2017-06-28

誰にでも出来るスポーツ

頑張ること。

それは自分の持っている力以上の
力を出そうとすること。


続けていると本当に病気になります。


私は持病に頑張り過ぎ病を持っています。

頑張り過ぎ病とは
私が勝手に名付けてたものですが
正式名称は甲状腺機能亢進症。
パセドウ氏病です。


原因不明の難病と言われますが
これが難病なら人類皆難病だと思うくらい
ごく普通の生活が出来ます。

気付かないだけで
意外と発症してい方も多いと思います。
実際私の周りにも何人かいらっしゃいます。


私的持病の解釈は
皆さん喉に蝶々を飼っています。
それが甲状腺。

喉に住む蝶々は
頑張れホルモンを調整する機能です。

この頑張れホルモンは
自分が頑張り続け過ぎると
どんどん生成されます。


マラソンを完走しても
すぐに止まることが出来ないと同様

頑張ることをやめても
すぐにホルモン生成は止められません。


そのうちまた頑張ることを始めてしまうと
頑張れホルモンはまた生成され始め
止まらなくなります。

喉に住む蝶々が
ホルモンを作り過ぎて肥っていくのです。


そうすると、じっとしていても
身体、脳内は全力疾走状態。

エネルギーを使っているので疲れやすく
汗はかくし、食べてもあまり太りません。


この病気と付き合い約10年
最初は一般的なお薬で副作用が出てしまい
もう一種のお薬で治療中です。

そのお薬がダメなら喉を切って
蝶々の脂肪吸引、切除です。

当時、私はまだ20代前半。
喉を切るなんて絶望的でした。

宣告された時
私の人生は何のためにあるのだろう
何のために頑張ってきたのだろうと
自暴自棄にもなりましたが

早く発見されて良かったと
気持ちを切り替え今があります。


おかげさまで気合いで副作用を克服し
今ではお薬でホルモンバランスを
自分なりに調整出来るようになっています。

ちょっと歩いただけで息切れしていた私。

だから筋肉をつけたくても
スポーツを始められなかった。
身体が更に頑張ってしまうから。


ハイヒールを履いて歩くこと。
それは美しいスポーツです。

しかも、美しくゆっくりしたペースで行うため
スポーツをしている感覚はありません。

でも、確実に必要な筋肉は鍛えられていく。
美しく誰にでも出来るスポーツです。


私は元々の筋肉も少なく
スポーツと言えるスポーツとは
全く無縁でした。

それでも約10年
諦めなかった結果
私にぴったりのスポーツを見つけました。

しかも美しく、毎日続けられる
素晴らしいスポーツを見つけました。


五体満足、何不自由のない
身体を持つ方と比べれば
色々ハンデのあった私。
完全にマイナスからのスタートでした。

それでも本当にありがたいことに
例え筋肉は弱かったとしても
私は自分の意思で歩ける足、身体を持っていた。


やりたい気持ちさえあれば
ハイヒールを履いて美しく歩くことは
誰にでも出来るスポーツです。

実はレッスンを受け始めてから
とても調子が良く
難航していたお薬の摂取が減りました。


出来ない理由、やらない理由は
いくつでも見つけられる。

やる理由は自分の「やりたい」という
ただ強い想いだけ。

ほんの少しの勇気は必要ですが
その先は素晴らしい世界が広がっています。


「ハイヒールの哲学」の世界に興味を持ちつつ
まだ知らずにいる女神さまたちに伝えたい。

興味があるならば
ぜひ踏み出してみて欲しい。


貴女は必ず今より健康で美しくなれます。


まだ完全ではありませんが
マイナスからスタートした私が
まさに体現し始めていると思えるのだから。


camélia Ayako


千葉 ハイヒール camélia Ayako
最初の一歩を踏みだすこと。
結果は後からついて来る。
もちろん希望通りの結果とは限らない。
でも、踏みださない人に、
結果は決してやって来ない。
唯川恵