2017-11-17

身体の隙間

身体は曲線です。

真っ直ぐに立つと
必ず隙間は出来ます。



隙間と言っても
美しい隙間と美しくない隙間があります。


私の思う美しい隙間は
腕と腰のくびれの隙間

脚の太腿・膝・ふくらはぎ・踵が
接した時に現れる隙間



こう考えると脚には
隙間があってこそ美しいのです。

あくまでも接点があってこその美しさ。



ドーナツは穴があるから
ドーナツであるように

美脚には美しい隙間があるから
脚のラインが露になり、美脚なのです。



この脚の隙間は
しっかりと内側の筋肉を鍛えれば
手に入れられます。

もちろん美しいハイヒールで
内側の筋肉を鍛える事が出来

美しいハイヒールと共に
美しい脚と歩き方までもを
手に入れる事が出来ます。



私はO脚気味でしたので
直立するとまだ膝同士が
少し開いてしまいますが

ハイヒールのおかげで
ふくらはぎの位置が上がり

美脚と褒められる事が
とても増えました。



歩く時や座っている時は
頭のポジションと姿勢に加えて

必ず膝を離さないように
気をつけています。



卒業したPTのお仕事では活動の記録として
お写真を撮られる事が多かったのですが

以前そのお写真に映った私の姿を見た先輩が
誰より姿勢が美しいと褒めて下さいました。


私自身、意識しているとは言いながら
意識が抜けている事も多々あるため
とても嬉しいお言葉でした。

実際、自分比ではありますが
本当に美しくなったと認められる私がいます。




腕と腰のくびれの隙間
こちらは今の私の課題ですが

軸が弱いと腕でバランスを取ってしまい
揺れてしまいます。


腕でバランスを取ってしまうと
脇が開くので

腕とくびれの隙間は
隙間では無くなってしまいます。


意識し過ぎるとロボットになったような
ぎこちない動きになってしまいますが

自分の軸をしっかり感じて
歩く事が出来ます。



女性の持つ身体の美しさ
脚線美を最大限に引き出し

女性として美しく在り続けるために
身体の隙間をも意識すること。

それも1つの美しさへの
アプローチなのかと思います。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
肉体は見られてこそ意味がある。
マリリン・モンロー