱い私は
自分の脚の重みで
脚を出すとともに、出した方向に
骨盤が一緒に回ってしまう傾向にあります

腹筋と上半身で回転を止めようとすると
上半身がバランスを取って
揺れたり曲がったりしてしまう。


それを止めようと更に違うパーツパーツが
総動員し、多大なエネルギーを使っていました。

このため、止めたい前脚も止まらず
全身の筋肉が震えて震えて止まらない。

考えてみれば当たり前。
様々なパーツにエネルギーを注いでいるため
肝心な所に一点集中出来なかったのです。


レッスンでは今までの成功体験実績のある
エクササイズを行いトライしてみますが
本当にビックリするほど決まらない。


そこで指摘されたことが膝をPUSHする意識。

他のパーツは放置しても膝をPUSHすることだけを
ただひたすら考えてトライした結果
今までの苦労は何だったのかと思うほど
あっさり簡単に出来てしまいました。


膝をPUSHすることで脚から腹筋まで
1本の軸として力が入りました。

このおかげで脚を出す際に
一緒に回ってしまう骨盤が
少し止まるような気がしました。

膝も腹筋と繋がっている。
身体は本当に上手く出来ています。


またお修理の数日
今の自分に合っていない高さの
ハイヒールを履いていたことで

母指球を捉えることも弱くなっていました。
恐ろしいことです。


今回の反省は
私自身に基礎の「き」の1つが
しっかり入りきっていなかったということ。

身体の基礎を固めるための
ハイヒールの選び方がいかに重要か。

改めて基礎の大切さと
ハイヒール選びの重要性を実感しました。


基礎がなければ、応用もできない。
まさにどのような事にもいえると思います。


そして高くても低くても自分に合った適切な
ハイヒールの高さを選ばなければ
気付かぬうちにトラブルに繋がること。

香りを纏うことの選び方同様
ハイヒールも自分の頭1つ上のものを選ぶ。

筋肉が少し辛いくらいの高さを選ぶこと
これもまた大切なことだと体感致しました。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
基礎がしっかりしていなければ、
上に何を積み上げても意味をなさなくなっていく。

基礎となる自分の土台が広ければ広いほど
色んなことがやれる。

受け皿というか、器というか
そういうのをでかくすることによって次に進める。

ピラミッドみたいに下がでかく安定して
一番上に最高のものが来るといい。
佐藤多佳子