2018-11-08

泥臭く這い上がる

膝の負傷から動きが制限されてしまい
恐ろしく筋肉が落ちてしまったと感じます。



また振出しに戻ってしまった。

一瞬、絶望的でした。




お医者さまに言われた期間を過ぎても
なかなか治らない痛み。

動けない苛立ちと焦り。




でもまだ歩ける。

おかげさまでまた普通に
歩けるようになりつつあるのです。




膝の曲げ伸ばしが出来ない事

こんなにも不便だったのかと
改めて身体の不自由な方の不便さを
僅かながら感じた数週間でした。


まだ完治とまではいきませんが
おかげさまでゆっくりと治りつつあります。





何度も何度も
歩く事への障害が私に襲い掛かる。

これでもか、これでもかと
歩みを止めさせようとするかのように

辛く哀しい出来事が
私に起こっていました。



元々が弱い部分なので
支障が出やすいのでしょうが

何度も何度も様々な事を考え内省し
自問自答しました。





そして、一瞬泥沼の中に
引き込まれてしまうような時がありました。

それは私の心の弱さ。



それはぬるま湯につかっているような
心地よくも悪くもある状態で

出たくても出られない
何とも説明できない中途半端な状態でした。





ただ、何故だかblogの配信は
止める事はありませんでした。

だから、この停滞する時の中
自分のblog、私の記録を少し読み返していました。




客観的に見ていて
こんな熱い想いを持って頑張ってきたなと思う事

あの辛い時を乗り越えたんだったという自信

素晴らしい女神さま達と沢山のご縁
エネルギーを頂いた高揚感




様々な想いがフラッシュバックし
合わせてその時の熱い想い
エネルギーが蘇ってきました。


こんな時のために
私は毎日綴り続けてきたのかもしれない。

そんな気分になり
自分自身の言葉に時折励まされました。





蓮の花は泥水の中からこそ
美しい花を咲かせます。

私も人間臭くても、泥臭くても
泥沼の中から這い上がり
気高く美しい花を咲かせたい。



辛く苦しい時を乗り越えるからこそ
きっと人間らしい美しい深みが出来る。

そう信じて
現状から泥臭くでも這い上がってやるのだと
私なりに奮闘しています。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako


大阪 ハイヒール camélia Ayako
貴方の進歩を妨げているのは、
貴方が何であるかではなく、
貴方が自分を何だと思っているかである。
デニス・ウェイトリー