2017-06-30

歯並びの大切さ

私は顎が小さい割に歯が大きく
歯並びが悪かったこと
転勤して親不知が痛くなったことを機に
3年前に歯列矯正を致しました。

ちょうど30歳の時
親不知と矯正のために
何本か歯を抜いています。


当時は大きな決断でした。

たまたま先輩が40歳からでも
やって良かったと後押しして下さり
今は私もやって良かったと思います。

よくわからない幼少期ではなく
自分の意思を持って
自分のお金を投資したことで
凄く良い経験を致しました。


歯は意外と簡単に動くので
矯正後もメンテナンスが必要です。


歯を抜くこと。
それだけで
バランス感覚が変わります。

あの小さなパーツが
1つ無くなるだけで
全く違う自分になるのです。


特に下顎は骨格上
ブランコのような状態で
バランスを取っています。

噛み合わせがズレていたら
ブランコ状の下顎がズレる。

それは頭の向き、軸が
ズレるということ。


頭の向きがズレてしまえば
バランスを取ろうとして

肩・背中・腰
ありとあらゆる身体のパーツが
少しずつズレていく。


あくまでも私の経験なので
医学的根拠はありませんが
歯並びを整えて
とても調子が良くなりました。

改めて歯は重要なパーツであり
噛み合わせは身体のバランスを決める
骨格だと感じます。


歯1本
それだけで全てが
歪んでいくこともある。

もっと大きなパーツが歪んでしまったら。
恐ろしいことです。
そしてその恐ろしいことは日々起こっている。


また、歯は噛むこと
頬づえでも動きます。


歯は食べるために必要。

それは生きていくために必要。

更に骨格のバランスを取るためにも
必要で重要なパーツ。


歯並びは
口元の美しさだけではなく
身体全体の美しさにも直結する
小さいけれどとても大切なパーツ。

改めて大切にしようと思います。

camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
その口を守る者はその生命を守る。
ソロモン