2018-06-03

忍耐という行動の在り方

納得いかない事

沢山の方々と生きていれば
いくつかは訪れる事。



納得いかない事

今の私には沢山あります。



それは自分の力不足である事も沢山。
自分1人で解決できない事も沢山。




ただ、今までよりも少しだけ
許容範囲が広がった気がしています。


ほんの少しだけ
今まで自分の中にあったルールが緩まり


ほんの少しだけ
自分の器が広がったような


これまでならイラッとしてしまっていた事にも
余裕を持って対応出来るようになったような


本当にほんの少しだけ
大人になったような気がしています。




考える時は熟考する事も多い私ですが
考えながら即行動してしまう事も多い私。


動けない自分の状態に
イライラと焦り、もどかしさを感じながら

きっと今は
私の苦手な”忍耐”という試練の時。




忍び耐えること。

誰が見ている訳ではないけれど
ただ1人忍び耐え
機会を待つ状態。



凄く動きたくて、もどかしくて。

とても辛いですが
動けない間も美しく在る意識を
し続けることは出来るのです。



忍耐という行動の中に
どれだけ美しく在る事を
意識出来るのか。



私は今自分に与えられた状況で
自分に出来る意識に挑戦しています。



動き続ける事だけが行動ではなく
留まり続ける事も1つの行動。



ハイヒールの足捌きのポジションを
1コマづつ丁寧に止めながら
使っている筋肉を確認するように

留まり続けているようで
じわじわと進んでいるのだと信じ
行動して参ります。



普段の道も、人生をも
美しく歩んでいくために。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 ハイヒール camélia Ayako
忍耐もまた行動の一つの形態だ。
オーギュスト・ロダン