2017-09-13

美しい身体とは

痩せすぎのモデルさん達が
今問題になっています。


健康的な細さは美しいと思いますが
度を超えると全く美しく見えません。



体型が気になるのは静止写真
所作、歩き方が気になるのは動画。


レッスンを受け始めてから
いくつかのショーを見てみると

モデルの方も、纏うものも
時と場合によりますが

不思議とファッション全体が
残念に見えてしまう事があります。



本来お互いの美しさを引き立て合うはずの
モデルとファッション



美しい加減
美しさのボーダーラインがわからない人たちが
増えてしまったという事なのか


そこまでの細さが
ファッションに求められていたのか


今の健康的な美しさへの動きには
心から賛同致します。




私も20代の頃は
単純に痩せたいと思っていました。

でも最近ようやく気付いた事。



問題は見た目の
太さ・細さではないのです。



いくら細くても、骨と皮の状態は
美しいどころか、むしろ怖いです。

適度な脂肪、美しい筋肉があって
初めて美しいと感じます。



そこに動きの表現が入って
1つの美しい作品が輝く


それがファッションの醍醐味だと
感じています。



私自身、今では細さよりも
バランスの取れた引き締まった身体



女性らしい柔らかさのある脂肪

適切な場所に鍛えられた弾力のある筋肉

それらを纏う張りのある皮膚・お肌



これらの融合

女性としてしか表現出来ない
sexyな身体になりたいと思うのです。


それこそがまさに「生きる芸術品
と呼ぶに相応しいのではないでしょうか。



美しい身体の価値観は人それぞれ。

どのような体型であったとしても


健康的で活き活きしている人

何かに一生懸命取り組んで
ハツラツとしている人

瞳がキラキラと輝いている人



生命力を感じさせる人は
表情だけではなく

健康的で適度に引き締まり
エネルギーが溢れて

魅力的な身体をされている方が
多いと思います。



それは太い・細いでは
推し測れないもの。



誰にでも
きっとコンプレックスはあるでしょう。


しかしコンプレックスと同じく
誰にでも必ず美しい部分は沢山ある。


まだ自分自身で見えていない
見つけられていない美しい部分は
沢山あると思います。




私はまだ発展途上中ではありますが

ハイヒールを履いて美しく歩くことを
意識し続けているだけで

目指す美しい身体に
少し近づいてきている気がしています。



ハイヒールを履いて美しく歩くこと
それは誰にでも出来るスポーツ


まさに美しい身体を作り
維持向上し続けるための

美しい筋トレだと改めて感じます。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako












~お知らせ~

本日camélia Ayako のもう一つの世界
UP致しております。

フォロー頂けると
更新とともに皆さまのお手元に
自動で届くようになるそうですので

blogの更新も合わせて
手間なくご覧頂けるようです。

よろしければ是非ご活用下さいませ。


愛と感謝を込めて
Camellia Ayako