2017-10-22

雨の日とハイヒール

台風も近づいており最近ほぼ雨です。
今回の台風はかなり大型なので
皆さまどうぞお気を付け下さいませ。



最近、雨の日にはレインブーツを履く方が
多くいらっしゃいますが
私は雨でも、雪でもハイヒールです。

レインブーツもブーツである事に変わりありません。
寒い季節の試練に向けてで綴った通り
ブーツを履くリスクはかなり大きいものです。


滅多にありませんが
流石に激しく雪の積もった日は
渋々ハイヒールのブーツを選びます。

軽く積もるレベルの雪の日であれば
私は迷う事なくハイヒールです。



Christian Louboutinのハイヒールで
初めて雨の日を歩いた時
それはそれは大変な覚悟を要しました。

私にとっては当時一張羅のハイヒール。
いつも以上に慎重でした。


家に帰って濡れたハイヒールを
拭いて磨いたのですが

今まで履いてきたハイヒールよりも
お手入れは簡単でした。



これが一流と呼ばれる
靴の素材なのかと感じました。



雨の日デビューのChristian Louboutinは
色がブラックなので目立ちにくいですが

淡いカラーはやはり傷や汚れが目立つので
慎重に日々お手入れしています。


お手入れと言っても大層な事はなく
優しくから拭きし、状態を確認する。

かかとの減りやソールの具合
中敷きの様子等をチェックします。



雨の日は滑りやすい床
すべり易い点字ブロックに加え
水たまりというトラップも発生し

靴の為にも自分の為にも
歩く道を考えながら
いつも以上に頭を使います。



いつもと違って傘をさすので
特に風が強い雨の日は

バランスを崩しやすく、寒く
意識と姿勢を保つ事も
とても難しい日です。


このため雨の日は
いつも以上に歩幅を狭く

母指球を意識するように
心がけています。


それはいつも以上に
歩く時間がかかるので
計算しながら日常生活を行う。

お天気を考えて行動することも
ハイヒールを美しく履いて歩く上で
大切な事だと感じます。




余談ではありますが
実はParisの「最初で最後の宴」は
雨でした。


今でも鮮明に覚えています。

帰り際、どんより薄暗いお天気の中
女神さまたちを後ろから拝見していた私。



その光景は1枚の絵画のように
美しく圧巻でした。



宴の女神さまたちの足元は
皆さま美しいハイブランドのハイヒール。

雨の中惜しげもなく
その美しいハイヒールを履きこなし

降り注ぐ雨はダイヤモンドのような
美しい煌めきにも見えました。



美しい女神さまたちにかかれば
雨の日も美しいものなのだと
その時ぼんやりと感じた事を覚えています。


毎回ではありませんが
雨の中を歩くと思い出す
私の中の美しい女神さまたちの光景。

その光景を思い出し
Parisへ想いを馳せながら

私もあの女神さまたちへ近づけるように
1歩1歩を進んでいます。


愛と感謝を込めて
camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
エレガンスとは目立つことではなく
記憶に残ることだ
ジョルジオ・アルマーニ

















~お知らせ~

本日camélia Ayako のもう一つの世界
UP致しております。

こちらにも遊びに訪れて頂けると
嬉しく存じます。


愛と感謝を込めて
camélia Ayako