2018-08-14

当たり前の発見

~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

皆さまの訪れをお待ちしています。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako




暑さに負けて
うなだれる頭。

意識していても
私の無意識はどこ吹く風。


私の頭PUSHの意識はどこへやら
気付けば顎が上がり気味。



頭PUSHの意識だけでは
きっと足りない。

どうしたものかと
ずっと私なりに模索していました。



合わせて私の無意識が
勝利していた意識。

それは歩幅


こちらも気付けば
幅広くなっていました。




そして、頭ではわかっていたのですが
私なりに発見しました。


歩幅を狭くコントロールすると
否応無く頭をPUSHしなければ

歩幅は狭くならない。



もちろん学んでいた事です。

でも身体の経験と普段の意識から
やっぱりそうなのだと
当たり前の発見をしました。




でも本当に当たり前なのでしょうか。

いいえ。
私の知識としては当たり前であっても

私の身体の知識として
やっと今こそ当たり前に感じる経験をした。



レッスンで体験していたはずなのです。

でも極限の中から自力で見つけ
身体の組み立てを身体の繋がりを
身体が身をもって体感し理解した。



この違いを上手く伝えられませんが
ヘレン・ケラーが水を水だと理解した

そのようなイメージの感覚なのです。



どうしても意識が下がる時
違う方向から攻める意識の仕方もある。

最終的には在るべきポジションに
keepする事が出来れば良いのです。




無意識に落とし込むとは
何と果てしなく気の遠くなる作業でしょう。

しかし、私にとっては
当たり前の発見が沢山出来る

ちょっと辛くもワクワクする
身近な冒険のような作業です。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
発見とは、万人の目に触れる物を見て、
誰も考えなかったことを考えることである。
セント・ジェルジ・アルベルト