2017-06-24

お修理とヒールの高さ選び

私のChristian Louboutinのハイヒール

共に歩いて1年半


実際履きならすことに半年程かけたので
毎日履き始めて約1年


私は軸を失ってから
今まで犯したことのない失態を
犯してしまいました。

まさかのヒール部分を
道の穴にひっかけてしまい
ヒール部分の革が捲れてしまいました。


一瞬の気の緩み
それが大きな傷となってしまいました。

ショックは大きいですが
未熟な私自身への戒めだと思い
受けて止めておりました。


ヒール丸ごとお修理したくて
一度お店に相談に行きましたが

その際は、まだ大丈夫ですよと
受けて頂けず簡易的にお修理することに。


簡易的にお修理に出しても
やはりついた傷は治らない。

気にしない人ならば気にならない程度。


私は気になって気になって
もう気になって仕方がない。


先週、私が我慢の限界に達し
有無を言わさずお修理をお願いしました。

お修理に出す時に
他のハイヒールを履いた瞬間から

Christian Louboutinのハイヒールが
恋しくて恋しくて仕方がない。


そのような中
昨日Christian Louboutinから
交換パーツのヒール取り寄せに
2か月から半年もかかると連絡がありました。

昨日はたままたハイヒールレッスンもあり
別のハイヒールでレッスンを受けた所

12㎝のChristian Louboutinに慣れた私に
10㎝のプラットフォームのハイヒールは
今の私には低すぎたようです。


ハイヒールの高さが低いということは
必要な筋肉を使わなくても歩ける状態。

つまりその高さのハイヒールを
履きこなすための筋肉はあるということ。


Asami先生から変な癖がついてしまう前に
新しい1足を薦められるほど。

それは嬉しい発見でした。

そうなったらもう待っていられない。
今日早速探しに行って参りました。


驚きは、浮腫んでいるはずなのに
サイズが35から34がぴったりになっていました。

私の狙いは白のクラシックタイプ10cm以上
今、候補を見つけ唯一の在庫状況を確認中です。

あれば私のための1足
無ければもっと素敵な1足に出会えるということ。

全てはタイミングとご縁。
楽しみです。


色々なことを学んだお修理経験。

今後は自分にあった高さ足の甲を意識して
気を引き締めて大切に履いて参りたいと思います。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
靴選びにはもっと慎重になるべきだね。
ほとんどの女性がそんなに大事ではないと思っているようだけれど
エレガントな女性というのはその足もとから生まれるものだ。
クリスチャン・ディオール