2017-09-23

美しさを手に入れたいならば

私が今「美しいか」と問われれば

「美しく在ろうとしている最中です」
と答えるレベルです。



美しくないと思う部分は正直沢山あります。
でも努力していない訳じゃない。

だから、美しく在ろうと取り組んでいる最中なのです。



それでもAsami先生のレッスンを受け始め
Christian Louboutinとともに歩き始めてから

美しいと褒めて頂く事が増えました。


Christian Louboutinの美しいエネルギーに
便乗している気がしますが

わざわざ「美しい」と言って頂けることは
本当に嬉しくありがたい事であり

時折でも、私の全体が
美しく見える瞬間があるのかもしれないと
勝手に解釈をしております。




「美しい」

多種多様に「美しい」の価値観はありますが
私の思う「美しい」を考えてみました。


正しく在ること
整っていること

バランスが良いこと
輝いていること

無意識に魅かれ、ハッとさせられ
心奪われること、心動かされること




「美しい」

言葉で詳細を表現しようとすると
とても難しいものです。

ただ「美しい」ことは
私にとって、とても魅力的です。




美しさを手に入れたいならば
まずは 「美しい」  「美しくない」  を知る事。


何が美しくて、何が美しくないのかを
自分自身が知っていなければ

自分が求める美しさ、手に入れたい美しさを
目指すことが出来ません。




何が美しくて、何が美しくないのかがわかったら
美しいものになるべく囲まれるようにする。

美しいと思うものを沢山見て
そしてその美しいものたちから更に美しさを学ぶ。


美しいものには、実際には見えませんが
確かにそこにはエネルギーがあると感じます。



合わせて自分の世界の中から
徐々に美しくないものを排除していくこと。

美しくないものにも、実際には見えませんが
確かにそこにもエネルギーがあると感じます。




 一気に完璧に自分の望む美しい世界・環境には
なかなか整えられるものではありません。

清潔にし整理整頓を心がけること。
自分自身も美しさを心がけて行動する。


少しずつでも自分にとって不要なもの
美しいと思わないものを取捨選択し続けること。



個人的には、美しくないもの
美しくないエネルギーに囲まれるくらいなら

何もない方が良いと思います。




徐々に自分の世界に美しくない物が減ってきて
美しいエネルギーが増えてくる。


そうすると、また更に美しくないものが見えてくる。
この繰り返し。




ハイヒールで美しく歩く過程に
似ていると思います。


少し美しく出来る部分が増えると
美しくない部分が目立ってくる。

そこをまた修正していく。
その繰り返し。


”ハイヒールの哲学”は
やはり人生を美しく歩むための哲学でもあります。




実際、美しいものに囲まれるような環境と言っても
自分でどうしようも出来ない環境もあります。

でも自分次第でどうとでもなる環境もあるはず。


せめて自分次第でどうとでもなる環境を
少しずつでも美しく変えて整えていくこと。

私はそこまで考えていた訳ではありませんが
本当に少しずつでも無意識に
この取捨選択を続けてきていました。




年齢もあると思いますが
レッスンとエネルギーのレベルUPとともに
美しさへの感覚もUPした気がしています。

少しずつ物を選ぶ基準が
美しいエネルギーを感じるかになってきています。




美しいエネルギーの中に身をおけば
気付かないうちにじわじわと
美しいレベルも上がっていく。


それは逆もしかり。
美しくないエネルギーの中に身をおけば
すぐに美しくなくなってしまう。



美しくないエネルギーの中に
身を置かなければならない時

どれだけ今持つ美しいエネルギーを保てるか
これも1つのスキルなのだと思います。



特に自分のエネルギーが弱くなっていると
良くも悪くも強い方のエネルギーに
飲み込まれてしまうから


自分のエネルギーと
周りのエネルギーを見極め

最低限自分のエネルギーは保つこと。
それも1つの自分軸ということなのかと感じます。



美しさを手に入れるために
もう1つ大切だと思う事。

理想の女神さまで綴った神話にも出てきます
冥界ハデスの奥さま、ペルセポネの美しさの秘密


それは 「眠り」

実際、私自身もそうですが
睡眠不足で良い事など1つもありません。

まさに睡眠不足は美容の大敵。

頑張り続ける身体に対して
眠ること、休むこと、労わること

とても大切なことだと心から感じています。




美しさを手に入れるために
色々と綴ってきましたが

美しさを手に入れたいと思う前に
個人的に一番大切だと思うこと。


それは夢の扉を開く鍵でも綴った
美しく在りたいと思う覚悟と想い。



まず自分自身が美しく在りたいと思わなければ
そこに情熱を傾けられなければ

美しさを手に入れるための行動にも
努力にも決して繋がることはないのです。



だから、もしあなたが美しさを手に入れたいと
覚悟し、行動し、情熱を傾けているのであれば

スピードに個人差はあっても確実に
あなたはあなたの望む真の美しさに近づいている。



時間はかかったとしとも
それはまさに今生きる芸術品として

自分自身を磨いている
最中なのだということ。



それだけ時間、手間暇をかけた
自分という芸術品は

メッキのような表面的な美しさではなく

ダイヤモンドのように光を受けて
いつしか内側から輝き始める。

私はそう思います。



愛と感謝を込めて
camélia Ayako

千葉 ハイヒール camélia Ayako
美しさは、内からみなぎり、目から溢れるもの。
外見だけの話じゃないの
ソフィア・ローレン