2018-03-12

地に足をつける

ハイヒールを履いて歩く時は
爪先から着地を行います。

着地をしたら母指球を狙い
脚の内側の筋肉で軸を作って動かさない。


着地した足はしっかりとした
軸を持って着地したならば
動かないはずなのです。



が、しかし私は
たまに爪先の着地が内側に入ってしまい

着地した足裏がキュッと動いてしまう事が
日常の生活で発生します。



それは必ず同じ足なのですが
骨盤や肩が回りやすい方の足でもあるのです。

色々原因を探していましたが
恐らく寝相の影響もありそうです。



私は横向きで少し丸まって
寝付くタイプなのですが

この横向き側の肩の丸め方が
起きている時の癖に繋がっているようです。

寝る時の状態が私の中では
落ち着くポジションとなっているのです。




そして、やはり根本的原因は
膝のPUSHが弱い事。

軸を作っても、まだ私の軸は弱いのです。



着地後の足が動かないように
着地前の準備、膝PUSH、爪先までグッと下ろし

地面ギリギリを狙って真っ直ぐの1本の軸にし
ヒップ、腹斜筋を意識して軸脚に変換する。


準備をしっかり行うように心がけてみた結果
少しずつ止まるようになってきました。



地に足をつけると言いますが
これは物事を少しずつ確実に進めていく事
という意味のようです。


着地の足も、しっかり地に足をつけて
確実に歩いて参りたいと思います。





愛と感謝を込めて
camélia Ayako

大阪 千葉 ハイヒール camélia Ayako
大木が雨風で倒れないのは、
それより大きな根が張っているからだ。
新島襄