2018-04-13

姿勢と文字

私の普段書く字は
正直美しいとは程遠い
丸めのころんとした文字です。


授業の選考で一応書道を取っていましたが
身についたのは、草書簡略の文字の書き方。

そもそも和歌などをお手本にし
小筆の平仮名の方が好きだったので
楷書に力を入れておりませんでした。



しかし最近、気合いを入れれば
あくまでも自分比ではありますが

美しい文字を書く事が
出来るようになってきました。




特別な事は何もしていません。

ただ1つの心当たりは

instagramにUPされている
美しい文字を書く方の動画を見る事。



それだけなのです。



本当にそれだけで
美しいと思える文字に
近い文字を書く事が
出来るようになってきました。



UPされている
美しい文字を書く工程は

一点、一線、止め、はね、はらい
全てがゆっくり丁寧に心が込められています。


それを真似、心がけただけで
格段に美しい文字が
書けるようになってきました。




しかし美しい文字を書く時に必要な事は
ゆっくり丁寧に書くだけでは無いようです。

必要な事は姿勢を正すこと。




レッスン効果か
先日着付け頂いた方からも

左右の肩が真っ直ぐですねと
褒められました。



他の皆さまはどのような感じなのか
伺ってみると

皆さまどちらかに肩が下がり
歪んでいる事が
ほぼ大半なのだそうです。



知らず知らずのうちに
ハイヒールレッスンで

姿勢が良くなった効果が
文字にも現れていると感じています。





ただ動画を見ただけの効果で
美しい文字を書けるようになってきた。

それはどのような事にでも
言えると思います。



もちろんハイヒールを履いて
美しく歩く事も同じ。

正しく美しい歩き方を見ていれば
自ずと正しく美しい歩き方を
真似したくなるのです。



ハイヒールに関する正しく美しいお手本は
もちろんAsami先生。

そして有難くラッキーな事に
Asami先生は丁寧な説明付きの
お手本ビデオを提供されています。


視界から入る情報を侮ってはなりません。

よく見て真似るだけで
美しい表現のポイントは探せます。




文字に書き順があるように
ハイヒールでの歩き方にも順序がある。


正しい方法、手順を知ること。

どのような事にも基礎があり
それこそが1番大切な事。



自己流よりも1度でも投資してコツを学ぶ事。
それだけで貴女は正しい知識を得る事になる。



正しい知識を持っている事。
知っていると知らないとの差は
大きな違いに繋がります。




お手本や師を探す時に
注意しなければならない事は

何が正しく美しいかの判断は
他の誰でもなく、自分自身。


貴女の感性が師を選ぶのです。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako


大阪 千葉 ハイヒール camélia Ayako
身を浅く思ひ、世を深く思ふ。
宮本武蔵