2017-12-07

スカーフ

私はタートルネックのお洋服を
1枚しか持っていません。

レッスンを受け始めてから
基本デコルテの開いたお洋服のみを
持つように心がけています。



が、今回の喉風邪で首回りを温めたい
私の首元を助けてくれたのは美しいスカーフ。



スカーフは私にとって普段から
お洒落アイテムだけでなく
とても実用的で大好きなアイテムです。

軽くて持ち運びも、着脱も簡単。
基本シルクなので湿度調整の高い素材です。




毎回違う顔を見せ
巻き方や、使うポイントで
雰囲気はガラッと変わります。

私の持っているスカーフは
ほぼ母から譲り受けたもの。



幼少期から見慣れ憧れてきた
母のスカーフ

美しい光沢、美しい柄に魅せられ
使う時は少し大人になった気がします。


そういう意味でも
少し気合いが入っている時
ちょっとテンションを上げたい時に
私はスカーフを使う事が多いです。




お手入れには気を使いますが
美しいものは手がかかるもの。

丁寧に扱う事で、心にゆとりが生まれます。



風邪だからと言って
身なりに手は抜かない。

手抜きするくらいなら
大人しく家で寝ています。




今年の冬は、美しく纏え
身体を守ってくれるスカーフに
風邪をひいた私はとても助けられました。


美しく在ろうとしていれば
どんな状態であったとしても
美しく調整する事は可能です。




そのような弱った状態で
どこまで実用的で美しくないものに
手を出し、心を許してしまうか。


心の弱さに負けた瞬間こそ
まさに美しさが消える瞬間。



そのままズルズルと引きずられてしまうと
恐らく身体の回復後には

美しさとは全くかけ離れた状態
大打撃を受けていると簡単に予想されます。



免疫低下にならぬようにすることが一番ですが

皆さまにとって、スカーフが実用的でなく
単純なお洒落を楽しむアイテムとなりますよう
どうぞご自愛下さいませ。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 千葉 ハイヒール camélia Ayako
スウェットパンツは敗北のしるし。
それを買ってしまうのは我を忘れた時くらいだ
カール・ラガーフェルド