2017-07-25

言葉の表現

Asami 先生のバカンス前のレッスン
それはストレッチを
説明しながら行うこと。

今まで1人で黙々と行ってきましたが
説明しながら行うこと
声を出してストレッチを行うことは
ぶっつけ本番でした。


ギリギリまで練習して挑みましたが
動きながら説明することの難しさ。

どのように伝えれば
動きを正確に伝えられるか考え

その間、次の動きを準備して説明することを考え

自分も動いて相手の動きをチェックする。


脳内はフル回転
なのに、あれこれ考えてしまうあまり
動きがゆっくりになり過ぎ
回数も間違えてしまいました。


他にも色々と注意しなければと
思っていたことは沢山ありましたが

頭で考えることと
実際やってみることは
やはり全く違いました。


普段何気なく見聞きし
受けてきたレッスン。

その中に沢山散りばめられた
Asami 先生の思いやりと
プロ意識を改めて感じました。



あれ、これ、それ
無意識に使っている言葉ですが

何を、どのように、どうするのか
意識するポイントはどこなのか

もっと的確に言葉で表現出来るように
日々心がけなければと感じました。


いざという咄嗟の時には
曖昧な表現が沢山出てきてしまう。

それはまさにハイヒールで歩く時に
出てきてしまう癖と同じ。


声も言葉も表現の1つ
それは日々の生活に活かせる
美しい表現の方法。


私が目指す美しさは、メイクや見た目
歩き方が美しければ良い訳ではなく

自分の中から出てくるもの
声、言葉、行動、エネルギー

まさに心身のバランス良く
美しく在りたいのです。


美しい言葉を選び
正しい声の出し方で
エネルギーとともに発すること。


ハイヒールとは関係ないように見えますが

私にとっては、
これも「ハイヒールの哲学」によって開眼した
美しく在るための1つのポイントです。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
点と点の繋がりは予測できません。
あとで振り返って
点の繋がりに気付くのです。
今やっていることが
どこかに繋がると信じてください
スティーブ・ジョブズ