2018-03-24

虹のかなたに

転勤に伴って
ハープのお稽古をやめました。


まだ続けたいと思いながら
やめる手続きをしている最中から

ハープが恋しくて恋しくて

もう触れる機会も僅かなのかと思ったら
寂しくて悲しくて

こんなにも私にとって大切で
私の支えとなっていた時間だったのだと
やめるとなってから感じています。



もっともっと
時間はいくらでも作れたはずなのに


もっともっと
納得いくまで練習すれば良かった。


もっともっと
続くと思っていた時間が
思いがけずに終わってしまいました。



そんな私に先生が
今の私にも演奏できるように編曲をして
素敵な曲をプレゼントして下さいました。

 『虹のかなたに』

  虹のかなたの
  どこかに
  すてきなおとぎの国が
  きっとあるわ   
    虹のかなたの
  青い空
   そこに夢のような
  世界があるわ 
  いつかお星様への願いが
  かなって
  わたしは大空へ舞い上がる
   そこはなにもかもが自由で
  いやなことはひとつも起きない
  素敵な世界なの 
  虹のかなたの
  青い空
   そこに夢のような
  世界があるわ 
  小鳥だって飛べるんだもの
  わたしだってきっと
  飛んでいけるわ  

 
『Somewhere over the rainbow』
 Lyrics:Yip Harburg Music:Harold Arlen 
  Somewhere over the rainbow-
  Way up high
  in the land that I heard of
  Once in a lullaby 
  Somewhere over the rainbow-
  Skies are blue
  and the dreams that you dare to dream
  really do come true  
  Someday I'll wish upon a star
  and wake up
  where the clouds are far behind me
  Where troubles melt like lemon drops
  away above the chimney tops
  that's where you'll find me  
  Somewhere over the rainbow
  skies are blue
  and the dreams...that you dare to dream
  really do come true 
  If happy little bluebirds fly
  above the rainbow, why
  Oh, why can't I?

 

ハープのレッスンを始めたのは2014年
楽譜が全く読めない所から30分を月3回
お仕事の合間にレッスンに通っていました。



出勤時間を調整し
朝一番にレッスンに行って午後から出勤したり

レッスン後に会議だったり
お仕事が終わってから練習したり

念願の発表会を終えて
1つステップを上がったばかり。


苦手だったヘ音記号も
何となく読めるようになってきました。



レッスンのせいで遅刻は出来ないと
お昼抜きでもへっちゃらでした。

下手っぴでも、なかなか思い通りに弾けなくても
ハープに触れられる時が
とてもとても楽しかった。

いつか自分のハープを買いたいと
ハープ貯金まで始めたくらいでした。



レッスンがあるからと
会議室をレッスン室近くに設定して頂いたり
開始時間もギリギリに設定して頂いたり

レッスンがあるからと
定時きっかりでレッスン室に向かったり

いつか発表会に出たい想いもあって
ハイヒールの世界に飛び込んだくらい。



そして沢山の夢を叶えました。



私の夢の世界の扉は
ハープの世界から始まった。

虹のかなたで見た夢の世界は
本当に素敵な世界でした。



私の素敵な夢の世界は
現実という名前に変えて
まだまだ続いている。


虹は消えてもまた現れる。


きっとまた戻りたい
私の愛するハープの世界へ。




愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 千葉 ハイヒール camélia Ayako
ひとりで見る夢はただの夢。
でも、みんなで見る夢は現実になる。
ジョン・レノン