2017-10-15

Ayakoとしてのビジョン

今から3年後、どうなっていたいですか。

コンサルティングレッスンでの
Asami先生からの質問。




この質問でParisでの宴を思い出しました。

今から5年後、どうなっていたいですか。



当時の回答は
「ママになっていたい」でした。


あれから約2年
そのビジョンはまだ叶っていません。
まずその前にパートナーの気配すらありません。

でも1人の女性として経験してみたい事。
Ayakoとしての、私の夢なのです。




ここで最初の質問
今から3年後、どうなっていたいですか。

やっぱり第一声に出てきた回答は
「ママになっていたい」でした。



その時ハイヒールを履き続けられるか否か
美しい人生を左右する
ある意味きっと試練の時。

いつまでも女性である意識を保つため
ハイヒールは限界まで履き続けていたい。


そのビジョンにも向けて
レッスンに励んでいます。




もう1つはハーピストになりたい夢
いつも発表会はキャンセル待ち

プロになれない事などわかっているので
せめて発表会に出たいと思っていました。


楽譜が読めない所から始めたので
まだ譜面迷子になりがちですが
地味に地道にレッスンに通っています。



考え方によっては
私が私をハーピストだと言った瞬間

私はハープを愛するハーピストに
変わりはないのだとも
最近思うようになり始めています。


ハープ
なかなか一般的に馴染みのない楽器

人によっては楽器の女王と評され
その音色はまさに魂の薬



月に2〜3回でも
この素晴らしい楽器、芸術品とともに
過ごせる機会があること。

私は本当に幸せ者です。



いつか我が家にハープを迎えたい。
それも私の1つの夢ですが
ハープは老後の趣味として見据えているので
地道にコツコツ進めて参ります。



ここまでが1人の女性
Ayakoとしてのビジョン




camélia Ayakoとしての夢は
更に壮大に広がり過ぎて

Asami先生に熱く語ってしまいましたが
これはまた明日以降に
ゆっくりしっかり綴って参ります。



私の今後の展望、そして私の野望
女神さまたちの宴」に関わる事ですが

このアイディアが
「女神さまたちの宴」のように

沢山の方々に賛同頂けましたら
本当に嬉しい事です。



何故ならその更なる私の野望、私の夢は
私1人では決して叶わない夢だから。

でも、今私の中にあるアイディアは
ずっと頭から離れない素晴らしいアイディアなのです。



たった1人でも賛同頂ける方がいれば
私は必ず実行したいと思っています。



それまでにも星に誓いをの通り
「女神さまたちの宴」は必ず1回は開催予定です。

ただそれは3年後のビジョンではなく
もっと近い未来のビジョン。



沢山溢れて止まない夢

まだどのようにして叶えられるのか
私自身もわからない夢


だけど、不思議な事に
必ず叶えられる確信が私にはあります。

諦めず、恐れず、信じて行動すること
それが思いがけない素晴らしい奇跡へ
連れて行ってくれる。

今の私がコンサルティングレッスンに
導かれたように。



しかし、それらも私自身が想像も出来ない夢
素晴らしい世界への一歩に過ぎないのだと
何故だか感じるのです。


愛と感謝を込めて
camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
希望は強い勇気であり、
新たな意志である。
マルティン・ルター