2017-05-11

振り返れば

Parisでオートクチュールレッスンを受け
美しくも濃厚なエネルギーに触れた後
私には小さな変化が起きていました。

まずは筋肉痛。
これは観光が出来るか
わからないほどの筋肉痛でした。

ただ、筋肉痛の場所を意識すると
正しいポジションへの意識になるのか
全体的に楽に感じました。


Parisの街は美しいものと
そうでないもの
沢山混雑していました。

その極端な中から
自分が美しいと思うものを
抽出し見ること。

どのような世界にも陰陽があり
どちらも認めつつ
美しいものを選択すること。

どんなものもエネルギーを発しており
美しいものは見た目だけでなく
美しいエネルギーを発している。

感覚的にではありますがParisで
美しいものが発するエネルギーを
キャッチする私の五感が
少し敏感になった気がします。


実は帰国日にトラブルがあり
予定の飛行機に乗り遅れてしまいました。

スケジュールを無理矢理調整し
帰国した次の日には
とても重要な会議があったため
私は何としてでも
帰らなくてはならない状況でした。


異国の地で飛行機に乗り遅れる。
初めてのことだったので
本当に困り果ててしまいました。


落ち着くまでの時間は
実際数時間ではありましたが
その時は不安で恐ろしく
果てしなく長い時間でした。

その間、小さな試練の積み重ねがあり
少しずつ学び、発見があり
解決していきました。

見知らぬ人たちからの
沢山の優しさに触れ
むしろ素晴らしい経験を致しました。


言葉が全くわからない
異国の地でのトラブル

そこで私を支えたのは
「帰らなくてはならない」
強い想いと筋肉痛。

何故私はここにいるのか。
Parisに来た目的と
美しく在りたい想いを
動くたびに思い出させてくれた。
それが筋肉痛でした。


帰国間際から
私はまさにParisで学んだことを
実践で試されているようでした。


帰国してからも時差ボケと闘い
常に美しく在ろうという
意識を試されました。

美しく在ろうという意識を
集中して持ち続けられたこと。
それが私を少しずつ変えていたようです。


帰国してからのレッスンで
Asami先生から私の変化に対し
驚きとお褒めの言葉を頂戴しました。

私自身、正直そこまでの変化を
実感してはいませんでしたが

確実に私は私の軸を築き始めたことは
実感していました。



小さな意識の積み重ねと気付き

振り返れば大きな変化となっていました。

camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako