2018-11-01

正当化という逃げ道に迷っても

言い訳
それは決して美しいものだとは言い難いです。

でも素直に白状してしまうと
時に言い訳という抗いをしてしまう私がいます。




最近では次のお仕事のお話で
やる前からとても面倒で困難が想定されるPTに
有難くも何故だか抜擢されました。



私には無理です。
もっと適任がいます。

時間もお金も対応出来る人も無い。

先輩だらけのメンバーの中で
何故私なのでしょうか。



心のどこかで面倒だと思ってしまい
出来ない言い訳や
私でなくても良い言い訳を考えてしまうのです。




言い訳した所で、所詮私はいちOL
最終的には結局引き受けてしまうのですが

何故だか面倒でややこしい案件が
いつも私に降りかかってくるので

一度は抗っておきたい衝動というか
大変な道から逃げたい衝動が
私に言い訳という小さな抵抗をさせるのです。




良くない癖だと感じながら
皆が引き受けない仕事が自分に流れている事を察し

結局は引き受けざるを得ないのだから
少しくらい抗いたい気持ちが勝ってしまうのです。


ただ、根本的には単純で
ちょっと挑戦心の強い私を理解するボスは

上手く私のやる気を出させて
引き受けさせてしまうので毎回脱帽です。




観念して挑戦し始めてしまえば
新しい挑戦の日々。

新しい成長の機会だと気持ちを切り替えて
正面から素直に挑むのみ。


初めての事、出来ない不安はありますが
思いつく言い訳をして抗った後なので
ある程度解決策は考え済。

案外気持ちは穏やかです。





しかし、今回の件でふと感じたのです。

上手く断る要領の良い先輩たちは
どこか自分を正当化する言い訳が上手です。


結局実務をこなさないので
現場ではあまり頼る事はありませんが

ずっと経験を積まないままで良いのだろうかと
時に疑問に感じる事があります。



挑戦せぬまま時が経ち
いざ実務を踏まえた判断を行う時に
全くお門違いな判断をする羽目になる。

時を重ねれば重ねる程
その過ちは可愛いミスでは済まされない。

本当にそれを望まれているのでしょうか。



今が良ければそれで良いのでしょうが
その要領の良さを
私はあまり見習いたいとは思わないのです。




言い訳と自分の正当化は
どこか似ていると感じています。


結局 ”自分は悪くない”主張なのです。





それはどこか出来るとわかっている
自分に対して嘘をついているという事。


出来るのに、やりたいのに
そう思っている自分の中の自分が
傷ついているという事。




そんな自分に嘘をつく正当化が
自分を大切にしていると言えるでしょうか。

美しい生き方と言えるでしょうか。



やりたくない事から逃げ続ける事は
果たしていつまで出来るでしょうか。

嘘をついた自分自身からは
自分で在る限り逃げ切る事なんて出来ないのです。


続ける事は気付かぬ所で
きっと苦しい事だと思う。




言い訳、自分を正当化する事
それが ”自分は悪くない”主張ならば

正々堂々と自分は悪くないと思える
生き方をする方が

失敗や傷つく事は多くても
自分の魂も心も清々しく美しく輝くと思うのです。




私もどこか ”自分は悪くない”正当化という
逃げ道に迷い込みそうな時がある。

だからこそ自分への戒めとしても
皆さまに伝えたい。



どんなに迷っても
自分の魂が導く道へ

心が清々しくなる道へ
少しだけ挑戦してみませんか。






愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
自分で自分をあきらめなければ、
人生に「負け」はない。
斎藤茂太


















~お知らせ~

本日camélia Ayakoのもう一つの世界
UP致しております。

こちらにも遊びに訪れて頂けると
嬉しく存じます。

愛と感謝を込めて
camélia Ayako