2017-05-23

隣の脚を感じること

前足を出すまでに
意識することは沢山あります。

片足を上げる。
それだけでも
意識することは沢山あります。

それぞれのパーツで
意識しなければならないことは
もちろん沢山ありますが
それだけではありません。


全てのパーツのバランスが取れて
初めて美しさが醸し出されます。

それぞれのバランスが
上手く取れること。

慣れない間は奇跡の瞬間です。

滅多に訪れない瞬間です。


実際その奇跡は
バランスがどこかで
上手く取れていないだけであり
本当は自分次第で
調整出来るはずなのです。


個人的に歩く時に
動きのバランスを取るために
大切だと思うこと。

それは隣の脚を感じること。


片足を上げるとき
隣の脚の膝、ふくらはぎを感じる。

前足を出すとき
隣の脚のふくらはぎ、足首を感じる。

前足を決めるとき
隣の脚の足首、つま先、ヒップを感じる。


隣の脚を感じること
そうすることで
両足のバランスを
調整することが出来る。

隣の脚を感じること
そうすることで
膝の意識が確立される。

隣の脚を感じること
そうすることで
動きのリズムが産み出される。


隣の脚を感じること
それは美しい奇跡を起こし続けるコツ。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako